アボリジニの悲しくなる歴史的背景

アボリジニの悲しくなる歴史的背景

今回はちょっと重いタイトルです。
あまりにも重いので、書かなきゃと思いつつも後回しにして来ました。

それは、オーストラリア先住民であるアボリジニの事。

アボリジニと聞くと、観光産業の一部だとか、危険だからあまり近づかない方が良いとか、そんなイメージを持っている人が多いかもしれません。

でも今オーストラリアにいる日本人を含めた外国人で、一体どれくらいの人が過去に起こった事を知っているのか?と思った時、私の周りにいたワーホリや学生の人たちは、知っている人の方が珍しい感じでした。

私もそんなに詳しい訳ではありませんが、少しだけでも知っている人が増えて欲しい、そんな思いがあって、今日の記事を書いています。

 

スポンサーリンク Advertisement

強調されるネガティブな側面

私がオーストラリアで初めて住んだ都市ケアンズでは、アボリジニの人たちがたくさん昼間からパブでお酒を飲んで、観光客やワーホリにお金を無心して来たり、実際に何らかの被害にあった人たちの話は日常茶飯事でした。

ホストファミリーからアボリジニにはくれぐれも注意するように言われてましたし、ワーホリネットワークというものがないようであって、何件横のシェアハウスにアボリジニが入って物を取られたとか、木の上から飛んできてお金を取られたとか、どこかしらでしょっちゅう耳に入って来ました。

噂話だけではなく、直接知り合いから家に入って来て物を盗ろうとしているのを目撃したと言う話を聞いたり、シェアメイトの友達は危うくお金を盗られる所だったとか、リアルな話も聞きました。私だって嫌な目に遭ったひとりです。

これが私が最初に見たオーストラリア。

これからケアンズに行こうとしている人たちを怖がらせてはいけないので書いておくと、これは今から10年以上前の2006年の話です。

シティ中心部にあるケアンズセントラルの裏手にたくさんシェアハウスがあるのですが、その近くにアボリジニのコミュニティもあるそうで、この周辺に住んでいたワーホリの人たちが色んな目に遭う確率が高かったんです。(でももちろん遭わない人もいます。)

とりあえず、ケアンズでアボリジニからお金をくれと言われても無視するのが賢明です。夜間の一人歩きも危険ですので十分に気を付けてください。

色んな人たちがいる

ケアンズの町中ではネガティブな側面が目を引きましたが、同時に1カ月だけ通った語学学校では彼らの文化について学ぶ事が出来ました。選択授業でAustralian Studyというオーストラリアの文化について学ぶ科目を選んだからです。
英語は別に伸びませんでしたが、この授業はすごく為になったと思ってます。

そこで過去の歴史的背景を知ってしまうと、彼らがああなってしまった事を一方的に彼らを責める事は出来ないと思い、複雑な気分になりました。

けれど、そんな人たちがいる反面、先住民であるアボリジニは観光産業にも多く貢献しています。

ケアンズでは観光地として挙げられるキュランダのスカイレール入り口手前には、アボリジニのジャプカイ族のショーをやっている場所があります。

ここのジャプカイ族と言われる人たちは、アボリジニの食べ物を説明してくれたり、色んなパフォーマンスを披露してくれたり、西洋人と変わらず普通に職場で働いている人たちに見えました。

肌の色は黒かったですが、顔立ちも一般的に言われるアボリジニよりもすらっとしている人が多く、白人の血が入ってるのかな?と思ったほどでした。(それか民族の違い?事実は確かめてません。)

ちなみにアボリジニ(Aborigine)とは、先住民という意味であって民族の名称ではありません。

現在アボリジニとひとまとめに呼ばれている人たちは、かつてオーストラリア全土に700民族以上存在したと言われていて、250以上の言語が使われ、文化や生活習慣も異なっていたそうで、ジャプカイもその民族のひとつです。

ここで一緒に伝統的なブーメランを投げさせてもらったり、話を聞かせてもらったり(英語だったので、当時あまり理解できませんでしたが)、日本人らしくスタッフの人たちとピースをして写真を撮ったりしました。

でもすごく感銘を受けたのは、日本人がやっている特別なアボリジニのツアーです。

今はもうやっていないのですが、特別な免許を持った人としか入れない神聖なアボリジニの山に入るツアーに参加した事があり、アボリジニについて色んな事を教えてもらいました。

その生活や考え方にすごく興味を覚え、憧れの気持ちさえ持ちました。

その詳しい話はこちらに書いています。
特別な許可を持った人しか入れない聖なる山へのツアー

その後ファームに行く事になり、ケアンズからまた更に北上したケープヨークの手間にある小さな町に3カ月住んだのですが、そこはCooktownという人口のほとんどがアボリジニで占める町でした。

