西洋のネギ⁉︎ リーク (Leek) を使ったスープとキッシュのレシピ

オーストラリアのスーパーマーケットには、日本ではあまり目にした事がないような野菜や果物が並んでいる事がありますが、ネギにそっくりなリーク (Leek) もそのひとつではないでしょうか。

「一見ネギなんだけど、なんか知ってるネギとは違う⁇ 」そう思う人も多いようですが、オーストラリアではよく見掛ける野菜で、炒めたりスープにしたりして食べられています。

今回はそんなリークを使って、オーストラリアでポピュラーな『リークとポテトのスープ』『ベーコンとリークのキッシュ』の2つのレシピを紹介します!

 

[adchord]

リークとは?

リーク (Leek) という野菜は日本語ではリーキ西洋ネギポロネギなど様々な名前で呼ばれているので、それならピンと来る人がいるかもしれません。

ヨーロッパやオセアニアで広く食べられていて、味はネギよりも優しくてまろやかなです。なので、キムチ鍋などにも相性が良さそうですし、リークを玉ねぎなどと一緒にバターで炒めてステーキの付け合わせにする人もいます。

ビタミンも豊富ですし貧血や PMS (月経前症候群) にも良いので、特に女性は積極的に取り入れていきたい食材でもあります。

余談ですが、リークはイギリスのウェールズ の国花・国章でもあり、1ポンドのデザインにもなっています。

ではさっそくレシピにいきましょう!

リークとポテトのスープ

まずは「リークと言えばこれ!」というほどポピュラーなリークとポテトのスープのレシピ。

なめらかなスープを作るにはブレンダーやフードプロセッサーがあると良いですが、なければこし器やスプーン・めん棒などで野菜を潰す方法もありです。

今回使ったブレンダー

材料

オリーブオイル … 1tbsp (もしくはバター … 25g)
リーク … 1本〜2本
ジャガイモ … 500g〜1kg
タマネギ … 1個
チキンストックかベジタブルストック … 1リットル
生クリームかサワークリーム … 4分の1カップ
塩コショウ
お好みでニンニクを入れても

※ ストックは初めから液状のものでもキューブから溶かしても、どちらでもOKです。

作り方

① 材料を切る

リークは白い部分しか使いませんので、葉と根の部分を切り落としてよく洗ったら、小口切りにしてください。タマネギは粗いみじん切り、ジャガイモはさいの目のように切り、ニンニクを入れる場合はおろしておきます。

② 材料を炒める

鍋にオイルかバターを入れ熱し、リーク、タマネギ、(ニンニク) を入れて、焦げないように炒めます。

③ 少量のストックを入れて煮る

材料がかぶるくらいの量のストックを鍋に注ぎ、フタをして材料が柔らかくなるまで5分くらい煮ます。

④ ジャガイモと残りのストックを入れる

ジャガイモと残りのストックを入れたら鍋に半分フタをして、ジャガイモが柔らかくなるまで15分〜20分ほど煮てください。

⑤ 火を止めてブレンダーやフードプロセッサーなどで、スープを滑らかにする

⑥生クリームかサワークリームを入れ、再び火にかける

ここで沸騰させないように気をつけてください。

⑦ 塩コショウで味を整えて、パセリなどを飾る

これで出来上がりです!寒い冬などには特に暖かいスープが嬉しいですよね。

イメージ画

ベーコンとリークのキッシュ

次はベーコンとリークのキッシュ (Quiche)です。

実は今までキッシュというとパイ生地を使うのがちょっと億劫で、よくパイ生地なしで焼いたりしてました。それでも十分おいしいんですけど、今回はせっかくなので、冷凍パイシート (Frozen Pie Crusts) に挑戦。

キッシュを焼くパイ皿は色んなもので代用可能ですが、底が抜けるタイプが取り出しやすくて便利です。(パイ生地を使用しないなら、液漏れしない陶器の深いお皿などが良いかもしれないです。)

今回使用した底が抜けるパイ皿

※ 冷凍パイシートは使用する1時間前くらいは常温に戻しておいてください。

材料 (4〜6人分)

リーク … 1本ほど
ベーコン … 170g〜200g
刻んだパセリ (あれば) … 2tbs
バター … 20g
冷凍パイシート (Pie Crusts) … 1枚
チーズ (チェダーかパルメザン) … 2分の1カップ
… 4個
牛乳かクリーム … 2分の1カップ

キッシュの作り方

① 材料を炒める

フライパンにバターを溶かして細切りにしたベーコンを炒めたら、細かく切ったリークも加えて中〜弱火で柔らかくなるまで炒めてください。炒め終わったら火からおろして、(パセリがあれば加えて) 冷まします。

② オーブンを160℃〜180℃に余熱しておく

③ パイ生地を用意する

ここで解凍しておいたパイシートを使います。

冷凍パイシート、開封時には既にパキパキに割れてましたが、十分に解凍して伸ばせばくっつきます。

めん棒やパイ生地に小麦粉をまぶして、パイ皿よりも少し大きめになるように伸ばしていきます。

めん棒に生地をくるくると巻いてパイ皿の上に乗せます。

そして、パイ生地を型に敷きます。(ちょっと解凍が足りなかったのか、生地がパサパサし過ぎてて失敗しました。次回頑張るので汚いのはつっこまないでくださいネw)

火が通りやすいようにフォークで穴を開けます。

パイ生地の上にアルミホイルかキッチンペーパーを敷いて、重石 (Pie Weights) を乗せたら、10分ほどオーブンでこんがり焼きます。(重石がなければお米や豆で代用。)

※ 重石を乗せずに焼いたり、ここで焼かない人もいますが、この方法がいちばんおいしい正統派の作り方です。

④ 材料を混ぜ合わせる

ボウルにチーズ、卵、牛乳を混ぜ合わせ、炒めたベーコンとリークも加えて混ぜます。

⑤ パイ生地に流し込んでオーブンで焼く

だいたい30分くらいで表面がこんがりと焼けて来ます。

これで出来上がりです!

これ、すごくおいしいんですよ〜!このレシピは、ほうれん草を入れたりマッシュルームを入れたり色んなアレンジが可能ですよね。

パイ生地を自分で作る場合

自分でパイ生地を作る場合のレシピも書いておきますね。実は意外と簡単です。

材料

小麦粉 … 2カップ
バター … 150g
冷水 … 少々

① 冷えて固形になっているバターを角切りにして、小麦粉と一緒にフードプロセッサーにかける

もしくはスプーンなどで潰しても良いです。パン粉のように細かくなるまで混ぜます。

② 冷たい水を加えて、生地が滑らかになるようにこねる

様子を見ながら少しずつ冷水を足していってください。

③ 生地を寝かす

生地を丸めてラップに包んだら、冷蔵庫で1時間寝かしたら出来上がりです。

おわりに

他にも色んなメニューが考えられますね!日本では少し高価なリークですが、オーストラリアでは簡単に手に入るので、ぜひ試してみてください。

 

他のレシピはこちら

Down Under オーストラリア

オーストラリアで食べられている伝統的な料理や日本ではあまり見ないような食材、普段 […]…