資格なしでマッサージの仕事を考えている人は注意しよう!

資格なしでマッサージの仕事を考えている人は注意しよう!

時々「オーストラリアのマッサージ店は、ほとんどがいががわしいお店」と吹聴している人を見掛けますが、とても悲しい事だと思います。

というのも、オーストラリアはリメディアルマッサージという保険も効く医療マッサージが主流であり、セラピストとして活躍する為に日々勉強している人もたくさんいるからです。

ただ、現実には確かにあやしいマッサージ店が数多く存在していて、実際にワーホリの女の子たちからは色んな話を聞いて来ました。

数年前からマッサージはワーホリに人気の仕事としてランクインするようになったようですが、資格も経験もないと、きちんとしたマッサージの仕事を探すのは大変です。

ただ、ワーホリでも真っ当なマッサージ店で働いている人も当然いますから、そういうあやしいお店が横行している事に迷惑している人もたくさんいるのです。

私も一時期はマッサージの仕事に関わる多くのワーホリや有資格者と繋がりがあったので、自然と色んなお店の内部情報も入って来てました。この業界も狭いですから、5年くらい色んな場所で働けばだいたい色々と分かってきます。

…と言っても、政府の方針がコロコロ変わりますし、私が辞めてから既に1年が経過しているので情報が多少古くはなって来てます。

それでも基本は同じだと思うので、これからオーストラリアの資格なしでマッサージの仕事をしたい人に、今私が言える事を書きたいと思います。

 

こちらも参考に

 

Advertisement

お店選びが大切

まず、資格も経験もない人がマッサージの仕事を探そうと思ったら、落とし穴がいっぱいあるという事は覚えていてください。男性はまだ良いですが、女性は本当に気を付けて欲しいです。

マッサージの仕事というといかがわしい仕事と思うオーストラリア人も多く、私のオーストラリア人パートナーでさえ「人に聞かれたらマッサージセラピストじゃなくて、アロマセラピストとかレメディアルマッサージのセラピストとか言ってくれ」と言うくらいです。

プロとしてプライドを持って働いている人もたくさんいるのにものすごく残念な話ですが、そういう事もあるのだと頭に入れておいた方が良いでしょう。

じゃあ、資格がないと働けないのか?と言えば、そんな事はありません。保険のいらないビューティ系や、中国系、タイ系、日本人系のお店で資格なしで働いている人はたくさんいます。

募集からしておかしいお店には行かない事

仕事はインターネットで探す人がほとんどだと思いますが、募集の内容からではどんなお店か分からない事が多々あります。

一見普通そうに思えたお店でも、実際に面接に行ったら「あれ?」となるケースも山ほどあるんです。間違ったで済めばまだ良い方で、練習とかこつけて触られたり、普通のお店だと騙されて働いてたという話を実際にそういう目にあった女の子たちから直接聞いています。

最初の見極めは難しいのですが、募集に「経験がなくてもすぐ働けます!」とか「30歳以下の女性のみ」とか「短時間で高収入」なんて書いていたら、だいたい黒だと思って良いので気を付けましょう。

それと、悪質なお店だと全く経験なしの素人にいきなりデビューさせる所もあるらしいですが、私が見て来た範囲ではちゃんとしたお店はトレーニングしてくれます。

お客様の体に触れる仕事ですから、普通はある一定水準の技術が必要なのは分かりますよね?

このトレーニング期間はその人の資質ややる気、お店がどのレベルまで求めるかによって違いますが、私の感覚では未経験だと平均2〜3週間くらいでしょうか。

でも、全くの素人を短期間でお金がもらえるレベルまで育てるのは結構大変で、中にはトレーニングするだけして辞めていく人もいます。だから、募集に経験者のみとか有資格者ではなくてもせめて勉強中という人を優遇すると書いてあるのは仕方ないのかなと思います。

その点、日本で経験がある人や理学療法士の資格を持っている人は、オーストラリアの資格がなくても圧倒的に有利なのは言うまでもありません。

なので、面接では経験がなくてもしっかりと熱意ややる気を示した方が良いです。

トレーニング

トレーニング中にはお給料は発生しないお店がほとんどで、むしろデポジットを要求される事もあります。(最初にお金をオーナーに払い、6カ月働いたらお金を返金するというシステム)

