歴史・文化

バンクス冒険記 〜植物学者の見た新大陸〜

18世紀、イギリスの探検家ジェームズ・クックの活躍によって、それまでヨーロッパで謎とされていた南半球の全貌が明らかになり、オーストラリア大陸が孤立した大陸である事が分かりました。 クックの初めての南太平洋の航海 (1768年〜1771年) で、100年以上誰もヨーロッパ人が足を踏み入れなかったスターテンランド (ニュー […]

クック船長が夢見た世界の果て

“1770年、イギリスの探検家ジェームズ・クックがエンデバー号で現在のシドニー郊外のボタニー湾に上陸。オーストラリア東海岸一帯をニューサウスウェルズと名付け、イギリスの領地とする事を宣言した。” これはオーストラリアの歴史を読むと必ず始めに出てくる最初のくだりで、ここから白人によるオーストラリアの歴史が始まったと言われ […]

伝説の大陸テラ・オーストラリス発見物語

オーストラリアを発見したのはジェームズ・クックと言われていますが、実はそれ以前にもオーストラリア大陸は何度か発見されていました。 今回はそんなクック以前のオーストラリア大陸冒険物語です! …とか言って、小学生の教材のような明るいノリで書こうかと思っていたのですが、事実を書こうとするとやっぱり血塗られた侵略の歴史は避けて […]

知ってた?3度変更されたオーストラリア国旗の歴史と国旗色々

オーストラリアの国旗って、ちょっとかっこよくないですか? やっぱり左に付いているユニオンジャックと右側の南十字星が良いんですかね〜。 私この国旗が好きで、昔よくおみやげ屋さんなどで売られているオーストラリア国旗グッズを色々と集めていました。 1月26日のオーストラリアデーが近くなると、あちこちでオーストラリア国旗のグッ […]

アンザックデーのポピーの花の由来とフランダースフィールドの詩

少し前にアンザックデーについての記事を書いたのですが、タイトルがキャッチーだったのもあってか予想以上に集中的にアクセスがあり驚いています。 →かつて日本人は外に出ない方が良いと言われいたアンザックデー 私のブログを読んでくれたリアルの知人数人から「あの記事を読んで初めてアンザックデーの事を知りました。」と言われたので、 […]

オーストラリアの基盤はゴールドラッシュで築かれた

オーストラリアの歴史を語る上で欠かせないゴールドラッシュ(Gold Rush)。 ゴールドラッシュとは、金鉱が発見された事により一攫千金を夢見た人たちが世界中から押し寄せる現象の事で、1848年〜1855年アメリカのカリフォルニア州で起こったゴールドラッシュが有名ですが、それよりも少し後にオーストラリアでも起こっていま […]

アボリジニの悲しくなる歴史的背景

今回はちょっと重いタイトルです。 あまりにも重いので、書かなきゃと思いつつも後回しにして来ました。 それは、オーストラリア先住民であるアボリジニの事。 アボリジニと聞くと、観光産業の一部だとか、危険だからあまり近づかない方が良いとか、そんなイメージを持っている人が多いかもしれません。 でも今オーストラリアにいる日本人を […]

第2の国歌と言われるワルチングマチルダ

今日はオーストラリアを語る上で欠かせない話題、『ワルチングマチルダ(Waltzing Matilda)』についてです。 オーストラリアの国家は『dvance Australia Fair』ですが、ワルチングマチルダは1977年に国歌を決める国民投票で2位を獲得、もしかしたら国歌になったかもしれないと言うほどオーストラリ […]

オーストラリアで初めて稲作を始めた日本人

オーストラリアのスーパーマーケットでは、普通に手頃な値段でジャポニカ種のお米が売られています。 でも、オーストラリア人は主食というほどお米を食べる訳ではないのに、不思議に思った事はないですか? 意外と知られていないかもしれませんが、それにはオーストラリアでの稲作は明治時代に基礎を築いてくれた日本人の苦労が影にあります。 […]

国立公園のブッシュウォークが歴史散策に

26日のボクシングデーの日、毎年シドニーハーバーからスタートするSydney to Hobart ヨットレースを見物しようとモスマンのシドニーハーバー国立公園にやって来て、ひとまずヨットが観れたので安心。 それからクリフトンガーデンズでコーヒーを飲んでひと休み。 前回のヨットレースを観た記事はこちらです。 → シドニー […]