自然

1/3ページ

南半球の北半球とは正反対のものを色々と集めてみた

南半球にあるオーストラリアでは、北半球と正反対だなと思う事が色々あります。 代表的なのが季節が真逆、北と南が正反対。 国民性も細かくてきっちりするのが好きな日本人と、おおらかで大雑把な所があるオーストラリア人とは両極端で、両方を足して割る2くらいがちょうど良いのではないかと思う事もしばしば。 あと、エネルギー的にも逆ら […]

シドニーで桜!オーバンの Cherry Blossom Festival

少しずつ冬の寒さが和らぎ始めるシドニーの8月に、毎年オーバンにあるボタニックガーデンでは桜祭り (Sydney Cherry Blossom Festival) が開催されます。 2019年は8月17日(土) 〜 8月25日(日) の9日間。あと数日で終わりです。 私も今週水曜日、久し振りに行って来ました!   […]

バナナの花の缶詰はタケノコみたいだった

先日、好奇心からバナナの花を調理してみたら、SNSで色んな人から反応をもらいました。 ちゃんとアク抜きすればおいしく食べれて健康にも良いバナナの花。…なのですが、丸々一個だと量が多いし下準備もちょっと大変だったので、今回はずっと気になっていたバナナの花の缶詰に挑戦してみました! 味は悪くなかったですよ。   […]

なぜかジブリのモデルではないか?とウワサされてるオーストラリアの名所

オーストラリア各地には宮崎駿アニメのモデルになったのではないかと言われる場所が数多く存在するというウワサを聞いた事があるでしょうか? 確かにそっくりな場所はあります。 …ただ残念ながら、それは誰かが作り出したただのウワサであって、ジブリ側はオーストラリアとは全く関係ないと否定しているそうです。 とはいえ、それでも誰かが […]

オーストラリアにいるけど、お花見したいっ!@シドニー

日本にいる時は春はお花見、夏は海水浴、秋は紅葉狩りで冬はスノボーと季節行事を思う存分に楽しんでいた私ですが、オーストラリアに来てからはどうも四季の移り変わりが緩やかで、日本と比べるとはっきりした季節の区切りも風情もあまり感じません。 海外にいるので仕方ないですが、でも日本人なのでやっぱりちょっと寂しいし、お花見とかやり […]

書籍 『木曜島の夜会 』司馬遼太郎

『木曜島の夜会』は昭和51年に別冊文藝春秋に発表された司馬遼太郎の小説で、昭和52年に単行本化されています。同書には『有隣は悪形にて』『大楽源太郎の生死』『小室某覚書』も収録されています。 タイトル: 木曜島の夜会 著者: 司馬遼太郎 出版社: 文藝春秋 (文春文庫) 発売: 2011 (新装版) ※ 私が持っているの […]

オーストラリア領トレス海峡諸島と木曜島について

トレス海峡諸島 (Torres Strait Islands) というオーストラリア領の諸島は、クイーンズランド州に所属していますが、トレス海峡自治政府によって独自の統治が行なわれ独自の文化が根付いている地域です。 司馬遼太郎の小説『木曜島の夜会』に出てくる木曜島 (Thursday Island) もこのトレス海峡諸 […]

映画 The Tracker (トラッカー) のあらすじ・感想

2002年公開の『トラッカー (The Tracker) 』という映画は、1992年を舞台に3人の白人警官が原住民アボリジニの案内を頼りに白人女性を殺したと思われる原住民を追って、アウトバックの奥地に出向くという物語です。 “トラッカー” というのは日本語に直訳すると “追跡者”。当時は警官が犯人を追って僻地のアウトバ […]

1 3