コーヒー先進国オーストラリアのカフェを堪能しよう

コーヒー先進国オーストラリアのカフェを堪能しよう

オーストラリアの町を歩いていると、目移りするほどカフェが多い事に気付かされます。

もともとイギリス系移民が多かったオーストラリアですので紅茶文化も根付いているのですが、戦後イタリア移民がもたらしたという本格的なコーヒーは、現在のオーストラリア人にとってなくてはならない存在となっていています。

2014年にスターバックスが撤退を余儀なくされたほどオーストラリアのカフェのレベルは高く、世界的にも評価の高いバリスタも数多く存在します。

だからオーストラリアに来たならぜひ一度はおいしいコーヒーを味わってみて欲しいです。

ただ、オーストラリアのコーヒースタイルは日本とは違うエスプレッソベースなので、注文の際に最初は戸惑うかもしれません。
今日はそんなコーヒーについて詳しく解説してみたいと思います。

 

スポンサーリンク Advertisement

エスプレッソ式コーヒーとは

日本のコーヒーは、フィルターを使って抽出するドリップ式が主流で、浅煎りに焙煎された豆を使うのに対して、オーストラリアのエスプレッソ式のコーヒーは、深煎りの細かく挽かれたコーヒー豆からエスプレッソマシンで圧力によりエスプレッソ (Espresso) と呼ばれる濃いコーヒーを抽出します。

エスプレッソだけで飲むのなら、小さいカップでサーブされたエスプレッソに砂糖をたっぷり入れて一気に飲むのが本来の飲み方です、が!

このエスプレッソを元に、カプチーノやラテなどのコーヒーが作られますので、色々試してみてください!
エスプレッソとミルクとミルクの泡の割合で違うコーヒーになります。

専用のピッチャーにミルクを入れて、エスプレッソマシンで泡立てるのですが、この泡だて方でコーヒーのおいしさが変わるそうです。
このミルクからスチームミルク (Steamed Milk) としっかり泡だてられたファームミルク (Foamed / Froth Milk) が作られます。

コーヒーの種類

カプチーノ (Cappuccino)
カプチーノは、エスプレッソにスチームミルクとフォームミルクが均等に1/3ずつ入っていて、上にはココアパウダーがかかっているのが一般的です。

ラテ (Cafe Latte)
ラテはエスプレッソにスチームミルクたっぷり入っていて、表面に少しだけフォームミルクがある感じです。

フラットホワイト (Flat White)
フラットホワイトは、オーストラリアとニュージーランド発祥のコーヒーです。
エスプレッソに通常よりきめ細かく泡だてられたスチームミルクを入れたもので、ミルクの量はラテよりも少な目ですので、ラテよりもエスプレッソの味がしっかりします。フォームミルクは入りません。

マキアート (Macchiato)
エスプレッソに少量のフォームミルクを入れた濃いコーヒー。

モカ (Mocha)
エスプレッソにチョコレートパウダーとスチームミルク、少量のフォームミルクが入っています。

ロングブラック (Long Black)
日本のホットコーヒーを飲みたい時は、このロングブラックを注文すれば近いものが出てきます。
エスプレッソにお湯を足したものです。

アイスコーヒー (Iced Coffee)
日本のアイスコーヒーをイメージして頼むと、アイスクリームやクリームがたっぷり乗っていてびっくりするので要注意!

デカフェ (Decafe)
カフェインをほぼ含まないコーヒー。

※ 日本のアイスコーヒーが欲しければ “Iced Long Black (アイスド ロングブラック)” を頼むのが正解。でも、日本のように液体のガムシロップは滅多になく、普通に砂糖を出されるので溶けません。

☆おまけ☆
ところで、コーヒーの上にクリームが乗っているコーヒーを日本では “ウィナーコーヒー” と呼びますが、これはオーストリアの首都ウィーン (Wien) の名前が由来です。

でもこのウィーンという言葉、実はドイツ語なんですよ。英語ではビエナ(Vienna) と言います。だから英語圏でウィナーコーヒーを飲もうと思ったら “Vienna coffee” を注文してください。

ビエナコーヒーはカフェにはあまり置いてませんが、時々レストランのメニューにあります。

コーヒーを注文する

カフェはフレンドリーな店員さんが多く、常連になって店員さんに顔を覚えられると注文しなくてすぐにいつものコーヒーを作ってくれたり、話が弾んだりする事もありますので、しばらく滞在するならお気に入りのカフェを見つけてみるのも楽しいのではないかと思います。

