種類豊富なオーストラリアのシリアルやコーンフレーク、どれにする?

  • 2020年5月28日
  • 2020年7月21日
  • 食材

先日、パートナーから買い物に行くなら “Crunchy Nut” か “Froot Loops” というシリアルを買って来て欲しいと頼まれました。オーストラリアはシリアルの種類が豊富なので、好みが分かれますよね。

昔は私も色んな種類をひとつづつ買って試してみるのが楽しみだったのですが、きっとそういう人は多いと思います。

あなたのお気に入りはどれですか?

 

[adchord]

種類が豊富なシリアル

オーストラリアのシリアルって本当に色んな種類があるので、この国に来たばかりの頃はいつもどれにするか迷ってました。

わりと日本人に人気なのが Nestle から発売されているミロ (英語ではマイロ) のシリアルでしょうか。日本では売ってないので、試してみても良いかもしれませんね!ちなみに、ミロはオーストラリアで発明されたって知ってました?

シリアルとコーンフレークはどう違う?

意外とシリアルとコーンフレークは何が違うの?と思う人もいるかもしれないので説明しておくと、コーンフレーク (Corn flakes) というのはトウモロコシで作られたシリアル(Cereal) の種類のひとつです。

他にもオートミール (Oatmeal) というシンプルに加工したオーツ麦、それにドライフルーツやナッツなどを加えたミューズリ (Muesli)グラノーラ (Granola) は更にシロップなどを絡めて焼いたもので、全部総称してシリアルと呼ばれます。

そう考えると、とても全部は紹介しきれないほど商品があるので、今回は主なものを紹介しますね。

バラエティパックもおすすめ!

もしひとつに絞れないとか、ちょっとずつ試してみたいとかいう人には、ちょっと割高にはなりますが色んな種類が少しずつ入ったバリューパックもおすすめです。小分けになっているのでお土産にも良いかもしれないですね。

ただ、多分ですけどこのパックは Coles には売ってなくて Woolworths か IGA に行った方が確実かもです。

このケロッグ (Kellogg’s 日本だと “s” がない) という会社は日本でも有名ですが、オーストラリアの商品はオーストラリアの工場で作られているのでメイドイン・オーストラリアなんです。なので、本場アメリカと違うオーストラリア独自の商品も多いみたいですよ。

上の写真、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ちゃんと “Made in Australian” と書いていて、原料もほとんどがオーストラリア産です。

Crunchy Nut がおいしかった!

そして、これがパートナーに買って来てと頼まれたクランチーナッツ。いかにも普通のコーンフレークですね。

でもこの間の朝、パートナーがこのコーンフレークを食べる用意しているところにちょうど遭遇したので「あー、私も今朝はコーンフレーク食べようかなー」と初めて食べてみたのですが…、

Corn Flakes

普通のコーンフレークと思いきや、ハチミツの味が香ばしくてとってもおいしかったんです!なるほど、これはパートナーが好きなわけだわ…。

このシリーズでバーやグラノーラもあるみたいですね。多分これ、オーストラリアでしか売ってないんじゃないかと思います。

Kellogg’s Australia
https://www.kelloggs.com.au/

バラエティ・ファンパック

バラエティパックからも紹介しますね!Kellogg’s のファンパックは、楽しいシリアルが4種類入ってます。

Froot Loops

天然の着色料が使われているカラフルで甘いフルートループス。これ、パートナーが好きやつで、「これって子供が好んで食べるやつじゃないの?」という見た目通り、甘いです。

ちょっと気になるけど日本だし…という人には、日本でも “ユニコーンフルーツループ” というものが発売されているみたいですよ。

日本の Kellogg’s ウェブサイト
https://www.kelloggs.jp/

味はオーストラリアと同じなんでしょうかね?興味がある人はぜひ!

Nutri-Grain

Cereal

そしてこのニュートリグレインは、私がオーストラリアで初めて食べたシリアルなので、個人的に思い入れがあります。ホストファミリーの家ではいつもこれだったのでホームステイ中はこれにヨーグルトをかけて食べてたんですけど、ちょっと値段が高めなのでワーホリ時代は高級品だと思ってました。

ほんのり甘くておいしいのですが、パートナーは歯応えがあり過ぎて好きじゃないそう。うーん、そうかなあ…?結構これ人気あると思うんですけどね。

Coco Pops・Rice Bubbles

Cereal

ココポップスはお米のパフで、牛乳を入れるとパチパチ音がして楽しいので子供は喜ぶと思います。それにチョコレート味が牛乳に染み出てチョコレートミルクになるのもおいしいんですよね。最近ホワイトチョコレートも発売されたみたいです。

ライスバブルスの方はそんなに甘くないですが、こちらもパチパチ弾けますよ!

バラエティパックの方は7種類入っているので、お好みで色々試してみてください!

 

[adchord]

その他のおすすめ

他にも私が気に入っているシリアルがあるので紹介しますね。

Bush Foods Breakfast

私、一時期このブッシュフードブレックファーストにハマっていたんですけど、何が好きだったかってコーンフレークやパフ、オーツなどの中にマカダミアやマンゴー、ワトルシードなんかがごちゃっと入っていておいしかったし、何よりもオーストラリアのブッシュフードというのがオーストラリア感あって好きだったんですよね。

Dick Smith の商品ですが、同系列店の Coles でたまに売ってます。

Lucky Charms

ラッキーチャームスはオーストラリアではなかなか見掛けませんが、近所の IGA に売ってました。見た目からアイルランド産なのかな?と思ったら、どうやらアメリカのメーカーみたいです。

私もパートナーの事を言えなくて、こういうかわいい物が大好きなんですよねー。

で、こんな小さいカップも売ってたので、これを買ってみました。パートナーは呆れてたのですが、いやいや人の事言えないから (笑)

中身はこんな感じ。マシュマロみたいなやつは意外とサクサクしてて、甘くておいしかったので気に入りました。(体に良いのか分かりませんが)

多分これは輸入品じゃないかなあと思うのですが、こんなシリアルカップを売っているお店もあります。

おわりに

オーストラリアの人はシリアルが好きですよね〜。本当に種類が多いので色々試してみると楽しいかもしれませんね!同じメーカーでも国によって商品が違うのも面白いです。

ただ甘い物も多いので、もしかしたら糖分取り過ぎになるのでは?という気もするので、そこら辺も考慮した方が良いかもしれないです。もしカロリーが気になる人はオートミールの方がおすすめかも。

あと、シリアルバーのようなスティックタイプもたくさんあるのですが、あり過ぎて紹介できないのでまた改めて記事を書きますね!

あ、そう言えば、オーストラリアで最も有名なシリアル (多分) Weet-Bix の事を書き忘れたので、これも後日。

 

スーパーマーケットの商品はこちら

Down Under オーストラリア

今日のご飯を買ったりお土産を選んだり、誰もが必ず利用するスーパーマーケット。オー […]…

お土産リストはこちら

Down Under オーストラリア

食べのもの系のお土産を買うならスーパーマーケットにいきましょう!運が良ければセー […]…