オージーの大好きなベジマイトって何?

オージーの大好きなベジマイトって何?

オーストラリア人の国民食と言える物のひとつ、ベジマイト(Vegemite)。

オーストラリアの家庭には必ず置いてあるとも言われるこのベジマイトは、独特の塩辛い味がして外国人には不評な事が多いです。

オーストラリア以外に普及するとは思えないこの謎の食べ物、一体何なんでしょう?
という事で、ベジマイト徹底大解剖!

オーストラリアでは大人気

オーストラリア人には欠かせないこのベジマイト、年間22万個が販売されていると言います。

私がケアンズでホームスティをしてた時のホストファミリーも、出張の準備中冗談で「ベジマイトも持って行かなくちゃ♪」とか言っていましたし、80年代に世界的にヒットしたMen at Work の Down Underでもベジマイトサンドウィッチというフレーズが出てきます。

オーストラリアのホステルなどでは、時々宿泊をすると無料の朝食が付いている事がよくありますが、ベジマイトもちゃんと置いてあります。

あれは忘れもしない、2007年のサンシャインコーストのホステルの朝食。

大きなボウルにベジマイトがたっぷり用意されているのもだから、てっきりチョコレートと思ってたっぷりトーストに塗ってしまいました。もったいないので全部食べようとしましたが気持ち悪くなって、それ以来トラウマです。

こういう事もあるので注意してね(*≧∀≦*)

正しい食べ方

そもそもベジマイトをまずい!と言っている外国人は、食べ方自体が間違っている可能性が大な気がします。

そのままパクッと食べてもおいしいくないし、オーストラリア人だってそんな食べ方はしません。
例えれば、オーストラリア人がみりんを一口飲んで「まずい」と言っているようなものです。

ベジマイトの王道の食べ方は、こんがり焼いたパンに薄く塗る方法。
バターとの相性も良くて、一緒に塗ったら塩加減が効いておいしいんですよ!(試すのは自己責任でお願いします 笑)

だからワーホリの時に自分用に買って食べていた事もあります。トラウマ事件からやめましたが。

他にもマフィンに塗ったり、料理の隠し味として使うなどの使用法もあるらしいですよ。

私のオージーのパートナーも例外なく戸棚にベジマイトを常備しているのですが、聞いてみると “よくは覚えてないけど4歳の頃にはもうベジマイトを食べていた” との事。

ほとんどのオーストラリア人はベジマイトを子供の時から親しんでいて、栄養が豊富なので離乳食にも使われる事もあるんだそうです!

実際ベジマイトはビタミンB群が豊富に含まれている発酵食品なので疲労回復や美肌にも良いらしいく、第二次世界大戦の頃から今でも軍の栄養補給としても食されています。

マーマイトとベジマイト

ところで、このベジマイトとそっくりなマーマイト(Marmite)という物があります。

そっくりなのも当然。
ベジマイトはもともとイギリスで製造されていたこのマーマイトをお手本として1923年に開発されたものなのです。

そしてお隣の国ニュージーランドでは、Sanitarium社がニュージーランド独自のマーマイトを製造していて、味はニュージーランドのマーマイトの方が、イギリスよりも塩けが少なくマイルドだと言われています。

私もニュージーランドのマーマイトを少し舐めてみた事はありますが、私にはベジマイトとの違いがあまり分かりませんでした。

ベジマイトは野菜エキスなどが入っているのに対して、ニュージーランドのマーマイトは砂糖やスパイスが入っているらしいのですが、私にとってはそれほど大差がないように感じました。

うちのパートナーは、マーマイトは微妙に味が違うので親しみのあるベジマイトの方が好きだと言ってました。やはり子供の頃から食べ慣れた味が良いんでしょうね。

ちなみに、オーストラリア在住のイングランド人にどちらが好きかたずねてみた所、「今はベジマイト でもどっちでも良くなった。」との事です。

ニュージーランドでもベジマイトは50年に渡って製造されていましたが、オーストラリアの関係性や人気の関係で2006年に製造停止。ニュージーランダーにはマーマイトが優勢です。

そしてややこしいのですが、ニュージーランドもイギリスも同じマーマイトという名前で商標登録をしている為に相手国では同じ名前が使えず、イギリスのマーマイトをニュージーランド・オーストラリアに輸出する時は “Our Mite”、ニュージーランドのマーマイトがイギリスに輸出される時は “Vitamite” という商品名に変わるんだとか(笑)

ちなみにアイルランドではボブリル(Bovril)、スイスではセノヴィ(Cenovis)という名前で親しまれているようです。

2007年のアイルランドでは、セントパトリックデーを記念してギネスビールの酵母から作った限定のマーマイトも発売された事も。

そうです、これらの商品はビールを醸造する時に出来るビール酵母である、イースト菌抽出物から作られているんです。

近年オーストラリアでは、クリームチーズが入った商品も発売されました。

ベジマイトほど有名ではありませんが、Masterfoods社から “Promite” という製品も出ていて、これが意外に歴史も長く1950年代から販売。プロマイトの方がベジマイトよりが好きという人もいるようです。

類似品も色々あって、Dick Smithの製品がアデレードの会社の “AussieMite”と名前がかぶってしまい、商標登録を巡って裁判沙汰になった事もありました。結局今は “OzEmite” という商品名で販売しています。

