マクドナルドでオージーバーガーを食べよう!

マクドナルドでオージーバーガーを食べよう!

おいしいハンバーガー屋さんがたくさんあるオーストラリアですが、あえてマクドナルドに行ってみるのはいかがでしょう?

日本との違いが楽しめますし、その国独自のバーガーメニューがあったりして楽しいものです。一応オーストラリアにもちゃんとオーストラリア限定バーガーもあるんですよ〜!

じゃあ、さっそく行ってみましょう!

 

スポンサーリンク Advertisement

オーストラリアのマクドナルド

日本ではマクドナルドの事をマックとかマクドとか呼びますが、オーストラリアではマクドナルドの事を マッカス (Macca’s) と言います。

マクドナルドのウェブサイトでもこのマッカスという言葉がたくさん使用されていて、私は見たことないですがマッカスと表記されているお店もあるのだとか。

ウェブサイト
https://mcdonalds.com.au/menu

オーストラリアでも $1 バーガー$2 チーズバーガーがありますし、朝マックメニューでベーコン & エッグマフィンなどがあるのは日本と同じです。バーガーの大きさは日本と変わりません。

もちろん “てりやきチキン” や “えびフィレオ” などはありませんが、その代わりアンガスバーガーというバーガーがあります。

アンガス (Angus) というのはスコットランド東部発祥のアンガス牛の事で、こっちではよく聞く名前です。
このアンガスバーがは結構ボリュームがあるので男性にもおすすめですよ。

そして最近(?)オーストラリア限定のオージーバーガー (McOZ) が復活したようですので、今回注文してみようと思います!

シドニー市内のマクドナルドへ

行ったのはシドニー市内の George St というメインストリートのマクドナルド。

前は何の建物だったのか、豪華な外観と内装です。(ちょっと今はライトレールの工事中でお見苦しいですが。)

手前にケーキやドーナツを売ってるマックカフェ (Mc Cafe) があって、バーガーの注文カウンターは奥です。

郊外にあるマクドナルドには、普通にすべり台など子供が遊べるスペースがあるのですが、ここにはありません。

郊外のマクドナルド

オーダーする

さっそくバーガーのオーダーです。
この時レジに行って直接オーダーしても良いのですが、機械でオーダーするのが便利です。

日本ではどのくらい普及しているのかは分かりませんが、オーストラリアのマクドナルドではここ2、3年くらい前からタッチパネル式の機械が導入されています。

タッチパネルなら、英語に自信がない人にも優しいですよね。でも何よりいちばん嬉しいのは、メニューが見やすい事!

こっちのファーストフードのメニューは上の方にしかないので、軽い近視の私には見にくくて仕方ないんですよ。何でなんでしょう〜?どこのファーストフードもそうです。

まずはバーガーのセクションを選んで、

今回はマックオージーを選びます。

セット (meal) なのか、単品 (just)なのかと聞かれるので、セットにしました。

サイズを聞かれますので、私はスモールを。

セットはポテト、グレービーがかかったポテト ($1.1 追加)、ガーデンサラダから選べます。

飲み物を選びます。この国ではファンタを選ぶと自動的にオレンジ味です。

後は店内で食べるのか、テイクアウェイなのか、支払いは現金かカードかなど聞かれます。

カードならその場で払えば良いのですが現金 (cash) を選んだ場合は、出てきたレシートを持ってレジで直接支払いをします。この支払いが済まないうちは作ってくれません。

レジで支払いが済んだら新たにレシートをもらいますので、そのレシート番号を呼ばれるまで “Pick Up” と書かれた場所周辺で待ってください。

今まで店内で食べてもテイクアウェイでも、ここでピックアップしてました、が!

今日はパネルでオーダーしてたら店員さんに

 

店内で食べるなら番号札どうぞ。

と番号札を渡されました。お会計の時にレジで番号札の番号を伝えたら、持って来てくれるそうです。

マクドナルドで番号札!そんな事、初めてです。ちょっと変な感じ(笑)

オージーバーガーを食べる!

さて、席で待ってたら、本当に店員さんが注文したバーガーをー持って来てくれました。

オージーバーガーを食べるのは10年以上ぶり、というかマクドナルドが久しぶりです。

バーガーはこんな感じ。
さっそくいただきましょう!

何がオージーなのかと言うと、中にビートルート (beetroot) が入ってるんです!要するに赤カブ? どういう訳か、オーストラリア人はこのビートルート が大好きなのです。

赤いビートルート 、分かりますか?
他にはオニオン、レタス、トマト、チーズ、そしてビーフは100%オーストラリア産だそうです。

ちょっとビートルート が小さくてびっくりしましたが、ジューシーでおいしかったです!

余談ですけど、オーストラリアのファンタって日本のものより色が濃い気がするんですが、どうなんでしょうね?

自分の好みのバーガーをカスタマイズ

それと、数年前に話題になってたパンの種類や具、ソースに至るまでを自分好みのバーガーがオーダー出来る “Create Your Taste” というサービスもあります。

そういえば私は利用した事ないんですけど、パネルボタンのいちばん上のーグルメクリエイションというボタンですね。今度試してみないとですね。

ソフトクリーム

あと、地味に人気なのがソフトクリーム (Soft Serve Cone)です!ちょっと甘い物が食べたいと思った時に、値段もサイズもちょうど良いんです。

確か $1 もしない50セントくらい。うちのパートナーはひとりで2つ頼みますが😓

他にもこのソフトクリームにストロベリーやチョコレートのかかったサンデーや、M&M’s のチョコレートが入ったものなどのバリエーションもありますよ。

おわりに

オーストラリアにいる人たちって、ー日本人も含めて健康志向の人が多いです。私も少しは気にしてますが、やっぱり時々ジャンクフードを食べたくなる時はあります。

だって、おいしいですよね、ジャンクフード (笑)
毎日は体に良くないですが、たまにはジャンクフードの日があっても良いと私は思ってます!