サボテンの国 Cactus Country でメキシカン体験!

サボテンの国 Cactus Country でメキシカン体験!

ビクトリア州の Murray Valley HWY を車で走っていると、また突然何にもない道路に『Now Open』の看板が現れました!

 

おっ、また何かあるけど、ここはどうする?寄ってみたい?

私たち、シドニーに帰る途中。でも、道路沿いに色々面白い所があるものだから止まってばかり。一体いつになったらシドニーに着けるの〜⁉︎ と思いつつ、やっぱり気になるんですよね。

 

んー、ちょっとだけのぞいてみようか!

だって、あなたもこんな門↓があったら気になりませんか⁉︎

Cactus County
4986 Murray Valley HWY, Strathmerton VIC

https://www.cactuscountry.com.au

月〜日 9am − 5pm

ここ、田舎だと思って侮ってたんですけど、良い意味で裏切られました!ちなみにメルボルンからだと北へ約250km、車で2時間45分くらいです。(車がないと難しいです。)

 

スポンサーリンク Advertisement

長〜い道を通って

入り口をくぐるとサボテンくんのハリボテがお出迎え。でも、ここからが意外と長い道のりでした!

看板を見て「へー、カフェがあるのか〜。それにサボテンケーキなんて面白そう!」とか思いながら進んでいきますが、

次の看板が見え、更に車を走らせます。

中はかなり広いみたいで全然到着しません。

えー、まだあるの⁉︎ 今思えば、お店側もかわいい看板でお客さんをお店にたどり着かせようと必死に誘導してますね。

ドンキーまで出てきた…。

もうサボテンくん見飽きたよ…。

あ、みかんの木?きれー。

やっとそれらしいものが見えてきました。長い道のりでした。

でも、何かかなり凝った建物のようです!

カクタスカントリー

こちらがそのメインの建物。

 

ん、ナイトツアーだって?

ただのお店かと思ったら、ツアーやイベントなどをやっている結構大きな施設のようです。

さっそく入ってみましょう!

とにかくどこもかしこもサボテン、サボテン!

日本語で「こんにちは」と書いてある!

これは一部なんですが、店内は結構な賑わいでした。そして、この時お客さん全員がアジア人(笑) 韓国人も目立ちました。店員さんはアジア人でもメキシコ人でもなさそうでしたけどね。

とにかく内装がサボテンだらけでかわいいんです。

私たちはサボテンケーキをオーダー!

意外と見た目も味も普通でおいしかったです (笑) パートナーは上にかかってたオレンジソースみたいなのがとても好みだったそうです。

サボテンアイスもあったのですが、サボテンアイスと言えば、今はなき宮崎県のサボテン公園で食べた事がありますが、ちょっと微妙だったんですよね〜。

ここはどうでしょう? 食べた人は教えてください。

飲み物も一応メキシカン。よくメキシカンレストランでこれ置いてますよね。

アクティビティ

ここは、先ほどのポスターにも書いていた通りカフェがあるだけではありません。

サボテンやグッズの販売がされている他、8種類のサボテンガーデンを歩くトレイル (有料) があって、そのサボテンの種類は約4000種!今回は時間がなかったので行きませんでしたが、次回もし機会があったら行ってみたいです。

大人 $17.50
シニア $15
子供 (5-15 years) $7.50
ファミリー $50

あと、ここで結婚式も出来るらしいですよ!

ある男性が叶えた夢

実はこのカクタスカントリー、新しい場所なのかと思いきや、1988年10月オープンなんだそうです。そして、そこにはちょっと心温まる家族のストーリーがありました。

1979年、父親が自慢のサボテンコレクションを売ろうとしている事を聞いた息子のジム・ホールス (Jim Halls) は、サボテンが人手に渡るのが心苦しくて、自らそれらを買い取る決心をしました。ジムは、父親の影響でサボテンがどんなに美しく人々を楽しませてくれるかを幼い頃から見て来ていたので、その魅力をもっと人々に広めようと考えたのです。

その3カ月前に結婚したばかりの学校教師ジュリーも彼の夢に賛同し、働き続けながら家計を助けました。もちろんジムもトマトやイチゴなどを作ったりしながら新しいサボテンの種植えや繁殖などをさせ、一生懸命に働き資金を貯めました。

そして4年後、ついに土地を購入。1984年には2度目のサボテンコレクション購入をしています。

そのコレクションは、南オーストラリア州在住で世界中を飛び回ってサボテンを集めていた男性のものでした。

彼は「サボテンたちは全部一緒に育てて欲しい」という遺言を残して亡くなったので、彼の兄弟たちがその希望を叶えてもらえるような人を探していて、ジムに白羽の矢が当たったのです。

こうしてカクタスカントリーはオープン。今では知る人ぞ知る、人気のスポットとなっています。

だから、お店の外にも中にもサボテンがたくさんあるし、こんなにもサボテンに対するこだわりが感じられるんですね。

おわりに

お店は本当にサボテンへの愛情を感じる明るい内装で、そこにいるだけで楽しくなって来るような場所です。

この Murray Valley HWY 沿いは面白い場所が色々。機会があればぜひ行ってみてくださいね!