アルコール0%のカールトンビールっておいしいの?飲んでみた感想

去年くらいからスーパーマーケットでもノンアルコールのビールやワインが売られるようになりました。

正直「やっと出たか!」感はありますが、最近めっきり弱くなってビール1杯で眠くなってしまう私には、ちょっと嬉しいかもしれません。

ジュースは甘過ぎるし、お茶やコーヒーは何か違う、そんな時に昼間から罪悪感なく飲めるのがノンアルコールビールの良いところですね!

Carlton Zero

Carlton Zero

今回紹介するのは、オーストラリア最大のビール会社 Carlton & United Breweries (CUB)の代表的なビール、カールトンのアルコール0%ビール『Carlton Zero』です。

最近発売されたのかと思いきや、2018年8月28日にリリースされていたそうですよ。

近所の Coles には缶しか置いてませんでしたが、瓶バージョンもあるようです。

値段やカロリー

375ml × 4本で、$8 行かないなら、普通のビールを買うよりもかなり経済的ですね。

カロリーは 375ml / 443kJ (106Cal)、100ml / 118kJ (28Cal)普通の Carlton Draught は (アルコール度4.6%) が375ml / 581 kJ (139 Cal) なので、ちょっと低め。

でも糖質は1本0.4g に対して、ノンアルコールは2.3g なので、こっちは高めです。

 

では、飲んでみましょう!

飲んだ感想

Carlton Zero

うん、普通に喉越しが良くておいしい!苦さはないですが、ごくごく飲めて私は好きですよ。

でも一瞬「これだったら別にスパークリングウォーターでも良くない?」とも思ったのですが、まあまあ、缶は冷蔵庫にも収まりが良いですし、ちょっと大人の味がついた炭酸ドリンクという事で。

とにかく「酔わないビール」感は味わえるので、冷蔵庫に入っていると重宝するかもしれません。

これなら「ビールは苦く嫌い」と言っているうちのパートナーでも飲めるかな?と思いましたが、よく考えたら「甘くなくておいしくない」とか言われそう (笑)

ボトルショップに行けば、もっと色んな種類のノンアルコールビールが

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Heaps Normal (@heapsnormal)

そして、ツイッターで教えてもらった『ヒープスノーマル (Heaps Normal)』は、ノンアルコールビール専門のメーカーだそうです。デザインもかわいいですし、気になりますね。

 

他にもボトルショップに行けば、色んなノンアルコールビールが売られているみたいなので、見てみてくださいね。

おまけ: ジンジャービアもノンアルコール?

Ginger Beer

余談ですが、私は最近夜になると、先に紹介したノンアルコールビールかジンジャービアが飲みたくなります。

ジンジャービアはアルコール入りのものもありますが、私が通常飲んでいるのはノンアルコールのもの。特に200ml のミニ缶は量的にもちょうど良くてお気に入りです。

アルコールを飲みたくないけど何かシュワシュワするものが欲しい人は、こういうのも良いのではないでしょうか。

おわりに

前にビクトリアビターズのお茶を試した事もありましたが、やっぱりなんちゃてビールなら炭酸の入ったこっちの方が良いかもです。

たまーに買っておこうかなと考えてます。

 

ノンアルコール関連記事