バンダバーグの歩き方♪

バンダバーグの歩き方♪

ある日、同じバックパッカーズの部屋の住民、佐野史郎に激似韓国人のテリーが私に言いました。

「えり知ってる?このバンダバーグには無料のジューがあるんだって!」
「え、ジューってなあに?」
「だからジューだよ、ジュー‼︎」
「えー???」

結局彼が言いたかったのは “Zoo(動物園)”の事でした。

「ああ、ズーね!」

韓国人が苦手とする発音の中に「ズ」が「ジュ」になるというのがありましたね。すぐ分かってあげれなくてゴメン‼︎(笑)

という事で、今回はバンダバーグシリーズの見どころの紹介です!

バンダバーグのファームの仕事については別の記事で書いてますので興味ある方はそちらもどうぞ(^o^)
猫も杓子もバンダバーグ!? 実際のところは…
トマトファームでピッキング専用の車にびっくり
何だそれ!? バッパーパニック Part1
何だそれ!? バッパーパニック Part2

無料で入れる動物園?

うん、確かにZooって書いてあります!本当に無料でした。
中心部からそう遠くない、Quay Streetにあります。

私が行った時は(2007年)、ほとんどが鳥類でした。
ニワトリ、アヒル、オカメインコ、エミューまで。
そしてオーストラリアの動物園でよく見る現象、オリの外にも鳥。これは飼われているのか野生なのか…?
他にはヤギがいたくらい? うーむ、動物園ねえ…。

 

ネットで確認したら、現在は爬虫類とかも増えたみたいです(笑)
想像してたものとは違いましたが、家族でのんびり過ごすには良い所だと思いますよ!

ちなみに普通に道を歩いていたら、ピンクの鳥、ガラー(Galah)に遭遇しました。
オーストラリアでは野生のカラフルな鳥を普通に目にする事も多いです。

シーズンだけオープンするいちごのカフェ

ちょっとバスに乗れば、すぐにビーチにも行けます。
中心部からバス20分くらいでBargara Beach というビーチに行けます。
周りにちょこちょこっとカフェなどのお店もあったりして。

あとElliott Headsという所の海もきれいですよ。
ビーチ沿いで食べるフィッシュアンドチップスはサイコー。

 

どこの町に行ってもそうですが、新しい町に着いたらまずインフォメーションセンターで情報収集するのが一番良いと思います。よっぽど小さい町でなければだいたいあります。
ガイドブックに載ってないローカル情報を得られたり、スタッフも常駐しているはずなので聞けば色々教えてくれたりするので私は必ず行きます。

で、多分そのローカル誌に載っていて知ったんだと思いますが、すごく気に入ってたカフェがこのBaragaにあります。
そこ、いちごファームと直結しているいちごカフェなんです♡

行った時はすでに10月の終わり。
“シーズンは終わりました” という看板が出ていて焦りましたが、カフェはギリギリ?オープンしてました!

外のガーデンスペースでおやつタイム。
いちごたっぷりのパブロヴァやらパンケーキやら色々頼んで大満足!

このカフェ、オフシーズンになるとクローズするみたいで、Googleマップとかで調べてみると2017年の今も健在♡ わー、なんか嬉しいです♡♡♡
2017年のシーズンがちょうど終わったのでで2018年5月から再オープンする予定だそうです。

Bargara Berries Cafe – Cream of the Crop
100 Hughes Rd, Bargara QLD 4670

他にも野菜や果物、ハンドメイドのジャムやソースなども売っていて、オフシーズン中はMillaquin Marketというスーパーマーケットの中のLavish Flower という所で買えるそうです。
なんか良いなあ。こういう所のって絶対おいしいんですよね。

バンダバーグは小さい町ですが、外国っぽいきれいな建物が多いと思います。
田舎ではありますが、ショッピングセンターやレストランもあって、ファームの町にしては何でも揃っています。
アジアンスーパーマーケットも数カ所あります。

ウミガメの産卵も見れる

他にもスキューバーダイビングのライセンス取得が日本よりも安いと言われるオーストラリアですが、その中でもこのバンダバーグは国内で一番安い事でも有名です。

世界自然遺産となっている世界最大の珊瑚礁群、グレートバリアリーフはこのバンダバーグがギリギリ最南端となっています。
ダイビングに興味のある人は検討してみるのもアリかもしれないですね。

そして中心部から12kmくらい離れたMon Repose Beach という所では、11月から3月にかけてウミガメの産卵を見るツアーが出ています。
少人数にグループ分けされて、午後7時半〜10時半の間に少しずつの人数で砂浜を歩きます。
私が参加した時は確か、まだちょっとシーズンが早かったのか忘れたんですけど “もしかしたら見れるかも”という確率だとの事でした。
暗闇の中かなりカメを探して歩いてみましたが、見る事は出来ませんでた。残念。

例のごとくお土産グッズとかもたくさん売ってました。(笑)

<おまけです>
近くの川沿いの公園を歩いていたら誰かの銅像ありました。

バート・ヒンクラー(Beat Hinkler) 1892−1933 って誰?と思って一応調べてみました。

バンダバーグ出身の航空のパイオニアで、イギリスからオーストラリアまでの初の単独飛行を行い、南太平洋の単独飛行を行った。Wikipedia より

へえー!

 

それにしても、やっぱりバンダバーグと言えばアレですね、アレ。
バンダバーグラム

やっぱりラム工場の見学は外せないイベントです♪
という事で次回はラム工場見学です!

バンダバーグラムとジンジャービア