ケアンズの基本情報

ケアンズの基本情報

私は昔、ケアンズ(Cairns)に住んでいました。
そう言うと、よくケアンズ(Cairns)ってどんな所?と聞かれる事も多いです。という事で、旅の参考になれば良いなーと思ってちょこっとケアンズの基本情報をまとめてみました♪

ケアンズはクイーンズランド州(QLD)の最北部の都市で、州都ブリスベンの次に大きい都市。
クイーンズランド州の北にあるのでFar North Queenslandと呼ばれる事もあり、オーストラリア大陸を一周する国道1号線もここから始まります。

人口 : 約15万人(2017年のPopulation Australiaより)
南緯 : 16度、東経 : 145度
気候 : 熱帯雨林気候
雨季 : 12月〜4月くらい 乾季 : 5月〜11月くらい (多少の前後あり)
温度 : 夏は平均30度くらい、冬場でも平均17度〜25度くらい
日本との時差 : +1時間、サマータイムなし

大きい都市といっても、シティ内は歩いて回れるほど小さな町で、のんびりした南国の田舎町というイメージです。
日本人や韓国人が多い事でも有名で、町には日本語やハングルの看板もちらほら。

世界遺産に登録されてる世界最大の珊瑚礁地帯、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)や同じく世界遺産である世界最古の熱帯雨林(Wet Tropics)が見れる他、様々なアクティビティがケアンズ周辺で楽しめます。

一年中半袖で過ごせますが、公共機関やお店の中は冷房が効きすぎて寒い事も多いので、ジャケットはいつも持っておいた方が良いです

日差しは日本の約7倍あると言われてますので、サングラス日焼け止めは必需品。
日差しを甘く見て皮膚が真っ赤に腫れたり、サングラスなしで砂浜で昼寝したら一時的に目が見えなくなった日本人の話など聞いた事があるので充分に気を付けてください。
あとビーチサンダルもあると便利です。
あ、それからもし数ヶ月の長期滞在予定なのであれば、自転車を利用する可能性が高いので両手が自由になるバックパック(リュックサック)があると重宝しますよ。まあ現地でも買えるんですけどね。

それからケアンズを歩いていると先住民アボリジニが多い事に気付くと思いますが、ここら辺の人たちは危ない人が多いので、声を掛けられても無視するのが安全です。
みんながそうとは言いませんが、昼寝からお酒を飲み、歩く人にお金をくれと声をかけて回る人も多いのです。
自転車に乗っていても木から飛び降りて来て倒されたとか、家の中に入ってきたとか実際に体験した人の話にはいとまがありませんので、夜道や暗い場所を歩く時には充分に気を付けてください。

簡単でしたが基本情報はこんな感じです。
次回は具体的なシティの様子、アクティビティなども色々紹介しますね(^^)
私の情報は古いものも結構ある思うので、2017年現在の情報も併せながら書きます!

グレートバリアリーフとフィッツロイ島

ケアンズから始まった、私のワーホリ奮闘記はこちらです。
ホストファミリーと怒涛の1日目