ブッシュファイヤーと洪水の状況がすぐ分かるウェブサイト

ブッシュファイヤーと洪水の状況がすぐ分かるウェブサイト

オーストラリア各地で色んな自然災害が起こるたび、シドニーにもいつか何かが来るかも…とは思ってはいたものの、2019年9月頃から始まったブッシュファイヤーは本当に酷いです…。

南オーストラリア州、ビクトリア州をロードトリップしていた私たちですが、12月21日頃にファイヤーマップを見ると、ニューサウスウェルズ州のシドニーは火に囲まれてしまっていて、“無事にシドニーに戻れるんだろうか?” と怖くなりました。

注) この文章を書いたのは12月22日で、1月末現在はだいぶ落ち着いて来ています。

12月21日のオーストラリア (ずっとこんな感じ)

Fire Watch
https://myfirewatch.landgate.wa.gov.au/

年明け、私たちがシドニーに戻る頃には多くの道路も閉鎖されていましたし、メルボルンの方も大火災による大気汚染で、約1000km の道のりが真っ白。

そんな状況ですので、リアルタイムの情報収集はかなり大切です。

州別で現在の火災状況や道路交通情報などをすぐに見れるウェブサイトをまとめたので、こちらで確認してください。

<追記> 2010年1月17日くらいから、ついにオーストラリア東部で豪雨となり、ニューサウスウェルズ州の火災は100件以上だったものが75件ほどに鎮火して来ているのですが、今度はニューサウスウェルズ州北部からクイーンズランド州にかけて洪水が起こっています。

洪水情報も、各交通情報サイトで併せて確認できます。

※ 都市部は時々空気が悪くなる事もあるものの、普通に過ごせますのでご安心ください。ただ、もしオーストラリアに来るなら、事前確認はしておいた方が良いです。

現在の被害状況を知るサイトはこちら (英語)
https://www.bbc.com/

 

関連記事

 

Advertisement

州別の火災・洪水・交通情報

ニューサウスウェールズ州 (NSW)

シドニーのあるニューサウスウェルズ州の状況です。キャンベラもこちらからどうぞ。

ブッシュファイヤーマップ
http://google.org/crisismap/australia

交通情報
https://www.livetraffic.com/desktop.html

ブッシュファイヤー情報
https://www.rfs.nsw.gov.au/fire-information

ビクトリア州 (VIC)

メルボルンのあるビクトリア州の状況です。

ブッシュファイヤーマップ
https://www.emergency.vic.gov.au/respond/

交通情報
http://alerts.vicroads.vic.gov.au/

南オーストラリア州 (SA)

アデレードのある南オーストラリア州の状況です。

ブッシュファイヤーマップ
https://google.org/crisismap/australia

ブッシュファイヤー情報
https://www.cfs.sa.gov.au/site/home.jsp

交通情報
https://www.traffic.sa.gov.au

クイーンズランド州 (QLD)

ブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズなどがあるクイーンズランド州です。

ブッシュファイヤーマップ
https://www.ruralfire.qld.gov.au/map/

ブッシュファイヤー情報
https://www.qfes.qld.gov.au/

交通情報
https://qldtraffic.qld.gov.au/

タスマニア全体地図タスマニア州 (TAS)

ホバートのあるタスマニア州の状況です。

ブッシュファイヤーマップ
http://www.fire.tas.gov.au/

交通情報
http://alert.tas.gov.au/

西オーストラリア州

パースのある西オーストラリア州の状況です。

ブッシュファイヤー情報
https://www.wa.gov.au/service/community-services/

交通情報
https://mrw-aue-tvlmp-appsrv-prd.azurewebsites.net/

ノーザンテリトリー

ダーウィンやウルルのあるノーザンテリトリーの状況です。

ブッシュファイヤーマップ
https://www.pfes.nt.gov.au/incidentmap/

交通情報
https://roadreport.nt.gov.au/

大気汚染度指数

ブッシュファイヤーが大規模になると、危険なのは火だけではありません。

今年は特に、例を見ないほどの分厚い煙が都市部まで覆う日もあり、ピーク時は PM2.5が500以上という危険レベルになった日も。大気汚染度指数は下記のウェブサイトで確認してください。

大気汚染度指数
https://waqi.info/ja/

大気汚染度数が危険レベルになった時の対処法は、こちらのリンクから
ブッシュファイヤーで煙るシドニーと大気汚染 PM2.5 を防ぐP2マスクとは?

おわりに

場所によってはテレビで映し出される惨事がまるで嘘のように静かだったりしますが、現在もブッシュファイヤーの消火活動をされている方々、被害に遭われた方々、不安な日々を過ごす方々がたくさんいらっしゃいます。

少しでも良いクリスマスを過ごせる事をお祈りします。

そして、とにかくみなさん、本当にお気を付けくださいね‼︎