白いカンガルー発祥の町 Bordertown

白いカンガルー発祥の町 Bordertown

オーストラリアのちょっと田舎の方に行くと野生のカンガルーに遭遇する事はとても多く、だんだん珍しくも何ともなくなって来ます。

でも、それがもし白いカンガルーだったら?

動物園で白いカンガルーを見る事があるかもしれませんが、実はそのカンガルーたちは南オーストラリア州のボーダータウン (Bordertown) という町で飼育されてるんです。

 

スポンサーリンク Advertisement

ボーダータウンの町

ボーダータウンという名前の由来ですが、南オーストラリア州とビクトリア州の境 (ボーダー) にあるからなんだそうです(笑)

Tatiara 地区にあるボーダーダウンは人口は約3千人ほどの小さな町で、シドニーからだと1200km、アドレードからなら300kmくらいに所に位置し、ゴールドラッシュが始まった2年後の1852年にビクトリア州の金鉱からアデレードまで安全に金塊を運ぶ為の中継地点として作られた町です。

ゴールドラッシュについてはこちら。
オーストラリアの基盤はゴールドラッシュで築かれた

この町の見所は、農業が盛んだった町の歴史が見れる Clayton Farm Heritage Museum や 今日のメイントピックである Wildlife Park の白いカンガルーです!

Hawke House

80〜90年代にオーストラリア首相だったボブ・ホーク(Bob Hawke) の出身地でもあり、彼が子供の頃を過ごした家も見る事が出来ます。

ボーダータウンの観光情報 (英語)
https://www.tatiara.sa.gov.au

ちょうど行ったのがクリスマス後だったので木がクリスマス仕様に。

ワイルドライフパーク

実はこの白いカンガルー発祥地というのは、オーストラリア人でもあまり知らないマニアックな情報みたいですが、旅行好きの私がたまたま旅行のパンフレットの隅に小さく載っていたのを目ざとく発見しました(^ ^)

念願叶って現地に行けたのがその約2年後の2009年1月なので、もう10年近く経ってしまいましたが、現在でも白いカンガルーは健在です!(最近も私のパートナーが出張で通りかかったので見て来たそうです。)

そのホワイトカンガルーのいるのがこのワイルドライフパーク(Wildlife Park)!

1968年に開園した4.5ヘクタールのワイルドライフパークでは、フェンス越しに動物を見る事が出来ます。

ちなみにカンガルーの食事は制限されているので、個人的な餌やりなどは出来ません。

ホワイトカンガルー

その白いカンガルーですが、本当にたくさんいましたよー!パンフレットで見た写真と同じで感動!

1980年に最初の白い雄のカンガルーが捕獲されてこのパークへ連れて来られて以来、数年かけて50匹ほどにまで増えたそうです。

最初の赤ちゃんが産まれたのが1984年。

普通のウエスタングレーカンガルーと白いカンガルーを掛け合わせてここまでたくさんの白いカンガルーが繁殖するのはとても珍しいそうです。

どうしても白いカンガルーに注目してしまいますが、普通のカンガルーやワラビーもいます。

おわりに

ボーダータウンは車がないと行きにくい場所ではありますが、もし近くを通る機会があればこんな町もあるという事で思い出してもらえたら幸いです。

とはいえ、白いカンガルーは動物園でも見る事が出来ますので、そちらの方がアクセスしやすいのは間違いないです。

クイーンズランド州の動物園で見た事があると聞いた事があるのですが、私が知っているのはアデレードにある “Gorge wildlife Park”
ここでは白いカンガルーだけではなく、白いワラビーや白いクジャクも見れますよ♪
白いカンガルーとコアラが抱ける Gorge Wildlife Park

ちょっとマニアックな情報かもしれませんが、私の好きな場所なのでシェアしてみました♡