知ってた?3度変更されたオーストラリア国旗の歴史と国旗色々

知ってた?3度変更されたオーストラリア国旗の歴史と国旗色々

オーストラリアの国旗って、ちょっとかっこよくないですか?

私この国旗が好きで、昔よくおみやげ屋さんなどで売られているオーストラリア国旗グッズを色々と集めていました。

1月26日のオーストラリアデーが近くなると、あちこちでオーストラリア国旗のグッズを目にするようにもなりますね。

やっぱり左に付いているユニオンジャックと右側の南十字星がかっこいいんですかね〜。

オーストラリア国旗

左上に付いているのはユニオンジャック(Union Jack)と言って、イギリス連邦国であるという事を表しています。

イギリス国旗

イギリス連邦国というのは英語で Commonwealth of Nations と言い、イギリスの女王エリザベス二世を元首として置いている国の事。

イメージ的にはイギリスがお母さんでオーストラリアが子供という感じでしょうか…。(オーストラリアの正式名称 オーストラリア連邦の連邦は、また別の意味です。)

現在このイギリス連邦に所属している国は、イギリスの元植民地も入れて全部で38カ国あるんです。
連邦国については、詳しくこちらの記事に書いてありますので興味があれば読んでみてください。
イギリスという国はある?英連邦って何?

 そして、ユニオンジャックの下にある大きな星。
このコモンウェルススターと呼ばれる星は、よく見るととがった部分が7つある七綾星 (しちりょうせいと読みます)になっています。

これは連邦を表していて、オーストラリアが6つの州と特別地域から成る連邦国という意味です。これがオーストラリアの正式名称のオーストラリア連邦の由来ですね。

州というのはもちろんクイーンズランド州(QLD)・ニューサウスウェルス州(NSW)・ビクトリア州(VIC)  ・ 南オーストラリア州(SA)・タスマニア州(TAS)・西オーストラリア州(WA)の6つで、特別地域はノーザンテリトリー(NT)・オーストラリア首都特別地域(ACT) 、それとパプアニューギニアにあるオーストラリア領の事です。

右側の南十字星(サザンクロス)は南半球を象徴する星座で、オーストラリアが南半球にある事を表しています。
(もしも南半球の星座についてもっと知りたい人は → 絵で見る南半球の星空 を読んでください!)

余談ですが、この国旗の南十字星をよく見ると、七綾星の中に小さな五綾星がありますよね。
この小さな星、実際の南十字星にも存在しますが光が弱いので肉眼ではなかなか見えにくいのに、なかなか芸が細かいですね〜。

ニュージーランドの国旗も南十字星が使われていてよく似ていますが、小さな星はないです。

ニュージーランド国旗

現在のような国旗になるまで

さて、このオーストラリアの国旗が今のようなデザインになるまでには、3度ほど微妙な変更がされているんです。

1901年にオーストラリアがイギリスから独立した際に、オーストラリアはオーストラリア独自の国旗が必要になりました。

そこで、新たに誕生したオーストラリア政府がメルボルンの月刊誌にて£200の賞金付きで国旗デザインコンテストを開催して、32823の応募の中から選出されたのが今の国旗の原型です。

この国旗は5人がほぼ同デザインだった為に賞金は山分けになったそうですが、1901年9月3日に発表された時には今と少しデザインが違いました。

ユニオンジャックの下の星は現在のような七綾星ではなく六綾星で、そして南十字星の星のとがった部分の数もバラバラ。しかも民間の旗は赤地、政府は青地と分けられました。

※画像はhttp://www.ausflag.com.au/brief_history.aspからです。

何故こんな色分けがされたかと言うと、この色分けはブルー・エンサイン(Blue Ensign)、レッド・エンサイン(Red Ensign)と呼ばれ、ユニオンジャックが左上に配置されている旗の事ですが、もともとはイギリス海軍が使用していたものにならったからです。

Blue Ensign

ニュージーランドも含めこれがベースになっている国旗は現在でも結構あり、今はもう変わりましたがカナダの旧国旗にもレッド・エンサインが使われていたんですよ。

興味があれば、分かりやすくまとめてくれてあるサイトがあったのでリンクを載せておきますね。オーストラリアの州別にある州旗まで載せてくれてます。
https://matome.naver.jp