私が働いていたファームは、多くをワーホリなどの外国人が占めていましたが、アボリジニの人も何人かいて一緒に働きました。

私たちワーカーが楽しみにしていた毎週金曜日のハッピーアワー(時間内だけパブのビールが安くなる)でも、そこで知り合ったアボリジニの人たちと楽しく交流する機会もあり、一言にアボリジニと言っても色んな人たちがいるのだなあと身を持って体験しました。懐かしいです。

アボリジニの人たち

イギリス人たちがオーストラリア大陸にやって来るよりも遥か昔、今から約5〜6万年前にはもう先住民の存在していたと言われています。

今日では全民族をまとめてアボリジニと呼ぶ事が多いですが、それぞれ言語や文化が違った民族が大陸各地で生活していました。

しかし自然を崇拝し自然と一体化して生きていた事、狩猟や植物採取などして生活していた事などは共通していたようです。

そして先祖代々ドリームタイムという天地創造の神話を語り継ぎ、その考え方を反映させながら1788年にイギリスから入植者がやって来るまで平和に暮らしていました。

西洋人が上陸した事によって、かつて30〜100万人いたと推定される先住民たちは10分の1に激減したと言われています。

これはヨーロッパから持ち込まれた疫病によるもの、土地が奪われ食料源が減った事などもありますが、一番の原因は迫害でした。

初めの頃には、お互い良好な関係を築こうと試みていた事もあったようですが、西洋人は文明を持たない原始的な生活をしているように見える彼らを劣っている民族と見下すようになります。

先住民の事をアボリジニと呼び、アボリジニを標的にしたスポーツハンティングをするなど、人間とも思わない扱いを繰り返し、消滅してしまった民族もたくさんあります。

入植者と上手くやっていた先住民もいたようですがそれはほんのごく一部で、多くの人たちが殺されたり、どんどんと水の少ない過酷な環境の内陸部へと追いやられて行きました。

盗まれた世代

そして更に悲しい歴史は続きます。

それまでイギリスの植民地だったオーストラリアは、1901年にイギリスから独立してオーストラリア連邦国となりました。が、アボリジニの人たちが国民として認められる事はありませんでした。
(正式に国民として認められたのは、それから60年以上経った1967年です。)

それどころか、白豪主義(White Australia policy)という白人を最優先にし、それ以外の人間を排斥する政策が制定され、アボリジニを消滅さてしまおうという動きもありました。

文明を持たない原始的な民族に白人の教育を施して、白人社会と同化して生きる事が正しいという価値観のもと、政府や教会は純血や混血のアボリジニの子供たちを親から強制的に引き離して収容所に入れました。

白人と同化して混血化が進めば、アボリジニの血は分散され消滅するだろうという目的もあり、親元から引き離された子供たちは全体の約3分の1、7万から10万人にのぼりました。

キリスト教を信じさせ、英語しか話す事を許されない生活を強いられた子供たちは、次第に自分たちの言葉や文化、アイディンティなどを失って行きました。

この世代は盗まれた世代(Stolen Generation)と呼ばれ、二度と肉親に会えなかった人や行き場を失った人たちが今でもたくさんいます。

収容所では、精神的、肉体的な暴力が行われる所もあったそうで、大切な子供の時期に親元から引き離されてそんな過酷な生活を強いられて育ったら、心が病んでも不思議ではないと思うんです。

過去の傷を乗り越えて暮らす人たちもいますが、傷が完全に癒えるのは難しいかもしれません。

この同化政策は1910年頃から60年以上にわたり行われたとも、もっと早く1800年代から始まっていたとか、つい近年まで行われていたとか色んな説があります。

実話を基にした映画

前述したケアンズの語学学校に通っていた時、選択授業で実話を映画にしたアボリジニの話『Rabbit-Proof Fence(裸足の1500マイル)』を観ました。

これは施設に強制的に収容された少女たちが、決死の思いで収容所から逃げ出し、西オーストラリアの広大な砂漠に張られているウサギよけのフェンスを頼りに親元に戻る話です。

1500マイルとはどのくらいか?1マイルが1609kmだから、2413,500km?
日本列島北から南まで約3000キロらしいので、どれだけ歩いたのか思うと気が遠くなる距離です。

確か逃走中にかくまって協力してくれた白人女性も登場したと思うのですが、それは第二次世界大戦中に脱走した敵国の日本兵をかくまったオーストラリア人の話を思い起こされ、世の中全ての人が悪ではないんだとは思うのですけど…。

