シェープス (Shapes) のミートパイ味とソーセージ味をベジマイト味と比べてみた

オーストラリアの人気スナックとして知られているシェープス (Shapes) が、2019年1月にベジマイト&チーズ味を発売したは記憶に新しい人が多いと思います。

で、今度はなんと、12月の終わりに “ミートパイ味” と “ソーセージ・シズル味” が登場しました!(シズルとはジュージュー焼くとかそういう意味。)

この Aussie Legends シリーズはビスケットがオーストラリア大陸の形をしていて、味もオーストラリアを象徴する食べ物ばかり。

なので、お土産や話のネタにはピッタリなのですが、でも、それっておいしいの?どんな味?と思う人も多いでしょうから、実際に私が食べてみたのでレビューしますね。

 

[adchord]

バラエティパックがお得

それぞれの味を1箱 (165g) 分ずつ買っても良いのですが、ちょうど3つの味が5袋ずつ小分けになっているバラエティパックがあったので、そっちにしました。これだと、ばら撒き用のオーストラリア土産にも良いですよね!

前回、ベジマイト味が発売された時は「タスマニアがない〜!」という声も上がっていたようですが、今回は少しだけタスマニアの形も入ってます。

では、さっそく食べてみますね〜!

ソーセージ・シズル味

まずはソーセージ・シズル味から。絵を見たら分かるように、パンにソーセージと玉ネギを挟んでトマトソースを付けたものをソーセージとしてイメージしているようです。

う、う〜ん…。ソーセージと言われればソーセージかもしれない…。肉っぽい味にトマトソースだかマスタードだかの酸味も効いていて…。まずくはないけど普通でしょうか。

あまりパッとした特徴がない気がします。

ミートパイ味

次、ミートパイ味行きます!

…あっ!うん、ミートパイの味です!ほんのり牛肉ミンチの味と、しっかりしたパイ生地の味が。面白い〜!

特別おいしいかと言われれば別に…なんですけど、とにかく今までにない面白い味!という感じですね。

ベジマイト&チーズ味

やっぱりねえ、ベジマイト&チーズ味がおいしすぎて、他の味はこれを越えられなかった感が強いですね。

ベジマイトにチーズを組み合わせたのが大正解でしたね。チーズがベジマイトの変なクセのある味を消して、ちょうど良い塩加減がとてもおいしいのです。

もしこの3つの中だったら、私は間違いなくベジマイト&チーズ味を選びます。(うちのパートナーも同意見でした。)

ベジマイト完全攻略!まずいのは食べ方を間違ってる⁉︎

さて、ソーセージシズル味とミートパイ味は、最初は珍しくて買う人もいるでしょうけど、リピーター付くでしょうか?

ベジマイト味は限定品として発売されたものの、人気が出てレギュラー入りしたのですが、他の2つはどれくらい発売されるのでしょうか?試してみたいなら今のうちかもしれません。

他にもたくさんの味が

シェープスはティム・タムでも有名な Arnott’s社が出している、揚げずに焼いているスナックです。

毎年5,300万個以上売れているヒット作ですが、初めてシェープスが発売された1954年当時はポテトチップスのような形だったそうで、今のような平らなビスケットになったのは1974年から。

度々試行錯誤も行われていて、2016年には味のレシピを変えたのですが、多くの人に不評を受け、結局ナチョスチーズ味以外の味はもとの味に戻されました。
(参考: https://en.m.wikipedia.org/)

現在発売されている味は以下の通り。

  • Vegemite & Cheese (165g)
  • Original Barbecue (175g)
  • Original Pizza (190g)
  • Chicken Crimpy (175g)
  • Cheese & Bacon (180g)
  • Savoury (185g)
  • Cheddar (175g)
  • Flame Grilled Barbecue (175g)
  • Nacho Cheese (160g)

結構たくさん種類があるので、全部味見するのは時間がかかりそうですね!

シェープスのウェブサイト
https://www.arnotts.com/

一瞬販売された限定品

実は、オーストラリア形のシェープスは2012年にも販売されてたんです。

ただ、1月26日のオーストラリアデーから短期間しか店頭に並ばず、しかもコールス限定だったので、幻の商品と言っても良いかもしれません。私も一度見たきりでした。

せっかくオーストラリアっぽいのに、なぜ販売をやめるんだろう?とガッカリしたので、今回の新製品は嬉しいです!

今となっては幻のオーストラリアで発売された限定商品

おわりに

という事で、興味があったらぜひ、スーパーマーケットに行ってみましょう!