いつか行ってみたいコフスハーバー近くにある『ベリンゲン・ジェラート』

インナーシドニーのバルメイン近く、ロジール (Rozelle) にめちゃくちゃかわいいジェラート屋さんがあったんです、少し前まで。

「絶対また来なきゃ‼︎」と思ったのが2019年の9月で、やっと1年経って来れた!…と思ったら、数カ月前に閉店してました…。

ああ〜。

でも、ここのお店は2号店で、ニューサウスウェルズ州のベリンゲン (Bellingen) というところに本店があるそう。

だから『ベリンゲン・ジェラート』という名前なんですけど、聞いた事ない地名だったので地図で確認したら、シドニーから車で約5時間半 (524km)、コフスハーバーからだと約30分ほど。ちょうどシドニーとクイーンズランド州のブリスベン中間くらいだそうです。

と、遠いよ〜。

でも、いつか行けたら行ってみたいので、ここに書いておきます!

ロジール店はかわいかった

Bellingen Gelato

ロジール店は本当に小さなお店だったんですが、とてもかわいい雰囲気で一目で気に入ったんですよね。

Bellingen Gelato

じゃあなぜすぐにブログに書かなかったかというと、パレットのジェラートというのを実際に食べて、写真を撮ってから…と思ってしまったからなんです。

Bellingen Gelato

アイスのティラミスやハートのアイスキャンディーもおいしかったですし、アフォガードもすごく気になってたんですけどね…。

ね?かわいいでしょ?絶対インスタ映えでしょ?私が行った時、実際にこれ食べてるカップルがいて、すごくうらやましくて。

Bellingen Gelato

パートナーはアイスクリームが大好きなので、この時彼は大きなパッケージでお持ち帰り。

Bellingen Gelato

私はティラミスとアイスキャンディーを買ったんですけど、すっごくおいしかったです。それなのに…。

Bellingen Gelato

どうやらこのお店、賞を色々取ってるみたいです。

Bellingen Gelato

さりげない小物が置いてあるインテリアも好きでした。

ベリンゲン・ジェラートってどんなお店?

Bellingen Gelato

ベリンゲン・ジェラートは家族経営のお店で、もともとは1980年代にバルメインにオープンした Badde Manors Café で作っていたジェラートが始まりだったそうです。ちなみに、このカフェは今もあります。

ベジタリアン志向の古いお店みたいですね。

2006年にベリンゲンにジェラートバーをオープンし、2012年にはロイヤルクイーンズランドフード & ワインショーで出展した煮プラムシャーベット (stewed plum sorbet) が優勝。

2014年にはシドニー郊外のロジールにジェラート屋さんをオープンしたわけですが、2020年に4月にクローズしちゃったんですね…。やっぱりコロナでしょうか。

写真で見る限りではベリンゲン店はいかにも田舎のローカルありそうなお店で、もしかしたらロジール店のようなしゃれたメニューはないのかもしれませんが、行けたら行ってみたいなと思います。

いつか、いつかね。