チャイニーズニューイヤーと旧暦について

チャイニーズニューイヤーと旧暦について

中国系の人たちが多く住むオーストラリアでは、毎年1月後半〜2月頃になると町で赤いランタンなどを多く目にするようになります。これはチャイニーズニューイヤー (Chinese New Year) を祝うもので、各地でも色んなイベントが開催されます。

このチャイニーズニューイヤーの日は毎年違うのですが、2018年は2月16日(金)です。(それ以降の年は下記にて。)
その前日の15日が大晦日になり、お祝いは1週間ほど続きます。

この時期は多くの人たちが里帰りをしたり長期休業したりするので、中国系の会社と取引などをしている人は気を付けないといけません。

逆に長期休暇で多くの中国人観光客がオーストラリアにやって来る時期でもあり、それに伴ってホテルの値段などが一気に跳ね上がりますので、旅行する方はご注意ください。

 

スポンサーリンク Advertisement

チャイニーズニューイヤーって何?

チャイニーズニューイヤーというのはいわゆる旧正月の事で、英語ではChinese New Year もしくは Lunar New Year と言います。

では旧正月とは何か?

この“旧”という呼び方は日本が昔に使っていた暦だからで、こう呼ぶのは日本だけです。この暦は現在でも中国はもちろん韓国、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシアなど、多くのアジアの国々で採用されていて、正月は旧正月ではなく“春節”と呼ばれています。

この先10年の春節は以下の通りです。

2019年2月5日2020年1月25日2021年2月12日2022年2月1日2023年1月22日2024年2月10日2025年1月29日2026年2月17日 / 2027年2月6日2028年1月26日

でも、どうして年によってこんなに日付けが変わるのでしょうか?

旧暦と新暦

まず、日本が現在採用しているのはグレゴリオ暦 (Gregorian calendar) という暦で、こちらを旧暦に対して新暦という事になります。

これはヨーロッパを中心とした世界の多くの国々で使われている暦で、1872年 (明治5年) にヨーロッパ基準に合わせて日本でも採用されました。

旧暦と新暦の1番の違いは、旧暦は太陰暦 (太陰太陽暦)で主に月の満ち欠けを基準に、新暦は太陽暦で太陽を基準として地球の自転と公転から1年を換算するという事です。

だから両者にはどうしてもズレが出てきてしまい、それが毎年日付けが違う理由です。

太陰暦 (旧暦) とは

太陰暦は、新月を月の始まりとして、次の新月までを1カ月と考えます。つまり満月の頃がちょうど月の真ん中。

この新月から新月までの日数は、だいたい平均約29.5日。それが12カ月で1年は354日という事になります。

でもそうとすると季節がだんだんズレて来てしまうので、3年に一度閏月 (うるうづき) を設けて調整し、閏月がある年は1年が13カ月になります。

太陽暦 (グレゴリオ暦 / 新暦) とは

新暦は太陽の動きを基準として地球の自転と公転から1年を換算する暦で、ご存知の通り1年は365日。

しかし厳密に計算すると1年は365日と数時間なので、このわずかな時間差が積もり積もるとやっぱり季節のズレが生じて来ます。

だから4年に1度の閏年 (うるうどし) で通常28日までしかない2月に29日まである年を設けて調整しているのです。

グレゴリオ暦以前のヨーロッパではユリウス暦 (Julian calendar) という太陽暦が採用されいたのですが、この暦は季節のズレが大き過ぎるという問題があったので、1582年にローマ教皇グレゴリウス13世によって新しく制定されたのがグレゴリオ暦です。

このように旧暦と一言で言っても、長い歴史の中では色んな時代や民族によって様々な暦が存在します。

オーストラリアのイベント

さて、この時期オーストラリア各地では様々なイベントが開催されます。

沢山のランタンが飾られ、ライオンダンス (獅子舞) や ドラゴンダンスなどを始め、マーケットやワークショップなど盛りだくさんです。


シドニーのダーリンハーバーでは毎年恒例で中国のー伝統的なイベント、ドラゴンボートレースが行われます。

このレースは南半球では最大規模で、全長12メートルのドラゴンボートを約3000名をの漕ぎ手が参加し、約140艇の舟が出ます。

多くの見物客で賑わうチャイニーズパレードも恒例なのですが、現在ライトレールの大規模な工事でメインの道路が使えない為か行われてません。

おわりに

月の満ち欠けによって出産率や死亡率が変わり、女性の月経も影響を受けているというのは有名な話ですよね。

昔の日本人は月の満ち欠けを見ながら種蒔きなどを決めたり農産や漁業などにも活かしていたそうですが、最近またそういった農業が見直されていますし、月の満ち欠けに伴った生活をしようという考え方もよく目にするようになりました。

案外、意識して生活するのは良い事かもしれないですね!