健康にも良いバナナの花の食べ方を紹介〜!

健康にも良いバナナの花の食べ方を紹介〜!

みなさん、バナナの花って見た事ありますか?

バナナファームで働いていたワーホリさんも多いので馴染みがある人もいると思いますが、食べた事がある人ってどれくらいいるんでしょうか?

バナナの花

調べたら、このバナナの花って東南アジアで広く食べられてるらしく、サラダとして食べたりココナッツミルクで煮たり、カレーに入れたり色んなレシピがあるんですね。

しかも、バナナの花は栄養価が高くて低カロリーなのでダイエットにも良い他、鉄分・カルシウム・マグネシウム・ビタミンC, A, E などのミネラルが豊富で、貧血や癌予防、血糖値抑制作用、月経不順改善、アンチエイジングなど、様々な効果があるんだとか。

ちょうどパートナーも出張中だし、好奇心がムクムク(笑)さっそく挑戦してみました!

(参考: https://www.healthbenefitstimes.com/)

 

Advertisement

バナナの花?

英語では Banana Flower とか Banana Blossom と呼ばれるバナナの花を買った場所は、シドニー市内の Campbell St にあるタイの食料品店です。他にもアジア系のお店なら意外と置いているかもしれません。

 

タイの食料品店のあるタイタウン

 

相場を知らないので高いのか安いのかは分かりませんが、私が買ったお店では1kg / $10 で、$13.25 でした。

Banana Flower

そして、今回私が作ったのはバナナの花のサラダと炒め物。(2品とも見た目が似てますけどw)

これがまた、すごくおいしかったんですよ!特に炒め物は「何これ、おいしい〜!」という感じでパクパク食べてしまいました。

バナナの花の味はよく生のアーティチョークに似ていると表現されるようです。

でも残念ながら私、食べた事ないんですよね。というか、実はアーティチョークも今度料理してみようと思っていた食材だったのに、まさかバナナの花を先に料理する事になるとは…(笑)

インターネットで色々リサーチしてみたら、想像以上に英語や日本語のレシピが出て来たので驚きました。

バナナの花の剥き方

では、バナナの花の皮を剥きますが、色々と注意するポイントがあります。

まず下に新聞紙など汚れても大丈夫なものを敷いた方が良いです。私は使わなくなったビニールのテーブルクロスを使っています。

大きさが分かるようにフォークで比べてみた写真

そして、バナナの花はアク抜きしないと苦いので、レモンやライム水、塩水、酢水など、どれでも良いのでアク抜き用の水を用意しておいてください。

あと、切るとあっという間に変色するので、嫌な人はレモン汁をかけると良いです。私はアク抜きと変色を兼ねて生ライムをしぼった水を剥く前に用意しておきました。

それから、剥くと出て来る赤ちゃんバナナを入れる用のボウルも用意。

Banana Flower

準備が出来たら皮剥き開始。皮を一枚剥くごとに小さなバナナの赤ちゃんが出て来るので、ボウルによけておきます。

Banana Flower

だんだん剥けて来ました。皮を後でお皿代わりに使いたい人は、それもよけておいてくださいね。

Banana Flower

最初の方の皮はするっと簡単に剥け、芯に近づくにつれて皮も厚くなり剥きにくくなっていきます。なので、茎の部分を切りました。

ついでに「上も確か切るんだよな」と思って、剥き終わる前に先端も切りましたが、これはちょっと失敗したかも…。

Banana Flower

切った断面から汁がポタポタ垂れ始めたと思ったら、すぐに固まってネバネバの糸を引きます。

ここまで来ると本当に皮が厚くて、まるでタケノコのようです。

剥き終わった食べられる部分はこんな感じ。

赤ちゃんバナナ、こんなにたくさん取れました。

Banana Flower

この赤ちゃんバナナも外側の部分は食べられるようですが、中身をひとつひとつ取り除く作業は…うーん、面倒くさい…。とりあえず、アク抜き用の水に浸して冷蔵庫で保存しました。(後で考えようw)

Banana Flower

こちらは実の断面図。赤ちゃんバナナがたくさん詰まっているのが分かります。

とにかくネバネバがすごいのが分かりますか?

そう言えば、バナナファームで働いてた時、パッキングなのに1日で服がバナナの汁だらけになって取れなかったっけ。なので、服に付かないように気を付けてくださいね。

Banana Flower

真ん中を切ったらこんな感じ。

Banana Flower

ネバネバ〜!私はつい縦に千切りにしてしまいましたが、本当は横向きの方がキレイです。

Banana Flower

アク抜き前の切った直後に味見してみると、最初は「あ、キャベツみたいでおいしいかも…?」と思わせておいて後からめちゃくちゃシブい苦味が来ます。

あまりにもシブいので、アク抜き用の水に更にライムを足して、それでも心配なので酢も入れてみました。

30分もするとかなり苦味が取れて来ますが、サラダにするなら2時間くらい浸けた方が良いかもしれません。

レシピ

そして出来たのがこちらのサラダ!

Banana Flower

実はレシピというほど大層なものではなく、単に人参と一緒にナンプラーで和えただけ。

Banana Flower

ちゃんと作るならナンプラーだけではなく酢やパームシュガーなども合わせたり、アンチョビ、ネギ、ミント、ピーナッツなどを入れても良いでしょうが、これでも十分おいしかったですよ。

シャキシャキ感がちょっと苦味のあるキャベツに似た感じですかね〜。

Banana Flower

炒め物もオリーブオイルでニンニクを炒めて、玉ねぎ、ニンジン、ツナ缶を加え、ナンプラーと砂糖で味付けしただけ。なのに本当においしいかったんですよ、これ。

おわりに

バナナの花は下準備がちょっとだけ大変ですが、健康にも良いし話題作りにもなりそうです。

以前、アジアンショップでバナナの花の缶詰も見た事があるので、それならもっと簡単ですね!今度はこれで挑戦してみようかな。

 

 

そして試してみた缶詰

他のレシピはこちら