画像と文字装飾なしでハンバーグについて3000字以上で語るって話とオーストラリア

画像と文字装飾なしでハンバーグについて3000字以上で語るって話とオーストラリア

突然ですが、あなたはハンバーグを世界中で食べれると思ってませんか? 私はオーストラリアに来るまではそう思ってました。

でも残念!海外で (というかオーストラリアで?) ハンバーグを食べたければ、日本食レストランに行ってください。それも、日本食をウリにしてるような高級レストランではなくて、丼物とかがあるようなカジュアルな感じのレストランへ。その際、シェフが日本人であればなお良し。

 

 

…いきなり何を始めたの?と混乱されてそうですが、すみません。サイト間違ってませんよ!

これね、ツイッターでいつも刺激をもらっている、こぼりたつやさん (@tatsuya_kobori) の企画なんです!

画像も文字装飾もなしで『今日ファミレスに行ってハンバーグを食べました。美味しかったです。』という内容を3000字書くという、ただ楽しむための企画。

私のブログは写真がウリなので、文字だけの記事ってほぼないのですが、面白そうなので乗ってみました。

ハンバーグをレストランで食べたのはちょっと前の事になりますし、こっちにはハンバーグを食べるファミレスはないですけどまあ大丈夫でしょう。ちなみに#3000文字ハンバーグで他の人の記事も読めますよ〜。

なので、今回はオーストラリアの情報が見たい人は閉じてくださいね!…と言いたいところですが、一応オーストラリアに絡めて書きます。まあでも、今回ただの日記ですね。

では行ってみましょうー!

 

スポンサーリンク Advertisement

 

私ね、ハンバーグには色々と思い入れがあるんですよ。

小さい頃、ファミレスでお子様ランチやハンバーグを食べる事に異様に憧れてたので、今でもレストランでハンバーグを注文する時にワクワクした特別感が蘇ったりする事があります。

数年前に日本に一時帰国した時も、速攻ファミレスに行ったくらいハンバーグって好きですね。あれはおいしさと一緒に夢も運んで来る食べ物です。

何と言っても地元の大分県はファミリーレストラン Joyfull の本場ですから!ハンバーグと言ったら私の中ではジョイフルのハンバーグ!千葉の人はジョイフル本田?って絶対言いますけど、違いますからね。

ハンバーグと言えば、うちの母親は料理がものすごく下手な人でした。どれくらい下手かと言うと、よくこねられずにひき肉の形が残ったまま焼かれたハンバーグが食卓に出されるくらい下手。すごいでしょ?

でも、もっと恐ろしいのは、大人になった今でも時々あのよくこねられてないハンバーグが食べたくなるという事。こんな酷い事ってあります?

子供の頃に作られた味覚や記憶は本当に重要なんですよ!お父さん、お母さん、気をつけてあげてください。

更に私の父親は食事中にコーラやファンタを飲む人だったので、他の日本人たちが「オーストラリア人はご飯とジュースを一緒に飲んで信じられな〜い!」と言ってるのを尻目に、私はすんなりとオーストラリアの食文化になじみました。(自慢にならない 笑)

「え?みんな、食事しながらジュース飲まないの?」てなもんですよ。私のせいじゃないです。

こんな私なので、オーストラリア人のパートナーと一緒になったのは幸いだったかもしれません。

つくづく培ってきた食生活って大切だと思うので、味覚に優れていてグルメな人は、お母さんの手料理に感謝しましょう。本当ですよ。

 

 

で、そんな怪しい味覚の持ち主の私でも大好物のハンバーグ。

ハンバーグの名前って、ドイツのハンブルグが由来と言うじゃないですか。だから当然ハンバーグが世界共通と思っていた節があったのですが、実際は違う事をこの国に来て初めて悟りました。

海外に来て気付くのは、日本人が “洋食” と呼んでるものは実際の海外で食べられている料理ではなくて、日本人の口に合わせてアレンジされた外国気分が味わえるメニューなんたという事。

