バレンタインが近づくと思い出す彼にまつわるエピソード

バレンタインが近づくと思い出す彼にまつわるエピソード

アデレード出身でシドニー育ちの私のパートナーは、どこから見ても立派なオーストラリア人。
付き合い始めの頃は、私が(というか日本人が?) 思いつかないような信じられない事をしでかすので、よく喧嘩になってました。

ある人の言葉がいつも頭によぎります。
“オーストラリア人と日本人が長く付き合っていくには、どっちかが相手の国寄りに妥協しないと上手くいかない。”

これにはいつも納得。本当に彼と私は根本的な考え方が違いすぎて…。
彼も私も頑固で譲れない所も多くて大変でしたが、10年経った今ではお互い少しは妥協して受け入れられるようになりました。(そして私も結構オージー化したかも。)

お互い相手の心を掴むポイントや地雷を踏まないコツを覚えて来たので、最近ではそれほどの大喧嘩はありません(多分 笑)。ここまで来るのにどれだけたくさんのバトルがあったか…。(^_^;)
このバレンタインデーにまつわる彼の話もそのひとつです。

仕事になってしまったバレンタインデー

あれは今から6年ほど前の2012年、まだ私がレストランのウェイトレスとして週6働いていた頃でした。

週6と言っても週2日は半休をもらえて4時頃には家に帰れます。
飲食業ってランチとディナーの間に数時間の休憩が入るとは言っても、朝から晩まで長い時は約12時間以上拘束される仕事なんですよね〜。

本当は火曜日だったバレンタインデーの日に半休をもらいたかったのですが、他のスタッフが先に休み希望を提出したので私は仕事に。これは早い者勝ちだから仕方ない。

まあ、毎年わりと運良く休みをもらえてたし、今年くらいは別にいっか。

お店のメニューもバレンタインの日は特別なコースメニューのみになります。
当日はキャンドルの光に照らされた薄暗い店内が次々と来店するカップルたちで埋まって、ロマンチックな空間になるんです。

彼の為に作った料理

「ごめんね〜!私、バレンタインデーの日、仕事になっちゃった。」
「えー、そうかあ…。」

予想以上にガッカリ気味の彼がちょっとかわいそうだったので、バレンタインデーの夜の彼のご飯は特別気持ちを込めて作りました。

この頃の私は、毎日出勤の前に早めに起きて彼のお弁当と夕食を用意していたんです。
長い間自宅で仕事をしていた彼が会社勤めを始めていたので、応援したい気持ちで会社で食べるおやつまで付けてました。

ホワイトチョコレートパンナコッタとかも

「今日は私がいなくても寂しくないように、おいしい夕食を用意したから食べてね!あとバレンタインデーのケーキを予約してあるから、私の代わりにピックアップだけお願いね!」

「うん、分かった。仕事頑張ってね。」

そして私はいつも通り出勤して行ったのです。

当時Azuma Japanese Restaurantのカフェがシティにあって、シドニーで唯一シフォンケーキが食べれるお店としてオープンしていたのですが、そこで毎年バレンタインデー限定のケーキも販売していたんです。(現在この場所はアイズグループのChanoma Cafeになっていてカフェはもうありません。)

これがかわいくておいしいので、バレンタインデーのお気に入りでした。
ちなみに前年の2011年のバレンタインデーケーキはこんな↓感じ。

2011

彼が記念日を大切にするロマンチストなら、私はとてもイベントが好き。いつもと違う特別な事が好きなんです。限定発売とか大好きです。

この日、仕事で予約していたケーキを取りに行く時間がないので、彼にピックアップをお願いしました。

仕事中にやって来た彼

バレンタインディナーがオープンすると店内はすぐに忙しくなりました。
いつもカジュアルセクション担当の私は、慣れないコースメニューに多少プレッシャーもあり、ちょっとピリピリもしてました。
足でまといにならないように、しっかり先輩方のサポートしなきゃ!
そんな時…、

「Eriちゃーん!外で彼氏が待ってるよー!?」

はあ!?

