サーフブランドBICO

サーフブランドBICO

オーストラリア発のブランドを挙げればキリがないほどたくさんありますが、BICOはご存知でしょうか?

私は昔、このブランドが大好きで色々持ってました。

それぞれの形ひとつひとつに意味が付いていて、お店によって限定商品などもあるのでつい集めたくなってしまいます。

先に言っておきますが、まわし者ではありません(笑) あくまでも趣味です。

スポンサーリンク Advertisement

BICOとは

このBICOは、手頃な価格の高品質でスタイリッシュなアクセサリーをコンセプトに、1995年にボンダイビーチのデザイナー2人が始めたサーフブランドのようですが、本店(直営店)はケアンズにあります。

最初に書いたように形ひとつひとつに意味があり、オーストラリアのおみやげとして観光客にも人気。
日本でも芸能人も着けていると話題になったブランドです。

ブレストや指輪などもありますが、主にペンダントです。
下の写真のような物が、ベーシックな形。たくさん種類があります。

右のペンダントトップは、特に人気があった形。
意味は “inspirational thoughts, luck in life and love” 、愛と幸運のお守りですね。
左のは個人的に好きな形だったんですけど、ウェブサイトには載ってませんでした。なくなっちゃったかな?

意味が知りたければ、次に紹介する英語のウェブサイトに載ってます。
英語が苦手な人も今はGoogleの翻訳機能などが使えるので便利ですね♪

手入れのしやすいピューター(Pewter)と言う合金で作られていて、他にもスワロフスキーのクリスタルや天然樹脂を使ったデザインの物など種類も豊富。

上のようなデザインは、ちょっとごっついかな? と思いきや、付けてみると意外と女性にも似合います。

それに写真がちょっと悪いですが、左の写真のようなエレガントなデザインの物とかもあるんですよ。
これはマーメイドを基にした形だそうです。

チェーンは別売りで長さも細さやデザイン、素材など種類も色々です。
でも自分が持ってるチェーンと合わせても良いでしょうね!

ケアンズのお店

ケアンズに行った事のある人は知っているかもしれませんが、ケアンズがオーストラリアで一番BICOの販売に力を入れていると思います。だって、呼び込みしてるお店もありますから。多分、日本人観光客が多いせいでしょう。

では、そんなケアンズにあるお店をいくつか紹介します。

まずはやっぱりケアンズの本店
シティのアボットストリートにあるこのお店は、6カ月ごとに出る新しいデザインの入荷がどの店よりも早く、種類も豊富と定評があります。

Shop A/36 Abbott Street, Cairns QLD 4870
https://bico.com.au

久しぶりにウェブサイトを見たら、かなり変わっていました。(10年ぶりかも!?^^;)

わざわざケアンズまで行かなくても、このウェブサイトから購入も出来ます。
調べたら日本のサイトでもBICOを販売している所が結構あるんですね。
見てたらまたちょっと欲しくなりました(笑)

そうそう!ちなみに右の写真のピアスもBICO本店で買ったんですよ!
全然BICOっぽくないしロゴも何も入ってないので、絶対に言われないとBICOとは分かりませんが、一目惚れ♡
本物の貝殻と天然樹脂が使われていて、水色とピンクもありました。
写真はついさっきブログ用に撮りました。
結構いい値段だった記憶がありますが、11年くらい経ってもまだ全然使えます。

そしてキュランダ(Kuranda)のお店も有名です。
思ったよりも小さいお店だった記憶があり、行った当時は何となく写真を撮りそびれてしまいました。

2/15 Therwine St, Kuranda, 4881
http://bicocairns.racms.jp

ここのウェブサイトはネットショッピングはないけど日本語です。が、当時私が行ったところと同じお店なのかどうかは不明です。すみません(^_^;)

そして最後にケアンズ市内にあるナイトマーケット!

