隠れた人気スポット “ビッグシングス” を知ってますか?

オーストラリアの観光と言えば何を連想するでしょうか?コアラやカンガルー?マリーンスポーツ?

そうですね、やっぱりオーストラリアは自然が売りではありますが、ちょっと人とは違う個性的な旅をしたい人にはビッグシングス (Big Things) と呼ばれる巨大な建物もおすすめです!

一見地味ですし日本人には知名度があまりないですけどね、熱狂的なファンも数多くいる隠れた人気スポットなんですよ。

実際、何もない田舎でいきなり動物とか果物のオブジェが現れたらちょっと楽しいですし、記念撮影やインスタ映えするスポットも多数あります。

ロードトリップの予定に組み込めば、旅が一層楽しくなるのは間違いなしです!

ビッグシングスについて

ニューサウスウェルズ州コフスハーバーのビッグバナナ

ビッグシングスというのは直訳すると “大きな物” 、つまり巨大な建物のことです。

60年代、道路沿いを走る車から何か客寄せで目を引く物がないかとビックバナナが建設されたのを皮切りに、様々な巨大建造物が建設されるようになり、オーストラリア国内である種のブームになりました。

次第に小さな町の観光客寄せ目的で建てられる事も増え、中には普通に通り過ぎてしまうような静かな町やなぜこんな場所に?と思うようなへんぴな場所に建てられている事も珍しくなくなっています。

建物もただのモニュメントの場合や、建物の中がお土産屋さんやレストランになっている場合もあり、形態は色々です。

オーストラリアにどれくらいあるの?

ニューサウスウェルズ州バリナのビッグエビ

その土地の歴史を象徴するものであったり名産の果物だったり様々なバリエーションを持ち、現在オーストラリア国内に150〜200以上はあると推定されているのですが、はっきり数が確定できないのは、取り壊されたり新しく生まれたりしているからです。

私も何年もビッグシングスを追いかけているのですが、よく調べてみると解体の危機に晒されたところで地元住民の猛烈な反対によって存続されていたり、残念ながらなくなってしまったりしている建物も少なくありません。

反面、新しい観光スポットとして新たに建設されてもいます。

ビッグシングスの定義と行き方

南オーストラリア州キングストンSEのビッグロブスター “ラリーくん”

ビッグシングスの定義は難しく、オーストラリアのビックシングスと認定されているものもあれば、ただ単に大きな看板だったり、これはビッグシングスなのか?と思うような微妙な物も存在するのですが、当サイトではそれらを全部ひっくるめてビッグシングスとしています。

それを旅行の目的地のひとつにするのも楽しいものです。

車ではないと難しい場所も多いですが、長距離バスでも行けたり、徒歩でも大丈夫な場所もあります。

どこで情報を得られるの?

クイーンズランド州サンシャインコーストのビッグパイナップル

コフスハーバーのビックバナナやサンシャインコーストのビックパイナップルは有名ですが、ほとんどの場所は日本のガイドブックには載ってません。

私はほとんど地元のパンフレットやインターネットで調べていて、ちょっと前にビッグシングス専用のインスタアカウントを作ったら、同じような人たちがたくさんいるのでそこで情報交換もしています。

ただ、今のところほぼ全部英語でのインフォメーションで、情報もバラバラあちこちに散らばった感じです。

なので、私独自でリスト作成していますので、まだまだ未完成ですがそちらも参考にしていただけたら良いと思います。それがこのサイトを立ち上げた理由のひとつでもあるので。

 

 

ビッグシングスを楽しむコツ

Goulburnニューサウスウェルズ州ゴールバンのビッグメリノ羊

せっかく巨大な建物を見に行ったなら、建物がいかに大きいか分かるように人間も一緒に入れて撮影しましょう!

対象物だけ写しただけでは、他の人にいまいち大きさが伝わらないかもしれませんからね。

ビクトリア州のビッグコアラ

おわりに

ね?結構楽しそうでしょう?

ぜひ、あなたのお気に入りを見付けてください!