どうも当時の政府側の言葉や態度などの記録を読んでいると、アボリジニの人たちを自分たちと同じように痛みを持つ血の通った人間として見てないように思うんですよね。何故なんでしょう。

人種差別は世界中の国々でも幾度となく問題になって来ました。
アフリカやアメリカの歴史を考えれば、この時代の白人 > 有色人という価値観は悲しいですが特別珍しい事ではなかったのかもしれません。

やっと公開された過去

アボリジニ側もただされるがままという訳ではなく、何とか西洋文化に認めてもらおうと、白人側を儀式に招待したり彼らの文化や文明を示したりと努力はしてきたようですが、根深い差別意識を拭うのは難しかったようです。

そして、この盗まれた世代の実態を一般の人たちが知るようになるまでには、更に年月を重ねた1997年まで待たなければなりませんでした。

1997年5月26日、連邦議会で680ページに及ぶ報告書『Bringing them Home』が発表されると、その同化政策の悲惨な現状にオーストラリア国内で大きな議論となりました。

翌年から謝罪の意味を込めて、5月26日はNational Sorry Dayと定められましたが、当時首相だったジョンハワード(John Howard)首相は謝罪を拒否。(遺憾だが謝らないという姿勢。)
それどころか否定的発言をし、翌日怒った人たちがハーバーブリッジで大きなデモを起こす騒ぎも。その中には白人の姿もあったそうです。

アボリジニの問題については複雑な事情も絡み合い、政府にとっても長い間大きな課題となっています。

謝罪として補助金も支給して来ましたが、この補助金で昼間からお酒を飲んだり、足りないので強盗まがいな事をしたりと問題は後を絶ちません。

そして貧困や環境のせいで十分な教育が受けられず、次に世代もまた同じ事を繰り返すと言う悪循環を繰り返したり、そもそも教育に対して不信感を持っているので学校にも行かない人も多いと言います。

文化を継承している人たちも、西洋人とは時間の感覚も何もかもの価値観が違い過ぎて、雇用するのも難しいという話も聞いた事があります。

西洋社会に順応する事が自分たちの文化の否定になってしまうという想いもあるようで、いくら住居を与えてもらったり学費を免除してもらったりしても、今までの事を考えればすんなりといかないのは無理もないかもしれません。

200年もの時を経て

そして2008年2月13日、アボリジニの人たちにとって大きな意味のある日となります。
当時の首相だったケビン・ラッド(Kevin Rudd)が初めて政府として公の場で謝罪したのです。

この演説を聴くために3000人もの人たちが遠方から集まり、オーストラリア各地の巨大スクリーンでも中継されたと言います。

演説の中でラッド首相は「Sorry」と何度か繰り返し、観衆は涙を流したり何とも言えない笑顔を見せたり、息を飲むような緊張と喜びが私にも伝わってきて印象的でした。

200年以上経って今更謝罪されても、大切だった貴重な時間は二度と戻って来ません。
それでも多くの人が、そのたった一言を長い間待っていたんだなあ、と彼らの表情を見ていて思いました。

「初めて否定されてきた日々が認められた気がした。」と語る人がいた事からも分かるように、これでやっとスタート地点に立てる人も多いのではないか、そんな気がしました。

差別意識

現在のオーストラリアでは差別は全くないかと言ったら、そんな事はありません。

何年か前にあるホテルでアボリジニを宿泊拒否してニュースに取り上げられて問題となっていましたが、そんな実際的な差別ではなくても、心の奥に潜んでいる無意識な差別意識を言葉の端々で感じてしまう事もあります。

でもだからと言って全ての人がそうだとは全く思わないし、人種ではなく危険な行動を取るから好きではないのだとか、補助金を授与するからには社会に馴染む努力をするべきだとか、そういう言い分も分かりますが、なかなか一筋縄ではいかない根の深い問題のように思います。

差別意識というものは、3歳までに染み込んでしまったら大人になってから完全に取り払うのは難しいそうです。理性では良くないと分かっていても、心の奥で無意識に差別してしまう。

そういうものも差別に入るとしたら、私たち日本人だって本人が気付いてないだけで、結構なレイシスト(差別主義)だと思いますし、色んな所で差別をしているはずです。
でもそれらを責めたところで意味がない気もします。

それでも

残虐な歴史はオーストラリアだけに限った事ではありません。
人類は長い歴史の中で、今では信じられないような酷い事をして来ており、この事実は変わらないです。

でも一番大切なのは今だと思います。
そして過去に起こった事を知る人が増えると良いなと思っています。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。