世界3大の飛べない鳥 カソワリは要注意!エミューやダチョウとはどう違うのか?

世界3大の飛べない鳥 カソワリは要注意!エミューやダチョウとはどう違うのか?

オーストラリアにはユニークな動物がたくさん生息していますが、もちろんカンガルーやコアラだけでなく、例えば世界で最も大きな飛べない鳥ベスト3も見る事が出来ます。

さて、ここで問題!世界で最も大きな飛べない鳥ベスト3ってどんな鳥でしょうか?


↓ 答え

正解は『エミュー』『ダチョウ』『カソワリ』です!

でも、おそらく「ダチョウとエミューは分かるけど、カソワリってどんなんだっけ?」という人が多いかと思います。

カソワリはこの子

カソワリはオーストラリアの熱帯地域に1500〜2500 ほど生息していると言われる飛べない鳥です。

でもこの鳥、野生で遭遇した場合はちょっとドキドキしてしまいます。だって、アタックされたら怖いから。

 

Advertisement

カソワリってどんな鳥?

カソワリ (Cassowary) は、オーストラリア北東部の他にインドネシアやパプアニューギニアなどの熱帯雨林地域に分布している鳥で、オーストラリア固有の動物ではではありません。

でも、この辺りでしか見られない珍しい動物には違いないので、一目野生のカソワリを見てみたいと思う人もいるでしょう。(まあ、オーストラリア全土の動物園でだいたい見れるんですけども。)

それは良いのですが、カソワリは脚力が強くて鋭利な爪も持っているので、万が一襲われたら最悪の場合命を落とす事もあるかもしれない鳥です。なので、あまり刺激しない方が賢明ですよ。

そうは言っても、カソワリは気性は荒い面があるものの臆病な所もあって、私が遭遇した時はおとなしくじっと座っていました。

人間に慣れたカソワリもいるようですが、エサをあげている時に襲われたりもしてるようですので、危険な可能性がある事は頭の片隅に入れておいてくださいね。

カソワリについて

ちなみにオーストラリアに生息するカソワリは、カソワリの中でも『Southern cassowary (別名 double-wattled cassowary) 』と呼ばれる種類で、全部で3種のカソワリが存在します。

このカソワリも野生

しかも、この種類は赤い肉垂が付いている事から『ヒクイドリ (火喰い鳥)』という和名まであります。

日本にはいない鳥なのに、どうしてわざわざ和名が必要なんだろう?と思ったら、実はこの鳥、早くもオランダ貿易船によって江戸時代初期の日本に紹介されてたそうで、ヒクイドリはその時に命名されたものだったんですね。

(でも、この鳥をずっとカソワリと呼んできた私は、ヒクイドリという呼び方に違和感がありますので、この記事内ではカソワリという名前で統一する事にします。)

カソワリの生息地

オーストラリアのカソワリは、北東部の熱帯雨林気候の地域に生息しています。つまり、クイーンズランド州の上の方。

ケアンズから北上したケープトリュビュレーション (Cape Tribulation) 周辺や、南下したミッションビーチ (Mission Beach) 周辺にはカソワリの看板も出ています。

ミッションビーチにある看板

ミッションビーチには、巨大なカソワリのモニュメントも。

エミュー・ダチョウ・カソワリ

ところで、エミュー・ダチョウ・カソワリは姿形が似てますが、見分けがつきますか? ちょっと順番に見てみましょう。

エミュー (emu)
学名: Dromaius novaehollandiae

エミューはオーストラリア全土に分布し、古くから先住民の神話に登場したりオーストラリアの国章に使われたりしているオーストラリア固有の動物で、茶色の柔らかい羽毛を持つ穏やかな性格。

オーストラリアの国章はエミューとカンガルー

ダチョウ (ostrich)
学名: Struthio camelus

ダチョウはもともとアフリカやアラビア半島に分布していましたが、だんだん数が少なくなった後、オーストラリアにも移入されています。尾が白くてオスの羽毛は黒、メスは茶色です。

カソワリ (Cassowary)
学名: Casuarius casuarius

硬く黒い羽毛、青い顔と首、喉の周りの赤い肉垂、そして立派なトサカを持つのが特徴。

どうでしょうか、何となく違いが分かります?

どの鳥が世界一なのか⁉︎

では、世界一大きな飛べない鳥はどの鳥なのか⁉︎ 比較してみましょう。

エミュー:
高さ 約160cm〜2m / 体重 約40〜60kg
ダチョウ:
高さ 約2m〜2.8m / 体重 約63〜145kg
カソワリ:
高さ 約 130cm〜190cm / 体重 約30〜85kg

一番大きいのはダントツでダチョウですね!

でも、エミューはカソワリよりも高いけど、体重はカソワリの方が重い。どっちを大きいとするかは微妙なところです。

おわりに

まあ、何だかんだ言っても野生のカソワリと出会うと、怖い反面ちょっと嬉しいものです。とりあえず安全に楽しんでくださいねー。