これはおかしいという人もいますが、散々トレーニングした挙句に「やっぱりやめます」という人やお金を稼ぎたいだけでそんなに覚える気がない人も多いので、オーナー側の苦肉の策としてある意味仕方ないのかなあ、という感じで私は見ています。

それでどれくらい真剣に働きたいのか見極めるという意味もあり、面接でわざわざ少し厳しい事を言ってふるいにかける人もいますね。(これはジャパレスでも同じかと。)

未経験者をトレーニングするのはめちゃくちゃ大変な上にデビュー出来るまで育つかどうかさえ分からないので、オーナーも出来るだけ無駄な時間を費やしたくないのは分からなくないです。最低6カ月と言っているのもその為です。

まあ、これは日本人が経営者の場合で、中国系などは考え方やマッサージ手技も全然違うので、もっとゆるいのではないかと思いますが。

そもそも、オーストラリアで資格を取った正規のマッサージセラピストは、雇われではなく個人事業主という扱いなので、即戦力になるはずでトレーニングも何もないですからね。

お金を払って学校で学んだ身としては、見方を変えるとトレーニングは無料でマッサージを教えてもらっているようなものなので、ある意味お得なのかも…?とも思ったり思わなかったり。

稼げるの?

稼げるか稼げないかは、はっきり言ってピンキリです。

指名があるかないかでも違いますし、技術があっても指名が取れるかどうかは別だったりするので、酷い場合はひとりのスタッフがじゃんじゃん稼いでいる横で、もうひとりは家賃を払うのがやっとという事態もあり得ます。

基本はだいたいマッサージ代の20〜30%くらいが取り分でしょうか。プラス、経験や働き具合で上げてくれる場合も。

給料形態も色々で、手渡しだったり振り込みだったり、日給だったり2週間に1回だったり。(タックスはある一定の額を超えなければ引かれません。)

普通、マッサージの仕事は時給ではなく歩合制なのですが、お客さんがゼロでも最低補償金が支給されるお店もあれば、その人の売り上げゼロなら給料はなしという所もあるので、それも事前に確認した方が良いです。

ただ、単価が低いので数をこなさないと稼げないかと思えば、チップをたくさんくれるお客さんもいたりもするので、どれくらい稼げるかは本当に差が激しいかと思います。

こんな人におすすめ!

お店によって雰囲気も客層も違うので一概には言えませんが、こんな人にひとつでも当てはまったらお店は大歓迎なのではないでしょうか。

・日本でマッサージ経験がある、もしくは理学療法士だった
・今現在勉強中
・明るくて人と話す事が好き
・将来マッサージで生計を立てていきたい
・人の身体 (筋肉など) に興味がある
・やる気があって勉強熱心

経営者でも変わる?

私が見聞きした範囲ですが、日本人系列のお店はいつもスタッフを募集している反面、中国系やタイ系はスタッフには困らないほど溢れているような雰囲気があります。

これは、日本人系列のお店はそれなりのレベルのサービスを提供したいので、なかなか人の確保が難しいというのが大きな理由にあると思います。(そうではない所もありますが。) 逆に言えば、それだけしっかりしているという事でもあるんですけどね。

あと、どうも日本人系列は “やっぱり日本人がいちばん信用できて一緒に働きやすい” となるみたいで、スタッフがほぼ全員日本人になりがちなのも原因かと。

でも「日本人」を看板にする事でオージーを含めた他国の人から信用を得られるというメリットもあるので、あえてそうしているというのが正解でしょうか。

実際に見ていて、とても真面目に営業しているお店が多いと思いましたし、求められるクオリティもそれなりに高いので、経験者であってもトレーニングをみっちりするイメージです。(シドニーでは。)

ただ、日本人が集ると日本的ルールが存在するお店も中にはあって (始業30分前には通勤とか)、オーストラリアなのにナンセンスだなあと思う事もありましたね。

前にツイッターでマッサージ業界をよく知っているという人と会話した事があるのですが、どうも話が食い違っておかしいなあと思ったら、その人は中国人経営者のお店の話をしていたと分かり「ああ、なるほどなあ!」と思ったんですよ。

