【4コマ漫画】うちのパートナーは日本語がしゃべれません

時々、日本語の堪能なオーストラリア人パートナーを持つ日本人 & オーストラリア人カップルを見掛けますが、うちのパートナーの日本語は全然です。

まあ、語学というのは大人になればなるほど必要に迫られたり、しっかりとした目標があったりしないとなかなか身に付かないと思うので、オーストラリアで暮らしている限り難しいと思います。

パートナーが日本語を求められるシチュエーションなんてほぼないので、わざわざ勉強する必要性がありませんし、私も別に求めてませんし。

私は語学習得の大変さを嫌というほど知っていますからね〜。

うちのパートナーは日本語がしゃべれません




なんかねーどうせ説明してもどうせすぐ忘れてまた聞くんでしょ?と思ったら、面倒くさいんですよね。扱いが雑で申し訳ないのですが…。

パートナーだって私が「それってどういう意味?」と聞くと「Long story」とか「Hard to explain」とか言って誤魔化されるので、おあいこです。

昔はちょっと日本語をかじった韓国人の友人などによく「これって◯◯とどう違うの?」なんて日本語について聞かれたものですが、普段自然に使っている言葉を人に教えるのは結構難しいんですよね。

英語ネイティブなはずのオーストラリア人が英語の文法を説明できないのと同じく、日本語も無意識で使いこなしてるんだなあ…とオーストラリアに来てから実感しました。

猫は何語でも通じるらしいよ

ところで、猫は飼い主の言葉のエネルギーを読み取るそうなので、英語だろうと日本語だろうと理解できるそうですよ。

そう言ったらパートナーには鼻で笑われましたが、猫って私たちが想像している以上に私たちの言ってる事を理解していると思うんです。

猫が我が家に来て初めてパートナーが出張で帰って来なかった日、2匹が玄関でパートナーの帰りを待ってた事があって、私が「あ、ごめん!お父さん (パートナーの事) は今日は帰って来ないんだよ、言ってなかったよね!」と言ったら、2匹とも「えっ」という顔をしてすぐに部屋に入りましたもん。

だから、悪口とかも言わない方が良いですよ。

あと、うちに猫、時間も分かるかも⁉︎ 「ご飯はあと10分待ってね」というと、よく10分ぴったりに呼びに来るし、6時ぴったりに「夕食くれー」とねだって来たりするので。

まあ、信じてくれなくても良いですけどねー。