オーストラリアでも欠かせない食材『アボカド』を使ったレシピとアレンジ

栄養価が高くておいしいアボカド (Avocado) は、サラダに入れたり、サーモンアボカドロールという巻き寿司が定番だったり、オーストラリアでは欠かせない食材です。

オーストラリアにはアボカド果樹園が全土にあり、年間の生産量は 8万5000トンを超えているそう。近年日本に輸出しているので、見掛けた人もいるかもしれません。

そんなオーストラリアのアボカドについての紹介を兼ねて、アボカドで作る料理を色々考えてみました!

記事前半はアボカドについての説明なので、レシピだけ見たい場合は目次から飛んでください。

アボカドってこんな果物

Avocado

アボカド (Avocado) は、主に亜熱帯地域で育つクスノキ科ワニナシ属の果物です。甘くないのに野菜じゃなくて果物なのは何となく違和感がありますが、木になる果実なので果物になります。

なんと、一応 “ワニナシ” という和名もあるそうですよ。

紀元前5000年前には存在が確認されていて、古くは中南米のオルメカ文明やマヤ文明、インカ帝国の人々の間などで栽培されていたと言われています。

ヨーロッパに持ち込まれたのは16世紀にスペインがメキシコやペルーに侵入した際で、スペイン人はアステカ語が発音出来なかったので、アボカドの名前をそれに近い “Aguacate” と呼び、後に現在の “Avocado” という言葉になっていきました。

しかし、アボカドは20世紀初頭までカリフォルニア、フロリダ、ハワイ以外では人気がなかったようで、商業的に栽培され始めたのはかなり後になってからです。

オーストラリアとアボカド

Avocado

オーストラリアには1840年にアボカドが種子で輸入され、シドニーのロイヤルボタニックガーデンに植えられました。

1960年代に商業化されるようになってからはオーストラリア全域で栽培されるようになり、現在ではクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、南オーストラリア州、ビクトリア州、西オーストラリア州、タスマニア州に果樹園があります。

アボカドの品種はたくさんありますが、オーストラリアで栽培されているのは主に2種類で、ひとつは世界でもっとも食べられているハス種 (Hass)、もうひとつがシェパード種 (Shepard) です。

ABC の記事によると、割合としてはハスが80%、シェパードが15%、残りの5パーセントは別の品種だそう。

オーストラリアは国土が広く様々な地域の収穫時期が異なるので、ハスは一年中スーパーマーケットなどで入手出来ますが、シェパードは2月〜4月頃とシーズンが限定されます。

ハス種

Avocado

ハスは皮がゴツゴツしていて楕円形なのが特徴で、熟れていないと緑ですが、食べ頃になって来ると濃いオリーブ色になっていきます。食感はクリーミー。

シェパード種

Avocado

シェパードは洋梨ようなひょうたん形が多く、光沢のある緑色をしています。熟してもこの緑色は変わりませんし、ハスはレモン汁をかけない限りカットしてしばらくすると茶色く変色してしまうのに対して、シェパードはほとんど色が変化しません。

味はナッツのようなバターのようなリッチな食感と言われます。

栄養価の高いアボカドは健康や美容にも良い

アボカドはビタミン、ミネラル、カリウム、葉酸など、栄養素が豊富に含まれています。

「森のバター」と呼ばれるほど脂肪分も豊富ですが、この脂肪は植物性の不飽和脂肪で、それに含まれるオレイン酸は血中のコレステロールを抑えたり、血栓を予防する効果が見込めたりしますし、脂肪を燃焼する働きも。

食物繊維も多いので腸内環境が整い、むくみ解消や便通にも効果が見込めてダイエットにも良いと言われています。

更に、アボカドを他の野菜とサラダにして一緒に食べるとトマトのリコピンやニンジンのベータカロチンの吸収が5倍になるという研究も。

ただ、カロリーは 100g / 約579kJ (138 Cal) で、ご飯一杯が約 160 Cal くらいなので食べ過ぎには注意ですね。

(参考: Australian Avocados)

日本にも輸出されるアボカド

Avocado

近年のアボカドブームで需要が高まっていますが、アボカドの木が育つには大量の水と栄養が必要で、1kg のアボカドを育てるだけで 2000リットルの水が必要なんだそう。それによってチリなどでは深刻な干ばつが発生するなどの事態も起こっています。

ですが、そんな中オーストラリアでは効率よく生産するシステムを開発。果樹園は拡大傾向にあり、数年前から日本へも輸出しています。

日本に流通しているアボカドはメキシコのハス種が多いようですが、8月〜3月にかけては、西オーストラリア州や南オーストラリア州、タスマニア州のハス種を目にするかもしれません。

(参考: オーストラリアのアボカド産業 – Austrade (PDF))

さて、そんなアボカド、あなたはどんな風に食べますか?色んなレシピを集めてみたので紹介します。

アボカドのレシピ色々

Avocado

日本人だとわさび醤油で食べるのが好きという人も多いのではないでしょうか?おいしいですよね。

私も何も疑問に思わず、ある日醤油をかけたアボカドをオーストラリア人パートナーに出したのですが、予想外な反応をもらいました。

パートナー
はあ⁉︎ アボカドに醤油とかおかしいだろ。あり得ないよ!