例えばナポリタン、オムライス、カレーなどなど。日本のカレーは “ジャパニーズカレー” なんて呼ばれて、オーストラリアで人気を博してますが。

ま、どちらにしても少しでも節約して旅費に当てたかった当時ワーホリだった私にとって、外食は超贅沢。例えハンバーグが食べれるレストランがあったとしても、よほど特別じゃない限り行かなかったでしょう。

それよりも、よく滞在先で作ってました。もちろんよくこねますよ(笑) ナツメグも入れるし。ハンバーグってチーズを乗せたり、カレーと食べたり、パンに挟んだりとアレンジが効いて最高ですよね。なければ作れば良いのです。

もっとも、シドニーに定住するようになってからは普通にレストランに食べに行く事も多くなりました。作るのも良いですけど、やっぱり外食はおいしいですよね〜!

冒頭で少しだけ触れたオーストラリアのハンバーグ事情ですが、シドニーで出会った今のオーストラリア人パートナーと一緒に暮らし始めた頃、ハンバーグをめぐって衝撃的事実を目の当たりにしました。

それは…、

 

パートナー、ハンバーグが何なのか知らなかったんですよ!!

 

そうなんです、薄々気付いてたんですけど、実は英語圏で “ハンバーグ” と言っても通じないんです。

以下はある日の私たちの会話。

私 「今日、ハンバーグ作るからね。」

パートナー 「え?ハンバーガー?」

私「違うよ、ハンバーガーじゃなくてハンバーグ!」

パ ートナー「だからハンバーガー?」

私 「ハンバーグだよ!」

パートナー 「ハンバーガーでしょ?」

私「ハンバーグだってば!」

パートナー「だからハンバーガーって言ってるじゃないか。」

 

こんなコントのような会話が繰り広げられられました。

仕方ないので私は紙に “Hamburger” と “Hamburg” と書いて違いを熱心に説明してあげたのですが、「なーんだ、それってパティ (patty) の事じゃん。」ですって。

は?パティ??そんな呼び方だと、まるでファーストフードのハンバーガーに入ってるような薄いお肉を連想してしまってなんか嫌ですね。私の好きなのはパティじゃなくてハンバーグですよ。

そういえばオーストラリアのスーパーマーケットには、あらかじめ味付けされて形が整えられている、あとは焼くだけという感じのハンバーグもどきが「パティ」と書かれて売られています。

ちょっと食べてみたくはありますが、もし買ってみて口に合わなかったらとっても残念なのでまだ試した事がありません。それなら普通にひき肉買って自分で作る方が何倍も良いですもん。

じゃあ、シドニーのレストランでハンバーグが食べたければどこへ行けば良いのか?

そう聞かれたらパッと2カ所くらいしか思いつかないのですが、私はペッパーランチをおすすめしときます!メインストリートにどーんとお店を構えて繁盛してます。味のクオリティは、多分日本と変わらないと思います。

ペッパーランチのメニューって、ちゃんとハンバーグって書かれてあるんですよ!

パートナーにメニューを見せて、「ほらね、ちゃんとハンバーグって書いてるでしょ!」とドヤ顔で言った事もあるのですが、パートナーは「へー。じゃあオレ、サーモンにしようかな。」という感じで流されました。

彼にはどうでも良い話題のようです…。

あんなにしっかり教えたはずなのに、つい先日もまたハンバーグの事をハンバーガーって言ってましたね。もー本当にどうでも良いです。※ ハンバーグは和製英語。日本のハンバーグもハンバーガーと呼んだりするらしい。

味覚オンチ、海外在住、パートナーが興味ない、そんな色んなハンデを持ちながらも、私はこれからもハンバーグを食べ続けるのでしょう。

何だかあと2000字くらいは全然いけそうな気がしますが、これ以上はウザがられそうなのでこれくらいにしときますね。

『今日ファミレスに行ってハンバーグを食べました。美味しかったです。』というよりも『今日レストランでハンバーグを食べに行こうかな。嬉しいな』っていう話になっちゃいました。

ここまで付き合っていただいて、ありがとうございました。