開拓者の村でお買い物♪で時を超えたロマン

開拓者の村でお買い物♪で時を超えたロマン

先日、Wilberforceという所にある19世紀を再現した村 “The Australian Pioneer Village” に行ったのですが、そこでの買い物が楽しかったので記録しておきたいと思ってこの記事を書きました。

私は昔から大切に使われて来たような古い物を見るのが大好きなんです。そういう物を見て使って来た人の気持ちや生活に思いを馳せるのって本当に楽しいものです。

The Australian Pioneer Village についてはこちら。

 

スポンサーリンク Advertisement

開拓者の村

ボランティアスタッフで運営しているというこの村は、手作りの物やセカンドハンドの商品などが手頃な値段で売られていました。手作りの物って温かみがあって良いですよね。

木工品

入り口を入ってすぐのピクニックエリア側にポツンと建っているお店を発見。

ちょっと村から外れたここに、まず1番最初に入りました。木製の箱や壁掛けや、色々な物が売っていて、この裏手で作っているようです。

パートナーが早速気に入って買った木製のまな板は何の木で出来ているのかは聞くのを忘れましたが、これで $20。 この上にチーズやらクラッカーやらを乗せてちょっとしたおもてなしなどに使うととてもおしゃれです。

こういうイメージですね♡

古いガラス食器

次に入ったのが、セカンドハンドの食器などが売られているお店です。

『アンティーク』と言いたかったですが、調べてみるとアンティークは基本的に100年以上経ったものを指すそうで、それより新しい物は『ビンテージ』と呼ぶそうです。

うーん、でもここにある物はそんな高価な響きのする物ではないので、さしずめセカンドハンドの古い食器という事で。

でもほら、素敵じゃないですか?この場所の雰囲気もあるかもしれませんね。

ちょうどガラスのお皿を探していて、中々気に入った物が見つからなかったのでグッドタイミングでした。

このお皿は1940年代に作られた物で $15 でした!

 

お店の人

プレスドグラス (Pressed glass) と言って、当時流行ってたスタイルなのよ。ディプレッショングラス (Depression glass) が出た後だから、ちょっと緑がかってるでしょ。

プレスドグラスが何かよく分からなかったので後で調べたんですけど、19世紀頃から産業革命に乗って大量生産のされた型押し式のガラス製品の事だそうです。

ディプレッショングラスというのは1929年の世界大恐慌 (The Great Depression) の時にアメリカやカナダで考案された低コストのガラス食器で、最初は緑色の物が多かった物が1940年代に入ると色が薄くなっていったそうです。

後に濃い緑色の物はレア食器としてコレクターが現れるほど人気になり、物によっては高値が付くようになったそうですが。

それと次に気に入ったのが上の写真の容器。これも同じように40年代の物だそうで、$10 と値札が付いていました。

1940年代って、第二次世界大戦があった頃ですよ。全然そんなに古い物には見えないんですが…、ガラスって大事に使えば長持ちするんですねえ。

帰ってからチョコレート入れてみましたが、とってもかわいくて気に入ってます。

 

ねーねー、これ良くない?

 

わっ本当だ、かわいい♡
そうそう、ずーっとこういうの欲しくて探してたんだよね。他の所で何度も買おうとしてためらってたけど、買わなくてよかった!

 

あ、それは5個セットで$20よ。クリスタルグラスで出来ていて、やっぱり40年代のものよ。当時流行ってた模様だから見た事あるかもしれないわね。

 

うん、何となく小さい頃見たの覚えてるよ。

うーん、私も日本で見た事ある気がする。

 

じゃあ、ちょっとディスカウントして全部で$40ね。

えっ、$40!?

 

あら、このお皿とこのセットとこれで $40にしたんだけど、ダメだったかしら?

いやいや、私が驚いたのは、こんなに買ってこの値段だったって事。古い物とは言え、とても私好みで $40!! やったー!

ピュータ製の小物

他にキュンと来たのはピュータと言う金属で作られた手作りのキーホルダーや置物を売っているお店。

開拓時代の人たちの様子を型どった置物が私のストライクゾーン!大きいのが3つで$20、小さいのが5つで$20。迷って結局小さいのにしました!

これで$20、安くないですか?町のおみやげ屋さんとかだったらひとつ$20とかしそうです。パートナーが欲しいと言ったので買ってあげたゴルフのキーホルダーは$8でした。

ダンパーが食べれるレストラン

そしてこのDAMPER CAMPというレストラン。

先週からダンパーが食べたかったので、ナイスタイミング!わーい。

ダンパーとは?

内装もなかなか素敵ですよね。

もうランチは食べていたので、ダンパーを Takeaway (持ち帰り) でふた切れオーダー。

Cockys Joyと言うシロップとバターがついて$3 って、安っ!

Cockys Joyというのは、オーストラリアスラングでゴールデンシロップのオーストラリアスラングの事なんだそうです。ゴールデンシロップは、ホットケーキとかにかけるあのシロップです。パートナーが言うには Cockys は農夫の名前なんだとか。

 

何これ!めちゃくちゃおいしい!

このシロップが香ばしくてダンパーによく合っててとてもおいしかったんですよね!2日目になるとダンパーが少し固くなりましたが、全然イケました。

でもこのドロッとしたハチミツみたいなシロップ、どこかで食べた味だなーとずっと考えてたんですけど、思い出しました!黒砂糖の味です!きっと手作りなんでしょうね。

 

このケーキは何味?

これはレモンケーキよ。

もし丸ごと買ったらいくら?

はあ?丸ごと買うつもりなの⁉︎

 

ええと、そうね、じゃあ$3で。

ええっ、$3!?

$3ですよ、$3!

 

実はオレも昔シェフをしててさ…

 

あら、やだ。このケーキはそんな立派な物じゃないのよ、ただのレモンケーキ。ここで売ってる物は全部家庭料理みたいな物だから〜💦

出た、オージー必殺「ムダ口でひとこと多い」(笑) そんなグルメでもないのにおばちゃんにプレッシャー与えちゃって(^_^;)

それにしても$3て!

家に帰ってから食べましたが、スポンジがやわらかくておいしかったです。

 

うまい〜♡ 人生で1番最高の $3ケーキだ!

$10と言われても買ったのに〜とパートナーが後で言ってましたが、全然取れると思います。本当にここの人たちは欲がないのか…。

他にもトライフルとか色々おいしそうな物がたくさんあって「これはまた来ないとね!」とパートナーと2人で意見が一致(笑) 今度はいつ来れるのか…。

おわりに

というわけで、私たちのショッピングは終わりました。
場所が車じゃないと不便なのが難点で、本当はもっと頻繁に行きたいんですけどね〜。

ここは別にショッピングする為の場所というわけではありませんが、掘り出し物が見つかるかも?週末ちょっと予定に入れてみるのも楽しいかもしれませんよー!

この町の情報はこちら。