この色分けは現在でも赤が商船用、青が政府用、 白が海軍用と区別されて使用されているそうです。

そう、この白いオーストラリア国旗、私も初めてシドニー湾で見た時に「何で白いんだろう?」と不思議だったんですよね。

という事で、こうした事からも分かるようにオーストラリアの国旗はイギリスの影響をかなり受けています。

当時のオーストラリア人のほとんどの人が自分をイギリ人だと思っていたそうですから無理はないのかもしれませんが、イギリス系移民じゃない人たちや先住民の人たちにとっては当然不満があり様々な議論があったようです。

そんな中、この国旗は1903年に当時のイギリス王だったエドワード七世 (King Edward VII世)によって一度は正式に承認されたのですが、その後3度ほどデザインを変更する事になります。

まず1903年、製造の容易さを考慮して南十字星のバラバラだった星4つをを七綾星に統一。

そして1906年、オーストラリアがパプアニューギニアの領土獲得を機に、1908年にユニオンジャックの下にある六綾星を特別地域も含んだ6州である事を示す為に七綾星に変更しました。

ちなみに1911年に、南オーストラリア州の一部だった場所がノーザンテリトリーとして成立したり、ACT(Australian Capital Territory)が首都の特別地域として決定されたりした時には特に国旗の変更はなく、七綾星の中に既に含まれているという事だったようです。

しかし、この頃もまだ赤と青と2種類の国旗を使用しており、それは正式な法律として承認されていなかった事もあり国内外で混乱を招いていました。

現在のような旗が正式にオーストラリアの国旗となったのは、戦後1953年に国会で制定された国旗法 (Flag Act) によってです。

この法律は、1954年4月15日にエリザベス女王二世が初めてオーストラリアを訪問した際に承認され、最初の国旗を募集してから53年目にやっと正式な国旗が決定されたのでした。

アボリジニの人たちの旗

このブログの冒頭で「オーストラリアの国旗はかっこいい。」と言いましたが、私は所詮 “オーストラリア在住の日本人” という立場なのでそう思うのかもしれません。

このイギリスの影響を色濃く残した国旗に懸念を持つ人は昔からいるようですし、ましてや先住民にとっては受け入れ難いだろうと思います。

そんな時に現れたのが、1971年にアボリジナルアーティストであるHarold Joseph Thomasがデザインしたアボリジニの旗。

この旗はもともとは土地の権利を主張する運動の為に作られたものでしたが、国旗法によって1995年7月に正式に認められました。

ここら辺を書くと長くなるのでまた別の機会にしますが、とにかくオーストラリアに住んでいるとオーストラリア国旗と一緒に掲げられているアボリジニの旗を見る機会は何かと多いはずです。

黒はアボリジニの人々を、赤はアボリジニの人たちが古来より儀式などで繋がってきた霊的な赤い土地を、黄色は生命と保護を意味する太陽を表しています。

トレス海峡島民の旗

それともうひとつ、トレス海峡諸島民の旗(Terres Strait Islander Flag )という旗もあります。
この旗、オーストラリアに在住している人なら見覚えのある人も多いのではないでしょか?

1992年に地元の公募でアボリジニとトレス海峡委員会によって選ばれたBernard Namokのデザインしたこの旗は、アボリジニの旗と同じく1995年に国旗法で公式に認められています。

緑は土地、青はトレス海峡の水、黒いラインはトレス海峡の人々を表しています。
そして白い五綾星は5つの島のメイングループと航海を意味し、白はDhariと呼ばれるトレス海峡の伝統的なダンスで使われる頭の飾りがモチーフで、トレス海峡島民のアイデンティティと平和を象徴しています。

トレス海峡諸島がどこにあるか分かりますか?

トレス海峡諸島はオーストラリアのクイーンズランド州に所属している274の小島からなる諸島ですが、実際に人が住んでいる島は12島 というオーストラリアのケープヨークとパプアニューギニアの間に位置する諸島です。

特に木曜島 (Thursday Island) は戦前から日本人が命がけで真珠を採っていた場所としても有名で、当時の様子を書いた司馬遼太郎の『木曜島の夜会』は、とても興味深く読みました。

ここはオーストラリア領でありながら、トレス海峡独自の政府が統治を行っている少し不思議な場所。
独自の旗が欲しいのも納得です。

おわりに

以上でした!

ちなみに私、ゲームでハマった事があり世界の国旗はだいたい覚えています。
(特にアフリカが得意です 笑)

でも、これが州とか小さな島々などの地域となると、まだまだ知らない国旗も多いんですよね〜。

そもそもイギリス(UK)はイギリス国旗でひとつにまとめられていますが、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドと分けて考えた時にそれぞれの国旗を思い描けますか?

国旗の成り立ちを調べてみると、きっともっともっとおもしろい歴史が見えてくるんでしょうね!