エアー半島コウェルの Commercial Hotel で牡蠣三昧の始まり!(笑)

エアー半島コウェルの Commercial Hotel  で牡蠣三昧の始まり!(笑)

アデレードから5時間以上かかって、ようやくエアー半島のコウェル (Cowell) という町に着きました。

そして、無事この町のキャラバンパークにて、パートナーのお父さん夫婦たちと合流。

少し休憩した後、パブに集まって夕食をとることになりました。

エアー半島と言えば牡蠣が有名なのですが、ここコウェルでも牡蠣が養殖が盛んという事で、実はコウェルに着く前から私たちの気分はもう牡蠣一色だったんです(笑)

 

アデレードからここに来るまで

 

Advertisement

コウェルのパブへ‼︎

ここが今夜私たちが宿泊するカラフルなキャラバンパークです。

ここからパブまで歩けなくはないですが、微妙に距離があるので各自車で行って現地集合。

Commercial Hotel
24 Main St, Cowell SA 5602
https://www.cowellhotel.com.au/

お義母さんによると、この町には大きなパブが2カ所あるようです。

パブにはまあまあ人がいてファミリー連れもちらほらいたのですが、私たちのような旅行者も多いのでしょうか。

お義父さんとお義母さんの他に姪っ子ファミリー4人、プラス私たち2人も入れて計8人。丸い大きなテーブルにちょうど収まりました。

私は南オーストラリアのビールと言えば Coopers が好きなのですが、あまりにも有名過ぎて普通にシドニーでも飲んでいるので、ここでは West End Draught のタップを。旅行に来たらやはり現地のものを飲みたいですからね。

待望の牡蠣を注文!

さっそくオントレで牡蠣をいくつか注文して、みんなでシェアしました。

牡蠣は4種類から選べて、こちらは Rockafella (Baby Spinach, creamy garlic sauce & parmesan cheese, lightly grilled)。熱々のチーズが牡蠣とよく合います。

そして、これは Japanese (Wakami & mirin & chilli dressing) だそうです!

まさか、こんな所でジャパニーズに出会うとは。メニューのワカメが Wakami ってオージー発音になってますが(笑)

エアー半島のシーフードを堪能

ところで、私はシンプルな牡蠣も食べてみたいので、注文する時にパートナーにもそう言ってました。彼もそれは同じだったようで、それを考慮に入れて計画的にオントレを選んだようです。

と言うのも、

じゃん!パートナーは Taste of Eyre Peninsula (serves 2) というのを2人でシェアしようと提案していたからです。

ちょっと贅沢ですが、私もそのチョイスには大満足。これで全種類の牡蠣が食べられるし、せっかくエアー半島に来たのでシーフードを堪能したいですもんね。(他のみんなは魚料理やステーキなどを各自で注文してました。)

ただ、これで2人分ってちょっと量多過ぎかも!

  • 2 local crumbed whiting
  • 2 battered local garfish
  • 4 natural, 4 kilpatrick oysters
  • 8 fresh local king prawns
  • 8 S&P squid
  • 2 homemade crab spring rolls
  • spencer gulf prawns in a rich garlic cream sauce
  • chips & seafood sauce

牡蠣やエビはペロッと食べてしまいましたが、当然全部食べれるはずもなく、テイクアウェイにして次の日のブランチになりました。

前日の残りとはいえ、朝からシーフードを食べるなんて贅沢ですよね〜。(正直、揚げ物が重かったですがw)

食パンやサラダは無料で食べれたようです。まあ、私のお腹にそんな余裕はなかったですけど。

あと全然関係ないのですが、12歳になった姪っ子がすっかり妹の面倒を見るお姉さんになってて感心しました。妹ちゃんも私の膝に乗りたがったりして、この間まで赤ちゃんだったのにあっという間に大きくなるんだろうなあ〜なんて思った夜でした。

おわりに

午後8時過ぎてもこの明るさですからね。

ブッシュファイヤーは怖いし猛暑はきついですが、これが夏の旅行の良いところですよね。

とにかく、エアー半島に来たら牡蠣やシーフードです!まだまだこれからですよ〜。

 

この旅のまとめはこちら