日本人

1/3ページ

海外在住者の強い味方 電子書籍のメリット・デメリット

今では私の生活に欠かせなくなった電子書籍。 海外在住にとって、これほど便利な物があるでしょうか。 私がワーキングホリデーでオーストラリアに来た2006年当時、日本国外に出ているので、当たり前と言えば当たり前ですが、日本の本は貴重でした。 もちろんオーストラリアでも入手する方法は色々ありましたが、限られた時間やお金を旅行に費やしたかった私にとって、本は好きだけど割高で重くて荷物になる物。 日本から文 […]

アンザックデーのポピーの花の由来とフランダースフィールドの詩

少し前にアンザックデーについての記事を書いたのですが、タイトルがキャッチーだったのもあってか予想以上に集中的にアクセスがあり驚いています。 →かつて日本人は外に出ない方が良いと言われいたアンザックデー 私のブログを読んでくれたリアルの知人数人から「あの記事を読んで初めてアンザックデーの事を知りました。」と言われたので、やっぱり書いて良かったと思いました。   知る事の大切さ 最近はネット […]

最初に住む場所は重要!という話と、驚いたゴールドコーストの変わり様

今日は、これからオーストラリアに来る人たちに伝えたい、興味深いトピックです。 別に知らなくても大丈夫だけど、知ってたらおもしろいんじゃないか、という話(笑) オーストラリアに行くと決めたら、次に決めないといけないのは住む場所。 その最初に選んだ場所が、途中で移動しても後々まで影響を受けるという話です。 オーストラリアという国は、たった7つの州と1つの準州、首都特別地区で大きく区切られていますが、国 […]

外から眺めて見る日本とカルチャーショック!おもてなしって何だろう?

私がまだこのウェブサイトを立ち上げたばかりの頃、昔書いていた絵日記を記事に載せて公開した事があります。その絵日記というのは、私がオーストラリアに来たばかりの頃にスケッチブックに書いていたものです。 公開したらおもしろいかな?と思って載せてみた自己満足な記事なんですけど、一応私のプライベートを晒して発信するので見せても大丈夫なものをより抜いて、載せ恥ずかしくて見せられないページは伏せました。 まあ、 […]

オージー好みなレストラン2選 in Gold Coast

タイトルの通りなんですが、ゴールドコーストで素敵なレストランに行ったので、2カ所紹介したいと思います。 今回のシドニーからブリスベンまでの旅行は、私のパートナーの仕事という名目もありました。 だから数日間は彼のオージーのお客さん数人と行動を共にする事になっていたので、レストランもその方たちと一緒に行きました。 1. The Fish House まずはちょっと中心部のサーファーズパラダイスからは遠 […]

皮膚ガン発症率の高いオーストラリアと私の日焼け体験

オーストラリアに来たら実感すると思うのですが、日差しが本当に強いです! 日本みたいに湿度がなく乾燥しているので、日陰に入るとびっくりするくらい涼しいですが、太陽の日差しはまるで皮膚に刺さるよう。肌がジリジリといってる音まで聞こえそうなくらいです。 毎年誰かしら日焼けしすぎて泣いている 以前日焼け止めについて書きましたが、実はつい最近になって私も今更ですがやってしまいました。1日で肌を露出していた部 […]

オーストラリアで初めて稲作を始めた日本人

以前オーストラリアのお米について書いた事があります。 それは、ある時たまたまオーストラリアで初めて稲作を始めた地に訪れる機会があり、刺激を受けたからなんです。 意外と知られていないかもしれませんが、今日私たちがオーストラリアでお手頃な値段のおいしいお米が食べられるのは、過去に多大な苦労をして基礎を築いてくれた日本人のお陰なんです。 今回は、以前書ききれなかったその背景にもっと焦点を当てて、詳しく見 […]

何度でも行きたくなる日系カフェ Pinto Sydney

今日、日本にもうすぐ帰ってしまうという友人に会いました。 オーストラリアに長くいると、せっかく仲良くなった人たちがどんどん国へ帰って行く…。それは永住者の宿命なので仕方ないんですよね。 ビザがなくなって帰る人もいれば、延長しながら頑張って残る人もいる。 そしてビザがあるにも関わらず帰ってしまう人だっているんです。 特にこっちで出会う日本人の多くはバタバタと私の前に現れて、仲良くなったと思ったら通り […]

バレンタインデーにオーストラリア人彼と喧嘩した理由

アデレード出身でシドニー育ちの私のパートナーは、どこから見ても立派なオーストラリア人。 付き合い始めの頃は、私が(というか日本人が?) 思いつかないような信じられない事をしでかすので、よく喧嘩になってました。 ある人の言葉がいつも頭によぎります。 “オーストラリア人と日本人が上手く付き合っていくには、どっちかが相手の国寄りに妥協しないといけない。” これには納得。本当に彼と私は根本的な考え方が違い […]

多国籍が集まるレストランを上手くまわすコツ

実は私、今はもうやっていませんが、過去色んなレストランでウエイトレスをしてきました。 日本では福祉系のレストラン、ファミリーレストラン、オシャレカフェ、ブライダルウエイトレス。 オーストラリアとニュージーランドでは主に日本食レストラン系で、全部合わせたら15年くらいの経験があります。 だから日本のお客さんとオーストラリアのお客さんの違いをとても感じます。 日本のお客さんは、神様のようにもてなされる […]

1 3