同じ業界と言ってもどの経営者に付くかで全然違うよなあ、と。

まあ、きちんと有給や保証がもらえるローカルの仕事に就きたかったら資格を取れっていう話ですよ、結局は。

それと、客層もお店で全然違うので、それによって求められる技術も変わります。

リラクゼーションやおしゃべりが目的の人もいれば、ガッツリ強めなマッサージが欲しい人ばっかり来るお店もあります。

安いお店なら技術がイマイチでも許してくれても、それなりの値段ならクレームも入ります。

なので、どんなお店なら自分が気持ち良く働けるかを考えのは大切ですよね。

資格を取りたいなら

※ 興味がない人はこのセクションを飛ばしてください。

私は治療系もリラクゼーション系もそれなりに奥が深くて、優越は比べられないと思います。

でも、真剣にやっていくうちにオーストラリアの代替医療として知られているリメディアルマッサージ (Remedial Massage) の資格を取りたいと思う人もいるでしょう。

この資格があればクライアントさんに保険を発行出来ますし、プロフェッショナルとして胸を張れます。

中にはオーストラリアの技術を日本に持って帰るのが目的で学ぶ人もいますし、数年前までマッサージで永住権に繋がる可能性があったので、学校に生徒が溢れかえっていた時期もあります。(現在は法律が変わりました。)

基本的にローカルのお店はオーストラリアのディプロマ保持者で、ABNを取得しアソシエーションに入っている事が最低条件の所が多いので、オーストラリアで長く働こうと思うのならこの資格は必須です。

ABN (Australian Business Number) は、個人事業をするなら必ず取得しないといけないビジネス番号で、セラピストはつまり場所を借りて自分個人で働いている感じでしょうか。

どの学校が良い?

マッサージの資格は Certificate IV から始まって、Diploma まで1年半〜2年 (現在はもっと長くなったかもしれません。)、みっちり実技もやります。

私はTAFE (政府が運営する職業訓練専門学校) に行きましたが、ちょうど同じ職場の子数人が私立の有名マッサージ校に通っていたので比較する事が出来ました。

まあ、TAFEの方が圧倒的に厳しいですね。といってもビシバシする厳しさではなく、食いついて来ない生徒は放置、生徒側から聞かないと当たり前に知っていると思われて説明してくれないなどの厳しさ。

具体的に言うと、筋肉の名前や機能などは半年以内で宙で言えるのは当たり前 (じゃないと試験に受からない)、オンラインテストは一発合格が基本。勉強する内容も病理学などめちゃくちゃ細かくやるし、教えてもらってない所がテストに出る、などなど。

それに比べたら、私立は全然ゆるいと思いました。

ファーストエイドも私立は業者が学校に来てくれるそうですが、TAFEは個人で予約必須ですしね。

まあ、だからと言って私立が簡単かと言えばそうではないですけど、私立の場合は生徒はお客さんなので合格率が下がると評判が落ちますから、海外から来た留学生にも優しいなと思いました。

反面 TAFEは公立ですし、当時 (2014年まで)は市民や永住者はニューサウスウェルズ州でも安く通えた事もあり、何度も試験に落ちてこの授業は2度目、3度目というクラスメイトも数人いました。

そして、入学当初は大勢いた中国人も半年経ったら2人になっていたという…。

あれからもうかなり経ったので多少状況は変わったかもしれませんが、私はTAFEで泣きながら勉強して良かったです。お陰で解剖学が好きになって、謎の情熱で数年後にその記事も書きましたしね。

どっちが良いかは好みだと思います。

あと、ズルっ子して資格が取れると謳う変なビジネスも中にはあるようですが、私は全くおすすめしません。

 

その時書いたマッサージ用語集

おわりに

長くなってしまいましたね。

後半は別記事にしても良かったのですが何しろ情報が古いので、個人的な体験談としてひとつにしました。

これが私が数年色々見て来たオーストラリアのマッサージ事情 (ワーホリ寄りの視点) ですかね。あくまでも、私の感じて来た事です。

まあとにかく、これから仕事を探す人は頑張ってくださいね!