多くのお店にはポイントカードがあって、コーヒー一杯につきスタンプ1個などのポイントを貯めて、コーヒーが一杯無料などの特典がもらえたりします。

さて、いよいよ注文です。

英語圏では「いらっしゃいませ」の代わりに「How are you?」と聞かれますので 「Good!」でも何でも良いので返しましょう。

店内で飲む場合は、レジで注文したら番号札を渡されて好きなテーブル席で待つカフェと、テーブルに座っていればメニューを持ってきてくれてオーダーを取りに来てくれるカフェがあります。
テーブル席でオーダーを取ってくれる所は案内してくれるので、すぐ分かると思います。

今回のカフェの店員さん役

 

“Can I have a Cappuccino, please. ”
(カプチーノください。)

牛乳ではなくて豆乳(Soy milk) などが良い時は、プラス¢30〜¢50 くらいで作ってもらえるのでこの時にしましょう。

“Which size would you like?”
(サイズはどうしますか?)

サイズはだいたいレギュラーかラージですが、お店によって量が違ったりするのでレジの近くにあるサイズ見本で確認して注文しましょう。
レギュラーサイズは普通だいたい$3〜$4くらいです。

“Regular size, please.”
(レギュラーサイズでお願いします。)

“Take away or have here?”
(持ち帰りですか、それとも店内で飲みますか?)

オーストラリアはイギリス英語なので、持ち帰りの事をTake−away と言います。テイクアウトではありません。(ちなみにアメリカ英語はTo goです。)

“Take way.”
(テイクアウェイで。)

“Sugar?
(砂糖は入れますか?)

“No thank you.”
(いりません。)

砂糖が欲しいと言うと、コーヒーの中に入れてくれる場合とスティックシュガーを渡される場合があります。

ちなみに何度か「Can I have a take away latte with no sugar please.」といっぺんに注文した事があるのですが、高確率で「Take away?」「Sugar?」ともう一度一回一回聞かれる事が多いので、今は注文する時は聞かれたらひとつひとつ答えるようにしています。

テイクアウェイの場合、会計が終わったら邪魔にならない所で待っていれば良いのですが、名前を聞かれて、出来たら名前で呼ばれる事もあります。

私の体験 その1

テイクアウェイコーヒーを頼んだら名前を聞かれて、紙コップにその名前を書いてくれるカフェがよくあるのですが、自分の名前の「Eri」というアルファベット3文字を伝えるのにひと苦労だった時代がありました。

私の名前はRが入っているのに実際の発音はLなので、スペルまで言わないとややこしく、昔学校に先生の「君の名前はLなのかRなのかどっちなんだ?」と、こんがらがってました。何故日本のローマ字は、ラ行を “L” じゃなくて “R” にしたんだろう?

かと言って「Eli」とか「Ellie」とかにスペルを変えてしまうと違う人間になったみたいで嫌なのでずっと「Eri」で頑張っているのですが、最初の頃は本当にカフェで正確に名前が伝わらなくて「Eric (エリック)」ならまだしも訳の分からないスペルで書かれている事もよくありました。

でも、ある日を境にちゃんと「Eri」と書かれるようになったんですよね。
よく分からないけど、私も成長したなあ(笑)

オーストラリアのカフェ

オーストラリアは朝早くからカフェで朝食を楽しむ人も多く、朝の早い時間からオープンしているのにはオーストラリアに来たばかりの頃は驚きました。

お店によりけりですが、だいたい午前7時頃にはオープンしていて、4時頃には閉店してしまうイメージがあります。土日・祝日は開いていないカフェも多いです。

あと、オーストラリアの人ってに座るのが好きで、大概外テーブルがあります。気候も良いですしね。
ついでに鳥がやたらとフレンドリーに近付いてくる事もあるので驚きます。

外席と言えばオーストラリアでは室内の喫煙は全面的に禁止されていますが、数年前まではカフェの外席なら喫煙出来たんです、が、現在はカフェなどの建物から4メートル離れた場所でしか喫煙してはいけないという法律で、喫煙者はますます大変のようです。まあ喫煙しない私は関係ないですけど。

紙コップとコーヒー豆

そしてカフェ好き女子の密かなお楽しみのひとつ、テイクアウェイをした時に入れてもらえる紙コップのデザイン。

コーヒー豆のメーカーのロゴだったりする事も多いですが、お店独自のデザインの紙コップもあって見ていて楽しいのです。
芸術的なものからシンプルな物まで本当に色々!

