ケアンズ編1. ホストファミリーと怒涛の1日目

ケアンズ編1.  ホストファミリーと怒涛の1日目

大分のから電車を乗り継ぎ関西空港まで約6時間。
関西空港から約7時間かけて、ついにオーストラリアのケアンズに!!緊張と興奮でドキドキです!

2006年5月21日、日曜日のケアンズはまだ午前5時。
辺りは真っ暗で外の景色が見えません。

たまたま一緒に乗り合わせた広島出身の男の子に「ここ、本当にオーストラリアかなあ?」なんてバカな事を聞きながらとりあえず預けてた荷物を受け取って入り口へ向かって歩きます。

ゲートを出たら、いかにも白人!という感じの夫婦と目が合って、声をかけられました。
「Are you Eri?」

「Yes…!」
わあー、本当に英語しゃべってる!(当たり前)
私のホストファミリーだー!オーストラリアに来たんだ!

ホストファミリーの家へ

金髪でショートカットのおばさんがパトリシア、看護師さん。
茶髪で髭のある背の高いおじさんがピーター、政府関係の人。

私のエージェントがホストファミリーの情報を事前に日本に送ってくれていたので、何度も何度もプロフィールを読んで反芻してました。
この人たちとやっと会う事が出来たんだ!

ピーターが私の大量の荷物を見て「こりゃまるで3年分だな!」と言った後、車のトランクに詰め込みました。
私は連れて行かれるがままという感じで車は出発。

ケアンズ空港からシティまではわりと近く、まだ薄暗い住宅街に車を止めると、パトリシアが私の部屋に案内してくれました。

「ここがあなたの部屋よ。私たちは少しだけ眠って6時に起きるけど、あなたはもっとゆっくり寝てて良いのよ。私たちは8時に教会に行くけど、どうする?私たちについて来る?」

教会!オーストラリアの教会ってどんな感じだろう。
体は疲れていたけど、好奇心には勝てません。

「一緒に行きたいです!」

オーストラリアの教会

実際教会は面白かったです。
そもそもその頃の私はキリスト教の知識も英語力も今よりもずっとなかったので、牧師さんが聖書を読んでるのは分かりますが、何を言ってるのかさっぱり分かりませんでしたが。

私はカトリックとプロテスタントしか知らなかったんですけど、彼らが通っていた教会は “Luthern Church”という宗派なんだそうで、その時初めて聞きいた名前です。

「カトリックでもプロテスタントでもないの?」と聞くと、ホストファミリーが色々説明してくれましたがよく分かりませんでした。
分かったのはよく知られている宗派らしいという事だけ。

当時も持って来た電子辞書で調べたと思いますが、分かったような分からないような?
さっき調べ直してみました。

ルーテル教会(ルーテルきょうかい、独: Lutherische Kirchen / Lutheraner, 英: Lutheran Church / Lutheranism)は、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団。ルター派(ルターは)とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在する。発祥の地ドイツを始め、北欧諸国では国民の大半がルター派であり、そこから移民が渡った先のアメリカ合衆国、カナダ、ブラジル等の南アメリカ各国でも信徒数が多い。  (Wikipediaより抜粋)

へー。なんだ、プロテスタントじゃん。ふうん。

牧師さんのお話とか賛美歌とか一通り終わったら、最後に教会の庭でティータイムがあります。
パトリシアが私を色んな人に紹介してくれました。

「この子が今度うちにホームスティしているゆり…、じゃなくてえりよ。」

どうもこのホストファミリー、過去たくさんの留学生を受け入れて来たみたいで、それを裏付けるように家にはお土産でもらったらしいアジア系のものがたくさん飾られていました。
前回の人がゆりって人だったみたいで、パトリシアはいつも私を呼ぶ時「ゆり…えり。」と言い直してました(笑)

「Eri」って意外と英語圏の人にはややこしい名前みたいです。
そもそも日本語発音での「えり」はRじゃなくてLなんですよね。
何故ローマ字のら行をRにしたんだろう…?
今でも時々「発音はLだけど、書くとRになる日本式なんだよ。」と説明しなければいけません。
(かといって英語のEllieとかにするのは自分じゃないみたいでなんか嫌。)

パトリシアは誰かに私の名前を説明する時、「Her name is sounds like “Eric” but without “c”. (彼女の名前はエリックに似てるけど、最後のCは付けないのよ。)」と説明してる事がありました(笑)