そう言われてびっくり。

「じゃあ、何をかけて食べるの?」と聞いたら、「ドレッシング」だそうです。

いや、私にとってはそっちの方が違和感なんだけど!と思いつつ、そう言えばパートナーと出会ったばかりの頃に彼が作ってくれたアボカドの前菜を思い出しました。

Avocado

アボカドにかかっているのはオリーブオイルにレモンやビネガーを入れて塩コショウしたビネグレットドレッシング (Vinaigrette Dressing) です。

当時、私にはこの食べ方がとても斬新に感じました。

思えばオーストラリアに来てから色んな食べ方をしています。

アボカドトースト

Avocado

カフェのメニューでも人気のアボカドトーストは、ずっと昔に住んでいたシェアハウスのオーナーが出してくれた時に初めて食べました。

潰したアボカド (スマッシュドアボカド) を焼いたトーストに乗せて塩を振ったシンプルなものでしたが、「へー、こういう食べ方もあるのか!」と感心したのを覚えています。

バゲットやサワードゥに乗せるのも、おしゃれに見えるのでおすすめです。

Sienna Marina

上の写真はウルムルーにあるレストランのもの。アボカドの他にフェタチーズ、ベーコン、ポーチドエッグが乗ってます。

アボカドは潰したものではなくスライスしたものを乗せる人もいますし、チーズをかけて焼いたり色んなアレンジが出来そうですね。

アボカドは基本的にレモンをかけて、オリーブオイル塩コショウをすれば良いと思います。

ワカモレ

Avocado

そしてアボカドと言えば、メキシコ料理でサルサソースのひとつであるワカモレ (Guacamole)。パンにつけたりトルティーヤチップスにディップしたり、色んな食べ方が出来ます。

作り方も色々ありますが、いちばん多い人気レシピはみじん切りにした玉ねぎ (紫) と、トマトコリアンダーを入れたもの。私はコリアンダーが苦手なので入れませんが。

ちなみに、トルティーヤはドリトスを使いました。

Avocado

① アボカドは皮と種を取り除いて潰す
潰す時はスプーンの裏などでも良いですが、マッシュドポテトを潰す道具を使うと楽ですよ。

Kitchen Tool

② みじん切りにしたトマトや玉ねぎなどを加えて、レモンかライム汁をかけたら、塩コショウで味を整える

すぐ食べない場合は、ラップをピタッとしておくと良いですよ。

Mexican

そこまでするのが面倒な人には、混ぜるだけのパウダーも売ってます。

Mexican

トルティーヤにひき肉と豆などを炒めて作ったチリコンカンとチーズを乗せて焼いたものの上にワカモレを盛れば、おいしいナチョスにもなります。

スムージー

Avocado

アボカドのスムージーもプロセッサーやブレンダーさえあれば、簡単なのでおすすめです。

アボカドだけでも良いのですが、バナナも入れると砂糖も入れてないのに甘くてとろりとしたおいしいスムージーになります。

アボカド + バナナ

avocado smoothie

バナナではなくキウイフルーツを入れても、甘酸っぱくておいしいですよ。

アボカド + キウイ

オレンジなどの柑橘系はアボカドにはあまり合いませんが、色んなアレンジができると思うので試してみてください。お好みで牛乳 (豆乳) ハチミツなどを入れても良いですね。

アボカドグラタン

Avocado

そして、簡単なのにおいしいアボカドグラタン!

① アボカドを半分に切って中身をくり抜く
② くり抜いて適度な大きさに切ったアボカドと短冊切りにしたベーコンかツナ缶などを混ぜ、マヨネーズで和える
③ チーズを乗せてオーブンで焼くだけ!

ホワイトソースを作って絡めてもおいしいです。

アボカドのポタージュ

Avocado

アボカドはポタージュにしてもおいしいのです。夏場は冷たくしてビシソワーズとして食べても。

① 薄切りにした玉ねぎをオリーブオイルでしんなりするまで炒める
この時にニンニクやジャガイモを加えてもおいしいです。
② 水とチキンストックを加えて煮る
③ 冷ました②にアボカドと豆乳を加えてフードプロセッサーにかける
④ 塩コショウで味を整える

アボカドパスタ

Avocado

アボカドのパスタは色んなレシピがあると思いますが、私がよく作るのはツナと合わせてマヨネーズと少量の醤油で和えただけのシンプルなもの。

私がパートナーのお弁当を作っていた時代に時間がなくて、苦し紛れにパパッと作ったのですが、パートナー的に大ヒットだったようでわざわざ「これおいしい!」と会社からメッセージまで送って来ました。

え、今まで私が時間をかけて作っていたお弁当は何だったの…と思いましたけど、パートナーが喜ぶので我が家ではわりと定番メニューです。

アボカド納豆 / キムチなど

Avocado

単純に、アボカドに納豆やキムチを合わせるだけなのですが、これもおいしい一品になります。

Avocado

トマトと混ぜて、レモンとオリーブオイル、醤油などで味付けしてもおいしいです。写真はゆで卵も加えてみました。

サーモンアボカド丼 / サーモンアボカドロール

Sushi Hub

サーモンとアボカドの組み合わせは最高なので、Sushi が置いてあるレストランには必ずと言っても良いほどサーモンアボカドロールがあります。

私はこういうロールは作るよりも買う派なのですが (相場は1本$3.50〜$4くらい)、手巻き寿司パーティの時の具にするのも良いでしょうね!

あとはサーモンアボカド丼もとってもおいしいです。その場合、サーモンは必ず刺身用を買ってくださいね。

醤油、みりん、ごま油で10分くらいサイコロに切ったサーモンを漬け込んで、その後同じようにサイコロに切ったサーモンを混ぜ、ご飯の上へ。

想像しただけでお腹が空いてしまいます。

おわりに

おいしくて体に良いアボカド、ぜひ色々アレンジして楽しんでくださいね。