そんな紙コップや雰囲気につられてコーヒーを買う人もいれば、使っているコーヒー豆をしっかりチェックして決めるお客さんも。

私がよく見るメーカーはここら辺↓のメーカーですね。

 

お店独自の焙煎をしているカフェもありますので、自分の好みに合うコーヒーを本当に探そうと思ったら選択肢がたくさんあります。

私の体験 その2

本当においしいコーヒーを作るバリスタさんが働いている日は行列が出来るなんて聞きますけど、私はそんなにコーヒーの味の違いが分からないと思っていました。

でも味覚って、鍛えればある程度は変わるんですよ。
それを実感したのは、私がまだレストランで働いていた頃。

そのレストラン周辺にはおいしいカフェがたくさんあったので、休憩中にほぼ毎日バリスタさんの作るおいしいコーヒーを買って飲んでいた時期があります。

そして、久しぶりにセブンイレブンの$1コーヒーを飲んだら、前によく飲んでいた時は充分おいしいと思っていたのに、この時は全くおいしいと思えなくて自分でも驚きました。

つまり舌が肥えたんです。
そりゃプロのバリスタに機械は叶いませんよね。

でも、その後休憩中にコーヒーを買わなくなってからしばらくして、またセブンイレブンのコーヒーを飲んで見たら普通においしいと思いました。そう、舌が元に戻ってたんですね(^_^;)

バリスタさんの作るおいしいコーヒーを飲み続ければ確実に舌は肥えるんだなあと実感出来たおもしろい体験でした。(良いか悪いかは別として。) そして戻る時はすぐ戻る。

カフェアート

コーヒーの上にきれいなアートが施されているかどうかはお店 (バリスタ) にもよりますが、やっぱりあったら嬉しいですよね!

実は私、昔バリスタ1日コースというのをシドニーで受けてみた事があるんです。
(午前中がエスプレッソの淹れ方、午後がカフェアートで当時 $250 くらいでした。)

で、簡単なアートの描き方があって、ミルクの泡を丸くコーヒーの上に落として、それを楊枝でピーとひっかけばハートの形になります。

これ↓全部その方法で私が描いたもの。すごく簡単!

 

「なんだ簡単じゃん、楽勝〜!」と思ったのですが、コーヒーを入れながらアートを作る方法もあって、それも一応教えてもらいましたけど、何度見てもよく分からないです (ーー;) あれ、すごいですよね〜!


      

あ、でも最近はシドニーでもこんな↓カフェアートも見るようになって来ました。明らかにプリントですがインスタ映えコーヒーアート。

もっとこのアートのお店の詳細が知りたい人はインスタでどうぞ。

オーストラリアにコーヒーが根付くまで

さて、今でこそ盛んなオーストラリアのコーヒーの文化ですが、1930年代頃の主流な飲み物は紅茶でした。コーヒーも一応ありましたが、今のようなエスプレッソではなくフィルターのコーヒーだったそうです。

エスプレッソコーヒーは第二次世界大戦後にイタリア移民たちが広めましたが、その背景には政府の政策も大きく影響しています。

戦後、まずオーストラリア政府はコーヒーの輸入規制を解除しました。
そして新たな移民制度でイギリス以外の移民を広く受け入れるようになり、イタリア人も多くオーストラリアに移住して来る事が出来るようになったのです。

それ以後、コーヒーの文化はどんどん国内に浸透していき、現在のようなカフェ文化に発展していきました。
(ちなみに、オーストラリアで一番最初にエスプレッソマシンが商業用に使われたのは1928年。メルボルンの Bourke Street にあった Café Florentino だそうです。)

オーストラリア国内には Gloria Jean’s (グロリア・ジーンズ) や、The Coffee Club (コーヒークラブ) などの大手チェーン店が存在しますが、2000年に進出して来た日本でも人気のスターバックス (Starbucks) は、国内に約6,500店舗もあると言われる個人経営の小規模カフェの人気に勝てず、2014年に地元企業にWithers Group に運営を譲って撤退しました。

イタリアも同じような理由でスターバックスがないそうです。

おわりに

いかがでしたか?
こんなにもオーストラリアで親しまれているコーヒーの文化。
私もこれを書きながら、改めてカフェに行きたくなりました。

明日は何を飲もうかな?ラテ?フラットホワイト?
ぜひ色んなカフェを試してみてください!

オーストラリアの紅茶文化についてはこちらです!
意外と知らない? オーストラリアの紅茶の文化