オーストラリア映画レビューの一覧

オーストラリア映画レビューの一覧

オーストラリア映画は有名なものからマイナーな作品まで様々で、日本劇場未公開作品もちらほら。オーストラリアを映画で観ると、本やネットとはまた違った発見がありそうです。

ではどんな作品があるのか?

私が今まで書いたオーストラリア映画のレビューを一覧にしてみました! (随時追加)

 

Wikipediaの映画一覧: https://en.m.wikipedia.org/wiki/List_of_Australian_films

 

スポンサーリンク Advertisement

規制区分表

映画を観る前に、著作物の分類を知っておきましょう。オーストラリアの映画やゲームには必ず The Classification Board in Australia (ACB) によってこの分類がされています。

G (general)
幼い子供を含む全ての人にとって安心して楽しめる内容で、子供に悪影響を与える可能性は極めて低い一般向のけ作品。

PG (parental guidance)
基本的に安心な内容ですが、一部子供が混乱する場面が含まれている可能性もありますので、保護者が一緒に視聴するのが望ましいです。
(2004年までは「G8+」と表示。)

M (mature)
少し過激な表現が含まれている可能性があるので、15歳以上からの視聴することをお勧めします。
(2004年までは「M15+」と表示。

MA15+ (Mature Accompanied)
15歳以下には不適切な内容が含まれています。15歳未満は保護者など大人の監視のもとのみ購入・閲覧等が出来ますが、お勧めしません。

R18+ (Restricted)
18歳未満の購入や閲覧等は禁止されています。また、18歳以上でも不快に感じる表現も含まれます。

X18+ (Restricted)
18歳未満の購入・閲覧等の禁止はもちろん販売も規制されており、もしも法律違反をした場合は最大$5,500の罰金が課せられます。

E (Exempt)
教材や芸術的パフォーマンスなど、ほんの特別な場合のみ分類から免除された例外作品。

映画黎明期

世に映画が登場したての頃は、音の出ない無声で白黒画面でした。オーストラリアでは当時、世界最長映画と言われた60分フィルムを作って話題になりました。

この間、たまたま博物館の特設展示で観る事が出来たので、紹介しておきます。

The Story of the Kelly Gang

60分 / 公開: 1906年 / 監督: チャールズ・テイト
当時世界一長いと言われた無声映画は、オーストラリアのヒーロー、ネッド ・ケリーの物語でした。

1996年

Shine (シャイン)

105分 / 公開: 1996年 / 監督: スコット・ヒックス / 主演: ジェフリー・ラッシュ
メルボルンでユダヤ系ポーランド人の息子として生まれ、幼い頃は神童と呼ばれた実在のピアニスト、デビッド・ヘルフゴット。父親との確執に悩みながらも最終的に幸せをつかむ彼の半生を描いた感動作。

2002年

Rabbit Proof Fence (裸足の1500マイル)

93分 / 公開: 2002年 / 監督: フィリップ・ノイス
1931年の西オーストラリア州を舞台に “盗まれた世代” を題材にした実話で、アボリジニの少女たちが収容所から抜け出し、遠く離れた故郷まで歩いて帰るというストーリー。

2003年

Ned Kelly (ケリー・ザ・ギャング)

110分 / 公開: 2003年 / 監督: グレゴール・ジョーダン/ 主演: ヒース・レジャー、ナオミ・ワッツ

オーストラリアでは知らない人がいないほど有名な実在人物ネッド・ケリーの生涯を描いたノンフィクション。豪華キャストのわりには日本劇場未公開でした。ヒース・レジャーの演技が見ものです。

Japanese Story (ジャパニーズストーリー)

100分 / 公開: 2003年 / 監督: スー・ブルックス / 主演: トニ・コレット、綱島郷太郎
日本から来た日本人男性と案内役を任されたサンディの恋愛物語。前半と後半では雰囲気がガラッと変わります。時々流れる沖縄民謡 “ちんさぐの花” が印象的な日本劇場未公開作品。

2005年

Wolf Creek (ウルフクリーク)

104分 / 公開: 2005年 / 監督: グレッグ・マクリーン / 主演: ジョン・ジャラット、カサンドラ・マグラス、ケスティー・モラッシ
実際にあった事件をベースにしたフィクションホラーで、オーストラリアでは有名な映画です。残酷なシーンが多いので注意。

2008年

Australia (オーストラリア)

165分 / 公開: 2008年 / 監督: バズ・ラーマン / 主演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン
20世紀のオーストラリアを舞台に第二次世界大戦やアボリジニ問題などの歴史も絡んだ大作で、見応えがあります。

2011年

SNOWTOWN (スノータウン)

120分 / 公開: 2011年 / 監督: ジャスティン・カーゼル / 主演: ルーカス・ピッタウェイ
南オーストラリア州アデレードの郊外スノータウンで、1992年から1999年にかけて本当に起きた猟奇殺人事件。観た後味は良くありません。