Nathalia (VIC) の基本情報

Nathalia (VIC) の基本情報

今、オーストラリアでは100年以上前から使われている麦などを収納する巨大なセイロ (Silo) にアートを施す “セイロアート” が流行っているのだとアデレードにいるお義母さんに聞きまして、今回の旅行ではそのアートを何点か見てきました。

それで、パートナーと「これは私のサイトにもセイロアートマップを追加した方が良いかもね?」なんて話していた事もあり、普段だったら通り過ぎてしまうようなアートを見つけると、つい車を止めてしまう事がたびたびありました。

メルボルンから北へ231km に位置するこの小さなナサリア (Nathalia) も、そんな感じで少しだけ停車した町で、エチューカ側からMarry Valley HWY (B400) を走っている途中です。

 

Advertisement

ライオンズアニバーサリーパーク

パートナーが気になって車を止めてくれたのは、Blake Streetにある Lions Anniversary Park のウォータータワーのアートですね。

裏から見たところ。

そして、その手前にあるスリーパーカッター (Sleeper cutter) という斧を持った人の像は、2009年にBela (Bill) Angyal というアーティストによって建てられ、この町の歴史を象徴しています。

他にも、ここには戦争記念碑などが建てられてました。

ナサリアについて

ナサリアの人口は約1880人 (2016)。

もともと Yorta Yorta族が住んでいたこの土地は、1875年に白人によって発見され、ゴールドラッシュの中心地バララット (Ballarat) をモデルにして町が作られました。

町の名前は Yorta Yorta族の言葉で「石のない場所」という意味から来たという説と、ロシアのピョートル大帝 (Peter the Great) の母であるナタリヤ・ナルイシキナ (Natalya Naryshkina) から来たのではないかという説があるそうなのですが、なぜロシアが出てくるのかは不明です。(すみません ^^;)

町のインフォメーション(英語)
https://www.aussietowns.com.au

観光

19世紀の面影を残す古い建物の多い町ですが、73 Blake Street にある Barmah Forest Heritage & Education Centre は2011年に建てられた新しい施設で、リサイクル木材が使われています。

ここでは、この地域に住んでいた原住民の文化や木材産業、歴史などを知る事が出来ますので、もし訪れる機会があれば寄ってみると良いかもしれないですね。(毎日 9.00 am – 5.00 pm)

この町にはゴルフクラブもある他、町を流れる ブロークンクリークのウォーキングトラックを歩いたり、歴史的建造物を見て歩いたりするのが、楽しみ方のようです。