14メートルの大きなクック船長!

14メートルの大きなクック船長!

ケアンズのシティからちょっとはずれた所に彼はいます。
空港からシティに続く道、Sheridan Streetに突然現れます。

それは、Big Captain Cook!

(Photo Taken: 2006)

The Big Captain Cook
On Sheridan St, Near the Captain Cook Highway as you enter Cairns from the north

彼がここにいる理由

この14mもあるビックキャプテンクックが建てられたのは1972年。
当時は “Captain Cook Backpackers” というモーテルの客寄せとして建てられたんだそうです。

でも私が見た2006年にはモーテルの跡形はなく、ただ空き地に建っていました。

すでに見た目も古くなっていたので、このでっかい彼、そのうち取り壊されるのではないかな? と内心心配していたんです。

今、彼はどうしてるだろう?と2017年の今、ドキドキしながらネットで調べてみたところ、ちゃんといました!しかもキレイになってます!
このキャプテンクックはAustralian Big Things(巨大建造物) のひとつとしてケアンズのアイコン的存在になっているので、大切にされてるみたいです。
今でも客寄せとして役に立ってるんですね!

※画像:https://thetraveltart.com/big-statues-captain-james-cook/から。

ところでキャプテンクックって誰だっけ?

この有名人キャプテンクックゆかりのものは、オーストラリアのいたる所で見かけます。
銅像もありますし、地名もそうです。

“クックタウン” は彼の名が付けられたクイーンズランド州の北の方にある町ですし、同じ州の南の方には1770という海がキレイな場所があって、1770年にキャプテンクックが上陸した年がそのまま地名になっています。
そして、メルボルンのフィッツロイガーデンには、イギリスから運ばれて再現された、彼が幼少期を過ごした “キャプテンクックの家” があって、資料館として使われています。

こんな風にオーストラリア各地で見る事の出来るキャプテンクック。
一体どんな事をした人だったのでしょうか?

ジェームズ・クック (James Cook 1728 – 1779)
彼は1700年代に活躍したイギリス出身の探検家です。
オーストラリアを発見した人、という事になっています。
(正確には最初にオーストラリアを植民地にした人で、それ以前にも発見はされていました。)

まあこのジェームズ・クックは白人侵略の象徴のようなものですから、アボリジニにとっては嬉しくないかもしれませんけどね。
もともと原住民アボリジニが平和に暮らしていた土地を、白人が残虐な手段で奪ってしまったのがオーストラリアなんですよ。

地味に有名

本当にひっそりと町外れに建っていますので、実際に行ってみると地味で驚くかもしれません。

でもオーストラリアのBig Things リスト(オーストラリア国内にある巨大建造物)にばっちり入っている、知る人は知る、有名な建物です。

ちょっとケアンズの中心部から外れますが、可能なら見て欲しいです(^^)