子供のパーティには欠かせないカラフルな『フェアリーブレッド』の作り方とアレンジ

オーストラリアやニュージーランドの子供たちにとってフェアリーブレッド (Fairy bread) という食べ物はお気に入りのおやつなんだそうで、特に誕生日パーティーには必ず食べる定番です。

だから、オーストラリアの人は子供時代のイベントと言うと、このフェアリーブレッドを思い出してノスタルジックな気分になるんだとか。

パートナー
え、フェアリーブレッド?別に好きじゃないけど、出されてたから食べてただけだよ。

…素っ気ない返事の60年代生まれのうちのパートナーですが、彼の子供時代もやはり誕生日にはたくさんのごちそうと一緒に必ずフェアリーブレッドが出て来たそう。

正直、日本人の感覚からすると「え…?これおいしいの?」と思ってしまう人もいると思いますが、めちゃくちゃ簡単に作れるので試してみてはいかがでしょうか。

子供が大好きフェアリーブレッド

Fairy bread

フェアリーブレッド、直訳すると “妖精のパン” は、白い食パンにマーガリンかバターを塗って、カラフルな粒々をまぶしたもの。

このカラフルな粒々が子供に人気なようです。確かにアイスクリームとかチョコレートとか、カップケーキとかドーナッツとか、色んなものにかかっているのを見ますからね。

カラフルな粒々『ハンドレッズ&サウザンズ』

Fairy bread

カラフルな甘い粒々はオーストラリアで “100’s & 1000’s (ハンドレッズ&サウザンズ)” と呼ばれていて、スーパーマーケットには色んな色や形が売られています。また、ハンドレッズ & サウザンズは “スプリンクルズ (Sprinkles)” と言う時もありますし、地域によっては “ジミーズ (Jimmies)” “ノンパレイユ (Nonpareils)” などと言う呼び方もあります。

 

…でもフェアリーブレッドは子供がいない我が家では、ほとんど縁がない食べ物。(オーストラリアデーに作ったりもする人もいるみたいですが)

そう思うとちょっと作ってみたくなったので、朝食にしてみる事にしました!

フェアリーブレッドを作ろう‼︎

Fairy bread

今回トッピングに使うハンドレッズ&サウザンズは、色んな種類が少しずつ小分けされているセット ($2) を買いました。これなら他にも色々使えそうだと思ったので。

フェアリーブレッドの材料はたった3つです。

  • 白くて四角い食パン
  • マーガリンかバター
  • ハンドレッズ&サウザンズ

三角形のフェアリーブレッドが基本なので、パンは四角い食パンである事と、ホールミールやしゃれたパンなどではなく必ずスーパーマーケットで売っている白い食パンを使うのが重要なんだそうです (笑)

でも、ここで問題が!

Fairy bread

うちにあったパートナーがお気に入りでいつも買ってるふわふわ食パン、四角じゃなかった…(;_;)

まあ、仕方ないのでこのまま使います。

① 食パンにマーガリンかバターを塗る
バターの場合は塗りやすいように事前に室温に戻しておくと良いです。Fairy bread

② 食パンにハンドレッズ&サウザンズを振りかける

Fairy bread

③ 食パンを斜めに切って4等分にする
これで三角形にします。Fairy bread
Fairy bread
④ お皿に盛って出来上がり
上手く重ねて、いびつな形は何とかごまかしました💦
Fairy bread

あっという間に出来ちゃいますね!味はね…、んー多分皆さんが想像している通りです。

アレンジ

Fairy bread『Dollar King』で買ったオーストラリア型とカンガルー型

もっと見た目をかわいくしたければ、食パンをクッキーの型抜きで抜くと、更にファンシーな感じになります。

Fairy bread

あと、バターの代わりにヌテラを塗ったり、他のカラフルな色を使ったりすると、また雰囲気が変わって良いかも。

Fairy bread

ただ、型を抜いた場合は大量にパンの耳が余るので、クルトンや揚げ菓子などにしてください。

と言う事で、クッキーやパンケーキなどを作るよりは圧倒的に簡単に作れるフェアリーブレッド。でも、いつ頃からどんな風にオーストラリアで食べられるようになったのでしょうか?

フェアリーブレッドはどこから生まれた?

 

フェアリーブレッドの最初の記述は1929年のタスマニアの新聞 Mercury に書かれた記事でした。そこでは子供のために開かれたパーティで、バターにハンドレッズ&サウザンズを乗せたフェアリーブレッドが食べられたと説明されています。

ただ、この頃のフェアリーブレッドはパンそのものだけを指している可能性があり、20世紀初頭のフェアリーブレッドはイーストを使わない卵とベーキングパウダーを使用して作られたティーケーキの一種だったのだとか。

1923年の Perth Sunday Times に載ったレシピによると、フェアリーブレッドはオーブンでゆっくりカリカリに焼いたとても薄いパンのスライスを表していたそうで、ちょうど今日のメルバトーストのような感じだったようです。

バターを塗ったパンにハンドレッズ&サウザンズを振りかけたものは、1921年にパースの Plaistowe Confectionery Company の広告が始まりで、次第に子供の食べ物として普及していきました。

1935年にシドニーの The Sydney Morning Herald がクリスマスに食べる子供のごちそうとして言及する頃には、完全に現在のフェアリーブレッドが確立していたみたいです。

(参考: A PEEK INTO AUSTRALIAN FAIRY BREAD HISTORY AND SOME FACTS ABOUT IT)

また、フェアリーブレッドの名前は、『宝島』や『ジキル博士とハイド』でも有名なスコットランドの小説家、ロバート・ルイス・スティーブンソン (Robert Louis Stevenson) が、1885年に出版した詩集『A Child’s Garden of Verses』の中に “フェアリーブレッド” という詩があって、それに由来するのではないかと言われています。

その詩はここから読めます。↓

ちなみに、オランダの “Hagelslag” という子供の食べ物はフェアリーブレッドにそっくりです。ただ、カラフルな粒々ではなく、チョコレートのスプリンクルを乗せるみたいですけどね。

おわりに

本当は先週のパートナーの誕生日にフェアリーブレッドを出そうかなーとも思ったんですけど、パートナーがすごく嫌そうな顔をしたので (笑)、今回作ったものは全部私が食べました。うーん、確かにパートナー好みの食べ物ではなさそうだから仕方ないですね。

あと、誕生日パーティーではフェアリーブレッドの他にチョコレートクラクルズ (Chocolate crackles) もよく出てくるとパートナーに教えてもらいました。こっちもおいしいそうです!

今度また作ってみようかな。