隠れた人気スポット “ビッグシングス” を知ってますか?

隠れた人気スポット “ビッグシングス” を知ってますか?

オーストラリア観光というと思い浮かぶのは何でしょうか?

一般的に海や自然のイメージが強いと思うのですが、もしも個性的な旅や記念撮影をしたいという人がいたらビッグシングス (Big Things) と呼ばれる巨大な建物を訪ねてみるのも面白いですよ!知る人ぞ知るオーストラリアの人気スポットをドライブコースなどに組み込めば、楽しい思い出になる事は間違いなしです!

コフスハーバーのビックバナナやサンシャインコーストのビックパイナップルは有名ですが、ほとんどの場所は日本のガイドブックには載ってません。

なので、州別の一覧表を作りました。情報は随時アップデートしていく予定です。

 

色んな人たちがネットに上げているビッグシングスリストを見ると、時にはただの看板だったり微妙な物も数多く存在し、ビッグシングスの定義は曖昧です。

当サイトではそれらを全部ひっくるめてビックシングスとしています。

 

Advertisement

ビッグシングスって何?

ビッグシングスというのは直訳すると “大きな物” 、つまり巨大な建物のことを指します。

その土地の歴史を象徴するものであったり名産の果物だったり、様々なバリエーションを持つこの巨大な建造物は、オーストラリア国内に150〜200以上はあると推定されている隠れた名所です。

はっきり数が確定できないのは取り壊されたり新しく生まれたりしているからで、一旦解体の危機に晒されたものの地元住民の猛烈な反対によって存続されているものもあれば、残念ながらなくなってしまったものもあります。中には期間限定などもあり、いつまでもそこにあるとは限らないのです。

反面、新たに建設され新しい観光スポットとして注目を浴びる場所も多く、それを旅行の目的地のひとつにするのも楽しいものです。

行く時の注意点

ビックシングスに行く際は必ず最新の情報を調べてからお出掛けください。情報は変わる事もあるので、行ったもののなくなっていたでは寂しいですからね。私は結構そういう事が起こりました。

住所やホームページがある所はなるべく当サイトにも記載しますが、とにかく数がすごいので全部は載せていません。名前を英語で検索すれば、ネットやグーグルマップなどでヒットすると思います。グーグルマップから写真で確認出来ればなお良しです!

60年代、道路沿いを走る車から何か客寄せで目を引く物がないかとビックバナナが建設されたのを皮切りに、巨大建造物の建設はある種のブームとなったのですが、そういう建物は目立つので見つけやすいです。

しかし時代とともに移動させられたり、小さな町に観光客を呼ぶ目的で建てられる事も多くなり、普通に通り過ぎてしまうような町や何故こんな場所に?と思うようなへんぴな場所に建てられている事も珍しくありません。

ビックシングスがある事を知らなくて見逃してしまい、後で残念に思う事もよくあるので、そういう時にこのサイトのリストを活用してくれれば良いなと思っています。

 

Eri

そう、ぶっちゃけこれは私が自分の為に作ったリストなんです。実際私が使ってみて不便な所は、これからも改善していきます。

交通手段は、有名な所なら過去の私のように長距離バスで観てまわれる所もありますし、車がないと行くのが難しい場所もあって色々です。

写真を撮るコツ

写真を撮る時のポイントは、建物がいかに大きいか分かるように人間も一緒に写す事です!対象物だけ写したのでは、他の人に見せた時にいまいち大きさが伝わらずもったいないですよ。

おわりに

こんな感じです。
わたしのこの趣味に賛同してくれる人も募集してます(笑)

ぜひ、頭の隅にでも置いてみてくださいね!