さて教会のティータイムですが、ビスケットやらコーヒーやらを青空の下で食べながら、楽しそうなおしゃべりが始まります。

日本で教会っていうと、何となく構える人が多いと思います。
だから地元でクリスチャンの友人も、親しい人にしか自分がキリスト教だという事を言ってませんでした。

それに比べてオーストラリアの教会は、何というか自然なんですよね。クリスチャンなのが当たり前というか。
まるで毎週日曜日にご近所さんでおしゃべりする良い機会、という感じ。
来てる人たちはほとんど白人でしたが、移民っぽい肌の黒い女性などもいました。

お年を召したオージーのおばあちゃんが私にビスケットをすすめてくれて、自分も食べながら「食べクズは鳥のエサになって良いのよ。」とおおらかに笑ったのが印象的でした。

これがウワサのフレンドリーなオージーかあ…。
新鮮でしたが、睡眠不足がたたって眠気が襲って来ます。

休む暇なくパーティへ

やっと家に戻れたと思ったら、今度はすぐ出掛けるとの事。
「今日は私のお母さんの誕生日なの。近所に住んでるから、一緒に行きましょう。そこでお昼も食べるのよ。」

オーストラリアの家族って、結構みんな近所に住んでる事多いです。
そして日本みたいに老後の面倒を見てもらおう、っていう発想があまりないみたいで、基本とても自立してます。
パトリシアのおばあちゃんもひとりで近所に住んでたし、娘2人も徒歩圏にそれぞれ住んでました。

さすがに疲れたので「私はお昼いらないから、ちょっと眠ったらダメ?」と聞いてみたんですが、パトリシアはちょっと困った顔をして「このパーティが終わったら寝て良いわよ。」と言いいました。
行くしかないみたいです。

「じゃー行くぞー!」ピーターが早速裸足で家を出ます。

は、裸足なの…!?
「ちょっとそこまでだから、靴なんていらないよ!」だって。
オージーってなんてワイルドなんだ…。

一度靴ずれがひどかった時に、靴を脱いで裸足でケアンズを歩いてみた事がありますが、痛くて暑くてとても歩けるものではなかったです。痛くても靴を履いて歩いた方がまだマシでした。
相当足の裏、鍛えられてるんだろうなー。

ちなみに家の中でも基本みんな裸足でした。
家の中で靴をぬぐ習慣があるとかではなくて、単に暑いからだそうです。
私はぬいでもぬがなくてもどっちでも良いよと言われましたが、とりあえず彼らにならって家の中は裸足で過ごす事にしました。
でも5月のケアンズ、すごく暑いわけでもなくて過ごしやすかったと思います。

パトリシアのお母さんの家は徒歩で3分くらいの場所にありました。あっという間に着きます。
白髪の穏やかな人で、親族ばかりの中で入りにくそうにしている私にも気さくに話しかけてくれました。

ふと素敵な花のモチーフの時計が飾ってあったのが目に入ったので、私がそれを褒めたら「これはね、フランジパニっていう花で、クイーンズランド州の花なのよ。」と教えてくれました。

「へえ、初めて聞いた!どういうスペル書くの?」と聞いたら「どうだったっけねえ。」と。
後でパトリシアがわざわざ辞書で調べてくれました。

その花のスペルはFrancipani
日本語でプルメリアというそうですが、私にとってこの花はフランジパニ。それ以外の呼び方は変な感じがします。
その日からこの花は大好きなお気に入りになりました。
花の事を思いながら、気が付くとうたた寝してました。

この日、記念すべき第1日目としてスケッチブックの第1ページ目に書いてる英語の日記は、あまりにひどい英語で誰にも見せられません(^_^;)
しかも6行くらい英語で書いてから、まどろっこしくなったのか日本語になってる(笑)
眠かったから確か、眠い目をこすりながら簡単に書いたんですよね、続きは明日書こ〜って思いながら。
次の日はいよいよ語学学校の初日です。

ここから少し前に書いた語学学校についての話につながります。
初めての語学学校@オーストラリア

そしてこれから始まるワーホリドタバタ体験はこちら。
オーストラリアの習慣に馴染もうと頑張る日々

※このブログを書きながら、思い出して昔の資料を出してみました。“出会い帳” と呼んでたノートにホストファミリーの情報をキレイに貼ってました。どんだけ物持ちが良いんだろう…。