コンブチャ(紅茶きのこ)って知ってますか?

コンブチャ(紅茶きのこ)って知ってますか?

突然ですが、Kombuchaという飲み物をご存知でしょうか?

コンブチャと言っても、昆布茶ではありません。
日本語では “紅茶きのこ” と言います。

海外のセレブたちが飲んでいた事から健康飲料として人気が出たらしいんですが、ここオーストラリアでも密かに人気です。
最近ではよくスーパーマーケットやカフェなどで売っているのを見ます。

この間バイロンベイという所に行ったんですけど、その時バイロンベイで作られているコンブチャを飲んだので、「あ、そういえばこれもブログで紹介したい。」と思ったので、今日はそのコンブチャを紹介します。

コンブチャ = 紅茶きのこ

何故コンブチャと呼ばれるのかは色々と諸説があって、韓国語で菌のことを“コン”という事からとか、外国人が昆布の意味を勘違いして付けたとか、色々。

“きのこ” と呼ばれていますが正確には酢酸菌と酵母から出来ている菌が発酵して出来る発酵飲料です。

実は日本でも70年代(昭和40年末〜50年初頭)に“紅茶きのこ健康法” というのが流行って、一時期は大ブームだったそうなのでこの世代の人は結構知っているかもしれません。
結局は安全性の疑問を唱える人が出て次第に下火になって行ったそうですが、実際に研究所が調査した結果、紅茶きのこ自体に健康を害するような問題は特にない事が確認されているそうです。

そしてここ数年、またやって来た紅茶きのこブーム。(ブームと言うほどなのかは分かりませんが。)

自宅で作れる発酵飲料

2年くらい前ですが、私の尊敬するシドニーのセラピストさん(日本人)が、ブログでこの紅茶きのこを紹介した事から私もその存在を知りました。

さっそく興味があって、その人に紅茶きのこの株をもらったんです。
株さえあれば、自宅でいくらでも紅茶きのこが作れるとの事。しかも作るたびにどんどん増えていきます。
株の見た目は下の写真のような感じ。

砂糖とカフェインを素にして発酵するのですが、量が多くてもダメらしいんです。
保存したい時は冷蔵庫に入れておけば発酵が止まります。

デトックス効果、整腸作用、疲労回復、代謝アップなど様々な効果があるみたいです。

そのお味は?

初めて飲んだ時の感想は「おいしい〜♡」でした。
リンゴ酢みたいな味、というのが一番近いかな。

紅茶で作るのと緑茶で作るのとではまた味が違って、どちらも好きでした。
ウェブサイトによっては発酵には1〜2週間くらいかかると書いている所もありますが、株をもらって作り始めたのが夏だったせいか3〜4日で飲み頃でした。

すごくハマってて、一時期は紅茶のと緑茶のとを交互にたくさん作って飲んでたんです。
株も困るくらいたくさん出来てくるので、知人友人に配ってました。

ところがある日、仕事をし過ぎて疲れから帯状疱疹になってしまい、その後回復した後も紅茶きのこを飲むと喉がピリピリして何となく体質に合わなくなってしまいました。
半年後に再挑戦してみたのですが、やっぱり同じ。
という事で、今はもう作っていませんし、株も持っていません。
人によっては体質が合わない場合もあるでしょうし、そこら辺は自己責任ですね。

それでも時々飲みたくなるので、たまにお店で出来たドリンクを買ってます。
色んな味があるし、市販のものは薄めなので大丈夫。

家庭での作り方

私はもう株を持ってないし、株がないと作れないんですけど、一応作り方をここに載せておきます。
これ、当時株をあげた人に教えていたレシピです。

必要なもの

⚫︎ガラスの瓶
⚫︎ガーゼかキッチンペーパー (フタをする為)
⚫︎紅茶か緑茶(パックでOK) 2パックくらい
⚫︎砂糖 80g
⚫︎お湯 2ℓ

①2ℓのお湯に紅茶または緑茶のティーパックと砂糖約80gをいれて冷まします。

砂糖が多過ぎてもアルコール成分が多く発生してしまうし、少な過ぎると発酵せずに腐ってしまいます。
砂糖とカフェインを分解して発酵するので、出来上がり時には砂糖やカフェインという形では残りません。

②十分に冷めたお茶を、熱湯消毒などをしたガラスの瓶に紅茶きのこの株と一緒に入れます。

カラスの瓶は必ず熱湯で消毒してください。これはカビや雑菌まで培養してしまわない為です。
知人で熱湯を株と一緒に入れて株を殺してしまった人がいます。
菌も生き物ですので、せめて人肌くらいまでは冷ましてください。

③ガーゼかキッチンペーパーで蓋をして、発酵を待ちます。

発酵する際に酸素が必要なので、フタは空気が入るようにガーゼかキッチンペーパーでしてください。
上にふわっと載せるだけでもありですが、虫やゴミも入りやすいので輪ゴムでしっかり止めるのがおススメです。

発酵速度はその時の室温で変わります。
炭酸のきいた発酵ドリンクが出来上がるまで、味を見て様子を見てみてください。

最後に

紅茶きのこは、あまり発酵しすぎたら酸っぱくなるので注意してくださいね。
発酵を止めたい時は冷蔵庫に入れると止まりますので、しばらく作らない時は少し紅茶と砂糖の液を入れて冷蔵庫で保存してください。

株は何度でも使えますし、どんどん増えます。
酢として使ったり、株を食べる人もいるらしいです。
ソーダとかで割ったり、フルーツを入れてもおいしそうですね。

こんな紅茶きのこ、機会があったら飲んでみてください。
株ももしかしたら持っている人が近くにいるかも!?