忙しい合間をぬってお店の受付の方へ行くと、彼が店の社長と楽しそうにおしゃべりしているのが見えます。
実は社長も彼も大のゴルフ好きで、ひょんな事からゴルフの話で意気投合、たまに一緒にゴルフをする仲だったんです。

もうこうなるとエンドレス…。
話に花が咲いていて終わる気配はないし忙しいしで、待っていられずに店内に戻りました。
何となく嫌な予感…。

あれは絶対すごく重要な用事とかじゃないな、きっともっとどうでも良いような…。

「Eriちゃん、また彼呼んでるよ?さっきからずっと待ってるから、ちょっと行ってあげて。」
「あー、今忙しいので行けないと言ってもらえませんか?」
「それがね、ちょっとだけで良いから話したいんだって。多分行かないとずっといると思うよ?」

もー、何なの??

「何?今とっても忙しんだけど!?」
「いやね、これを今どうしても見せたくて。」

にこにこしながら手に持っていた袋を見せてくる彼。
中には私がずっと欲しいと言っていたiPod Touch が入ってました。

このカバーのチョイスが彼っぽい

「とってもありがとう!すごく嬉しいんだけど、でもこれ、今じゃなくて後でにして!? 今ね、ゆっくり話してる暇ないんだ。」
「えっ、特別な日にほんの1分でもオレに時間をくれる事も出来ないのかい?」
「仕事中はないの!じゃあ、もう行くね!忙しいから。」

オーストラリアでは、バレンタインに奥さんの職場にバラの花束を送ってサプライズする旦那さんとかもいるらしくて微笑ましい話ですが、それは状況や場所を考えて欲しい、と日本人の私は思うのでした…。

私が作ったディナーは…

夜も更けて営業が終わり、やれやれと家に帰って来た私。
冷蔵庫を開けてびっくり!?

「何で、今朝作った夕食がここに残っているの!?」
朝彼の為にと心を込めて作った料理は、全く手付かずのまま冷蔵庫にしまわれていたんです。

「いや、実はね、Eriのレストランに寄った後、途中にあるKFC(ケンタッキーフライドチキン)がどうしても食べたくなってね。誘惑に勝てなくて買っちゃったんだ。もうお腹いっぱいだから、Eriの料理は明日食べるよ。」

はあ???
まず私の職場に来なくて良かったじゃん!しかもそのせいでジャンクフードを買って、私が朝早く起きて用意した特別なご飯が食べれない??意味わかんない。

「で、ケーキは? ちゃんと取りに行ってくれたんでしょ?」
「もちろん!当たり前じゃないか。」

ケーキを確認してみると、ケーキが偏って箱にちょっとくっついてました。

「あのさ〜、ケーキをちゃんと水平に持たなかったでしょ?これじゃあ大切なケーキが台無しだよ!」
「えー? こんなケーキを普段買わないから知らなかった。」

って、考えたら分かるだろ!!

そりゃね〜、こっちのケーキ屋さんは時々紙袋にケーキをグシャッと入れて台無しにしたりしますけどね…。

東村アキコの漫画に登場するお父さんは、クリスマスケーキを自転車のカゴに横にいれてグシャグシャにしたらしいですが(しかも実話らしい)、そこまでではないにしても、考えたら分かるだろ!子供かよ!

©︎東村アキコ 『ひまわりっ〜健一レジェンド〜』

恋人たちの愛を語る日が、大喧嘩の日になった事は言うまでもありません…(−_−;)

まあケーキは何とか修復できました。

2012

バレンタインが近付くと、毎年そんな懐かしいエピソードを思い出してしまいます。
こんな事を乗り越えながら、今年でバレンタインも10回目です。

2013

今年のバレンタインデーは

「Eri!大変だ!2月14日の夜にテレビで “Picnic at Hanging Rock” やるから観なきゃ!」

“ピクニックアットハンギングロック” というのはビクトリア州にあるハンギングロックを舞台に70年代に作られたミステリー映画で、ピクニックに出掛けた生徒と教師が行方不明になるという話…。

数年前の旅行中、たまたまハンギングロックに行ってその映画の話をしてたんです。

バレンタインデーの夜に怖い映画?まあ、別に良いけどね。

そんなこんなで、とりあえず2人はまだそれなりに上手くやってます(笑)