ボクシングデーと言えば…

ボクシングデーと言えば…

皆さん、クリスマスは楽しく過ごしたでしょうか。
今年のシドニーのクリスマスは、少し曇り空で急に肌寒くなりました。
気温差の激しいシドニーです。

今年はあるご家庭に招待されて、庭先でバーベキューをしながらのパーティでした。
オーストラリアの人たちって、友人や近所の人たちを集めて輪になって、日が暮れるまで思いのままおしゃべりするのが好きだな〜といつも思います。
すごくのんびりゆったりと時間が過ぎていきます。

さて、家族プレゼント交換をしたり、ごちそうを食べたりしたクリスマス。
そしてその次の日は…、

26日、ボクシングデー(Boxing Day)です。


みんなでボクシングをする日…、ではありません(笑)

クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから”Boxing Day”と呼ばれる。スペルは同じだが、スポーツのボクシングの意味ではない。
Wikipediaより

だそうです。

ボクシングデーの過ごし方

この日オーストラリアは年に一度の大売り出しで人がごった返します。
お店がオープンする前からドアの前には行列が!
人気のお店は前夜から買い物客が並んでいて、お店自体も早くオープンする所も多いみたいです。日本のお正月の売り出しみたいな感じですね!
私は人混みの中からわざわざ買い物するのが大変そうなので、あまりこの日に買い物した事がないのですが…。

あと26日といえば、シドニーからタスマニアの州都ホバートまでのヨットレース(Sydney to Hobart Yacht Race)が有名です。

シドニーハーバー(Sydney Harbour)から出発するこのヨットレース 、ゴールのホバートまでの約1,170kmを数日かけて進みます。
早い人は2日以内にゴールするみたいですが最終的には1月1日までに終了します。

当日のシドニー湾付近は見物する人たちで賑やかです。
出発は午後1時。
毎年チャンネル7でも生中継されますし、ウェブサイトで近況状況がアップデートされるみたいです。
http://www.rolexsydneyhobart.com
ただ今カウントダウン中。

このヨットレース が始まったのは1945年。
以来、世界三大海上ヨットレースのひとつで難関コースとして知られています。
バス海峡や太平洋の海は風が強く、海が荒れている事で有名で、southerly busterと呼ばれる嵐が来ると更に寒くて厳しいレースになるみたいです。
Wikipedia(英語)

このヨットレースと大売り出しがボクシングデーの大きなイベントですが、他にもスポーツ観戦とかボクシングデーならではの楽しみ方があるようです。

オーストラリアではクリスマスが日本のお正月のようなものなので、ひとまず一段落ついた感じです。
年末はカウントダウンをして結構あっさり終わります。

私も久しぶりにヨットレースのスタート見に行こうかな?
皆さんも良い一日をお過ごしくださいね!

こちらは翌日実際にレースを観に行った話。
シドニーハーバー国立公園でヨットレース 見物