オーストラリア国内の時差とデイライトセービング(夏時間)についてのまとめ

オーストラリア国内の時差とデイライトセービング(夏時間)についてのまとめ

オーストラリアは国土が広いので国内でも時差がありますし、デイライトセービング (夏時間) を採用している州もあるのでややこしいと思う人は少なくないかもしれません。

特に国内を旅行する時や州をまたいで知人に連絡を取る時など、時差を考慮しないとトラブルが起きてしまう可能性もありますよね。

とにかくニューサウスウェールズ、ACT、ビクトリア、タスマニア、南オーストラリアの皆さんは、夏時間になる10月の第1日曜日午前2時に時間を1時間進ませるのを忘れないでください。期間中は日本との時差が+1時間開きます。

そして、だんだん風が冷たくなって来る4月の第1日曜日午前2時 (夏時間の午前3時) には、また時計の針が1時間戻ります。

そんなオーストラリア国内の時差や夏時間について、こんがらがらないように分かりやすくまとめましたので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク Advertisement

オーストラリア国内の時差

まず、オーストラリア国内には基本的に東部・中部・西部で3つの時間帯 (タイムゾーン) が存在し、時差があります。

東部標準時間 (Australian Eastern Standard Time) UTC +10

クイーンズランド州 (QLD)
ニューサウスウェールズ州 (NSW) – Broken Hill は除く
オーストラリア首都特別地域 (ACT)
ビクトリア州 (VIC)
タスマニア州 (TAS)

中部標準時間 (Australian Central Standard Time) UTC +9.30

南オーストラリア (SA)
ノーザンテリトリー (NT)
ニューサウスウェールズ州 Broken Hill

※ 南オーストラリア州にあるアデレードとの経済的結びつきが強いBroken Hill は、ニューサウスウェールズ州ですが中部標準時間を採用しています。

西部標準時間(Australian Western Standard Time)> UTC +8

西オーストラリア(WA)

※ UTCとは、協定世界時(Coordinated Universal Time)という経度をもとに測定された世界基準のタイムゾーンの事です。ちなみに日本の時間はUTCは+9です。(東経135度から計算。)

これが通常のタイムゾーンですが、夏時間が採用される10月〜3月になるとタイムゾーンが3つから5つに増えます。

分かりやすく日本との時差で表すと、下のようになります。

4月〜9月

10月〜3月
(夏時間期間)

参考

何故そうなるかというと、夏時間を採用している州と採用していない州があるからです。

夏時間を採用している州

夏時間を採用するかしないかはそれぞれの州の判断なので、実施してる州としてない州があります。

夏時間を採用している州及び準州
(10月〜3月に時計を1時間進める州)

ニューサウスウエールズ州 (NSW) UTC +11
オーストラリア首都特別地域 (ACT) UTC +11
ビクトリア州 (VIC) UTC +11
タスマニア州 (TAS) UTC +11
南オーストラリア州 (SA) UTC +10.30
※南太平洋に浮かぶオーストラリア本土から東に約600kmに位置するニューサウスウェールズ州に属する島、ロードハウ島 (Lord Howe Island) だけは例外で30分進めます。

夏時間を採用していない州及び準州
(1年を通して時間の変更はない州)

クイーンズランド州 (QLD) UTC +10
ノーザンテリトリー (NT) UTC +9.30
西オーストラリア州 (WA) UTC +8

夏時間って何?

日本人にはあまりなじみがない夏時間ですが、1916年に不況時にドイツが節電の為に行ったのが始まりで、現在では70カ国以上がこの夏時間を採用しています。

要するに日が長くなる夏に時間を1時間 (例外あり) 早く進めるという事です。

例えば今まで午後5時だった時間が、夏時間になると1時間進めて午後6時になるので、オーストラリアと日本の時差も1時間だったのが2時間になるといった具合ですね。

オーストラリアでは夏時間が来るのも終わるのも午前2時なので、朝起きたら勝手に時間変わっているという感じで、iPhoneなどはインターネットさえ接続されていれば放っておいても勝手に時間が調整されています。

ただ、アナログの時計や電子レンジなどは時間を手動で合わせないといけないので少し面倒なのと、特に夏時間の始まりは遅刻しないように気を付けなければいけません。

夏時間の終わりは時間が1時間遅くなるだけなので時間が増えてラッキーな気分になりますが、始まる時は1時間消えてなくなるので睡眠不足になるなど生活リズムが崩れがちな時期でもあります。

日の出が早く日の入りが遅くなる夏の時間を1時間早めるメリットとしては、余暇活動など日中の活動が活発になり経済効果向上の狙いがあるのと、電気を使う時間が減る事による省エネ効果が期待されています。

確かにオーストラリアの夏は午後8時くらいまでは明るいので、時間をずらさなければ午後9時まで明るくて変な感じがするかもしれません。

夏時間は英語で何と言う?

オーストラリア、アメリカ、カナダ出身の人たちに英語で夏時間の事を言う時は “デイライトセービング (Daylight Saving) ”と言いましょう。

“サマータイム (Summer Time)” とも言いますが、これは主にヨーロッパでよく使われる言葉であって、オーストラリアではあまり通じず「は?夏の時間がどうした?」という事になります。

ちなみに、この記事では打ち込みやすいので日本語の “夏時間” という表記で統一しています。

おわりに

オーストラリアの時間帯について、整理が出来ましたでしょうか?

実は日本でも戦後1948年 (昭和23年) に GHQ (占領軍) の指導下において、夏時間が採用されいたそうです。でも、不評を受けて1951年(昭和26年)に廃止されています。そりゃあ日本では必要ない気がしますよね。

という事で、夏時間のある地域は時間を直すのを忘れないでくださいね〜!