日本でも流行った ケン・ドーンのアート

日本でも流行った ケン・ドーンのアート

久しぶりにロックスの方へ行きました。
シドニーの観光に来る人は必ず来る、このThe Rocksと呼ばれる地域。

1778年に白人がオーストラリアにやって来てから一番最初の古い町と言われるこのロックスは入植当時の面影がたくさん残っていて、歴史的建造物を見る事が出来ます。

そしてたくさんのアートギャラリーやおしゃれなお店も並んでいて、私の大好きなオペラハウスも見る事が出来る、行くと何となくワクワクしてしまう観光地です。

アパートが徒歩で30分くらいで来れるのですが、このロックスはシティの端っこなので通り道にとはいかず、そんなに頻繁には来る機会がありません。

そんなロックに来ると、必ず行ってしまう場所があります。
それが “ケン・ドーン(Ken Done)” のアートギャラリーです。

ケン・ドーンって?

ケン・ドーンは色彩鮮やかな絵を描くアーティストです。
日本でも80〜90年代頃に流行ってらしく、雑誌の表紙を彼の絵が飾ったりと有名だったようです。
その頃私は小学生だったのですが記憶にありません。でも絵を見れば懐かしいと思う人もいりるのではないでしょうか。

写真: http://www.kendone.com.au/からお借りしてます。

彼の華やかな絵はオーストラリア人にも人気で、私がオーストラリアに来た頃には州を問わずケン・ドーンのお店があちこちにあったのですが、最近ではめっきり見る事がなくなりました。

ロックスのメインストリートにもお店があったのですが、いつの間にかなくなっていました。
でも、ケン・ドーンギャラリーは健在です!

ちょっとロックスのメインの道路から外れ気味の所にあるので気付かない人も多いかもしれませんが、中はアートギャラリーの他にちょっとしたグッズも販売しています。

THE KEN DONE GALLERY
1Hickson Road, The Rocks, Sydney NSW 2000

http://www.kendone.com.au

明るくて色彩豊かな絵で有名ですが、ウェブサイトを見ると2012年に1942年に日本がシドニー湾を攻撃した時の絵とかも描いてるんですね…。日本ってオーストラリアを攻撃した唯一の国ですしね。

ケン・ドーンデザインの服

ケン・ドーンの洋服は大阪のおばあちゃんばりな派手派手な物も多いんですが、すごくかわいい物もたくさんあります。

「それ、観光客が着るシャツじゃないの?」とか言われたこともありますが(笑)、彼のオペラハウスシリーズのタンクトップは私の大のお気に入り♡

初めてオーストラリアに来た時、ケアンズのケン・ドーンのお店がすごくかわいくて目立ってて、大好きだったんですよね。

最初彼の絵を見た時、何故こんな子供みたいな絵が人気あるの? って思っちゃったんですけど💦 実は彼が実物に忠実に描いた絵はめちゃくちゃ上手です。貝殻なんて写真みたいでした。

一見単純そうに描いた線のようで、それがすごく人を惹きつけるんですよね。これが絵の才能なんでしょうね〜。
彼の絵はオーストラリアの雰囲気によくマッチして、周りがぱあ〜と明るくなるみたいです。

今回は思わず欲しくなって本とポストカードを買ったのですが、スタッフの人が「あなたにプレゼントよ。」とカレンダーをおまけしてくれました。

わーい、来年のカレンダーはケン・ドーンだ♡

本、読んだらまた感想書く…かもね?(いつになる事やら)