ナイトマーケット内にはフードコートやおみやげ屋さんがたくさんあり、観光客が必ず行く場所ですが、ここにはBICOを扱っているお店が3カ所もあります。多分今でも。

お店の限定商品と値段

じゃあどこで買えば良いの?となりますよね。
実は、お店によって結構値段がまちまちなんです。

でもそれをを書いてしまうと営業妨害になってしまうかもしれないし、情報も古いですので具体的には書きません。ごめんなさい。

私が言える事は、お店によってはすごく高く売っている所もあるので、よく値段をリサーチしてから買った方が良いかもという事。

だけど旅行先のお買い物はインスピレーションも大事。どちらのしても日本よりは安いようなので、あまり神経質になり過ぎる必要はないと思います♪

それに、お店によってはそこの限定商品なんて言うのもあるんですよ!
まんまと私はお店の思惑にはめられています、ええ。

と言っても、とてもではないですが全部集める事は予算的にも不可能です。でも小さなアイテムもあって、それは集めました。

限定品(2006〜2007前後)

その小さなアイテムが下の写真。スワロフスキーのクリスタルの色は基本赤・青・水色だったと思うんですが、本店ではピンク、キュランダ店では緑とスモーキーグレイ、ナイトマーケットのお店のひとつではクリアカラーが限定品でした。

ちなみに真ん中のクリアクリスタルのついた十字架型は、南半球で見る事の出来るサザンクロスを型どっていて、幸せを呼ぶと言われるユリシスの蝶のデザインと一緒にナイトマーケットのお店の限定商品です。

赤もあったけど、やっぱり青♡

組み合わせも自由

上記のこの小さいアイテムは、専用のリングで他のアイテムと組み合わせる事が出来ます。

このBICOのリング。手で簡単に開け閉めが出来て、丈夫なんです。10年以上たってもこの通り。(ちょっと黒くはなってますが。)

このリングで好きなアイテムを合わせると、自分だけのオリジナルに。

カップルでペアのペンダントトップも何種類かあって、私も元彼と持ってました。まあ、すぐ別れたんですけどね(^_^;)

こんな感じで、大きいアイテムと小さなアイテムを組み合わせると、かわいいです。
もちろんBICOじゃなくても、手持ちのお気に入りアイテムとの組み合わせも有りですよね!

ケアンズ以外の都市は?

ゴールドコーストでも何カ所かBICOを売っている所を見つけましたが、ケアンズほど積極的な売り込みをしている所を見た事がありません。

おみやげ屋さんの隅っこに普通に飾ってあるだけだったり、日本人の店員さんに形の意味を聞いたらめんどくさがられ(?)たり。
当時日本人観光客が多かったはずですけどね。

えーっと、実は私のオーストラリアでの初めての仕事が、ケアンズで日本人観光客にBICOを売る仕事だったのです。

だから当時、だいたいの形の意味は頭の中に入っていて普通に宙で言えました。さすがに今はもう大部分を忘れてしまいましたけど…。

そしてゴールドコーストで少しだけ働いていたおみやげ屋さんのスタッフは、オパールやシープスキンなどは積極的に接客してるのに、BICOに関しては無関心な印象でした。

だから、そこでは私がひとりでせっせとBICOをお客さんにおすすめしてました(笑)
だって、せっかく身に付けたスキルがもったいないし、本当に接客すればよく売れたのだもの(笑)
(あ、でも本当にまわし者じゃないですよ!今の職業と全く無関係ですからね。)

そして、その後シドニーに移動してからは、ますますBICOを見かける事がなくなりましたね。
それにまたおみやげ屋さんで働きたかったんですが、シドニーでは募集が全然なかったのであきらめました。

今でも結構観光客が行くおみやげ屋さんを覗くのが好きなんですけど、売ってないですねえ、BICO。シドニーで作られてるはずなんですけど。

一度だけ週末マーケットか何かで見たことがありました。
ボンダイのおみやげ屋さんに行けばちょっとあるんでしょうか?? そこはあまりチェックしてません(でも多分なさそう)。
まあネットで買えますからね。

お手入れ

最後にお手入れについてです。

サーフブランドなので錆びにくい素材を使っていますが、シャワーの時は外して、海水に浸かったり汗をかいた時は拭いてあげると長持ちするそうです。

ちなみにBICOが好きなら、ちょっと似ているInnersoulというオーストラリアのサーフブランドがあるのですが、そっちも好きな人が多いかもしれません。
https://www.innersoul.com.au

いかがだったでしょうか?
想像以上に長い記事になってしまいました。
何かの参考になれば嬉しいです😊