ちなみに普通のベジマイトが麦の酵母から出来ているのに対して、このOzEmiteはトウモロコシから出来ているのでグルテンフリーなんだそうですよ。

そう言えば、2015年にはチョコレートでおなじみCadburyからベジマイト味のチョコレートが発売された事もありましたが、私もパートナーも手を出す気にはなれなくて食べず終いでした(笑)。

Limited Edition 2015

ベジマイトの歴史

ベジマイトが発売されたのは1923年です。

1922年、Fred Walker社が化学者Dr Cyril Percy Callisterを雇い、マーマイトに似た製品の開発を始めました。

そもそもはオーストラリアがイギリスから独立した翌年の1902年、イギリスでマーマイト(Marmite)という製品が発売された事から始まります。

ヨーロッパでビールの醸造が始まった17世紀からイギリスではビールを生産する時に出来る副産物のビール酵母の沈殿物を食べる習慣があったのですが、20世紀に入ってドイツの科学者がその酵母を凝縮する方法を発明したのを機にマーマイト社が商品化したのです。

第一次世界大戦が勃発し、その影響でマーマイトがオーストラリアに輸入されなくなったので、オーストラリアでも似たような物が作れないかと開発されたのがこのベジマイトです。

かくして酵母の沈殿物に塩や野菜の抽出物を混ぜて作られた粘着性のある黒いペーストは完成され、商品名は£50の賞金を付きで一般から募集しました。

そして、フレッド・ウォーカーの娘のシーラ(Sheilah)によって何百もの応募の中から “ベジマイト” という名前に決定され発売が開始されましたが、発売当初はマーマイトの人気が根強くて売れ行きはよくありませんでした。

1925年、ウォーカーはアメリカのビジネスマンJames L. Kraftと会社を提携し、Kraft Walker Cheese Co.と名を変えプロセスチーズの製造も開始。

1928年から1935年の間、ベジマイト の売り上げ向上を図ろうと実験的にベジマイトの名前を “パーウィル(Parwill)” と変更していた事があります。

スローガンは「Marmite but Parwill」。意味は以下の通り、オージージョークでした。

Ma might not like the taste, but I’m sure Pa will.
ママは味が好きじゃないかもしれないけど、パパは好きだと思うよ。

この分かりにくい戦略は成功せず、結局ベジマイトの売り上げは上がらないまま7年後に元のベジマイト という名前に戻されたんだそうです。
うーん…(^_^;)

(けど私のパートナーはこの名前を初めて知ったのに、Parwill と聞いただけでダジャレと分かってました!おそるべし!)

1935年、ウォーカーは心臓病で亡くなり、彼の会社はアメリカのKraft Foodsに買収されましたが、その後もベジマイトの売り上げ促進の為に様々なキャンペーンが実施されました。

チーズ製品を買うと無料のクーポンでベジマイトがもらえるキャンペーンや、アメリカの車が当たる詩のコンクールも開催。
これが功を奏し、少しずつベジマイトの人気が上昇していきます。

そして1939年に第二次世界大戦が勃発。

再びマーマイトの輸入が止まり、ベジマイトの需要は更に増えます。

ちょうどその頃、イギリス医学会からもビタミンBの豊富なベジマイトは支持され、オーストラリア軍の配給食としても活躍。

ベジマイトが開発されてから20年後の1942年にはオーストラリアのほどんどの家庭で食べられるようになるほど人気商品に成長していきます。

1954年入ると、明るくエネルギッシュなトリオが歌う「♪happy little Vegemites」がラジオで流れ、その歌は1956年のメルボルンオリンピックの時にはテレビコマーシャルとなり大ヒットしました。

こうしてベジマイトは栄養のある健康食品として子供から大人まで親しまれるようになり、オーストラリア人にとっては懐かしいふるさとの味となっていったのです。

もしももっとベジマイトの歴史やプロダクト、レシピなどを知りたい方は、こちらの英語ウェブサイトも見てみてください。
https://vegemite.com.au

ところで、ベジマイトは1935年にアメリカの会社に買収されてから、オーストラリアの国民食にも関わらず事実上90年以上もアメリカのプロダクトでした。

しかし去年2017年、メルボルンに拠点を置くBega Cheeseがベジマイトの権利を買い戻し、ベジマイトはついにオーストラリアの会社となりました。

気付いた人もいるかもしれませんが、今年撮った写真とそれ以前では微妙にラベルが違います。分かりますかね?

Before

After

※この記事は https://en.m.wikipedia.org / http://strayapedia.com / http://www.nma.gov.auなども参考にして書いています。

ベジマイトのおもしろトリビア

その他のこぼれ話☆

・Marmiteはフランス語で、フランス料理のキャセロール(Casserole)の名前から来ています。フランス語ではMarmeetと発音するそうです。

・ベジマイトの名前募集で見事優勝したのは、ビクトリア州Albert Parkの姉妹Hilda と Laurel Armstrong(当時18歳と20歳)。彼女たちはベジマイトガールズとして有名になりました。

・1984年4月にスーパーマーケット等で導入されたバーコードの電子スキャンでは、ベジマイトが一番最初のプロダクトでした。

おわりに

どうでしたか?健康志向の方はベジマイトが食べたくなったのではないでしょうか?
試してみるのは良いですが、あくまでも自己責任でよろしくお願いします!(笑)