絶対に外せない! コーヒー先進国オーストラリアのカフェ文化

絶対に外せない! コーヒー先進国オーストラリアのカフェ文化

オーストラリアには世界レベルのバリスタが数多く存在し、アメリカの人気チェーン店スターバックスも撤退するほどカフェ文化が根付いているのを知ってますか?

多くのオーストラリア人にとって生活になくてはならない存在となっているコーヒーの文化は、街を歩くと驚くほどたくさんのカフェがある事からも伺えます。

そんなオーストラリアのコーヒーは エスプレッソベース で、日本とは違うので、慣れないと何を注文すれば良いのか迷ってしまうかもしれませんね。

私のおすすめはオーストラリア・ニュージーランド発祥と言われているフラット・ホワイト ですが、その時の気分に合わせて色々飲みます。

では、詳しく見ていきましょう!

 

Advertisement

エスプレッソ式コーヒーとは

戦後にイタリア移民によってオーストラリアにもたらされたコーヒーは、イタリアと同じエスプレッソ式です。

日本のコーヒーと何が違うのかと言うと、日本は浅煎りに焙煎されたコーヒー豆をフィルターで抽出するドリップ式が主流なのに対して、オーストラリアでは深煎りの細かく挽かれたコーヒー豆をエスプレッソマシンの圧力により濃いコーヒーを抽出して作ります。

この抽出された濃いコーヒーはエスプレッソ (Espresso) と呼ばれ、専用の小さいカップに砂糖をたっぷり入れて一気に飲む事もありますが、このエスプレッソを元にミルクとミルクの泡の割合を調節してカプチーノやラテなどのコーヒーが作られます。

同じ豆を使ってもバリスタによって味が変わると言われていますが、ミルクを専用のピッチャーに入れて、エスプレッソマシンで泡立てる時の泡だて方などでおいしさが決まってしまいます。

泡だてたミルクは液状のスチームミルク (Steamed Milk) と泡だてられたフォームミルク (Foamed / Froth Milk) に分けられます。

コーヒーの種類

コーヒーの種類はエスプレッソ + スチームミルクと泡だてられたフォームミルクの割合で違います。ミルクの代わりに追加料金 (¢30〜¢50程度) で豆乳 (Soy Milk) にも変えられます。

カプチーノ (Cappuccino)
エスプレッソ・スチームミルク・フォームミルクが1/3ずつ均等に入ったコーヒーで、上にココアパウダーがトッピングされたりします。

ラテ (Cafe Latte)
エスプレッソにスチームミルクたっぷりと、表面に少量のフォームミルク。カフェアートもこのラテで施される事が多いです。

フラットホワイト (Flat White)
オーストラリア・ニュージーランド発祥で、エスプレッソと通常よりきめ細かく泡だてられたスチームミルクを入れたもので、フォームミルクは入っていないラテよりもコーヒーの味が濃い。

マキアート (Macchiato)
エスプレッソに少量のフォームミルクを入れた濃いコーヒー。

モカ (Mocha)
エスプレッソにチョコレートパウダーとスチームミルク、少量のフォームミルクが入ったコーヒー。

ロングブラック (Long Black)
エスプレッソにお湯を足したもので、日本のホットコーヒーにいちばん似ています。

デカフェ (Decafe / Decaffeinated)
カフェインをほぼ含まないコーヒー。

ベビーチーノ (Babyccino)
小さな子供の為に、フォームミルクの泡をカップに入れてココアパウダーなどがふられたもので、見た目はコーヒにそっくりです。

アイスコーヒーは要注意!

こっちで アイスコーヒー (Iced Coffee) を頼むと、アイスクリームやクリームがたっぷり乗っているのが普通です。日本のアイスコーヒーを想像してたらびっくりするので注意してください。

日本のようなアイスコーヒーが飲みたい時は Iced Long Black (アイスド ロングブラック) を頼んでください。だだし、こっちで液体のガムシロップを見かける事は滅多になく、普通の砂糖しかないのでコーヒーに溶けていきません。

ウィンナーコーヒー?

コーヒーの上にクリームが乗っているコーヒーを日本では “ウィンナーコーヒー” と言いますよね?ウィンナーコーヒーはあまりカフェに置いてる事はないのですが、コーヒーの話題が出ているので一応…。

ウィンナーという名前の由来はオーストリアの首都ウィーン (Wien) からですが、これ実は ドイツ語 で、英語ではビエナ (Vienna) と言います。つまりオーストラリアで “Vienna coffee” を見つけたら、ウィンナーコーヒーの事です!

美しいカフェアート

コーヒーの上に葉っぱやハートなどの絵を作るカフェアートは、芸術的です。

バリスタさんにもよりますが、特にシドニーやメルボルンあたりではラテやフラットホワイトを注文すると、だいたいこのカフェアートが施されている事が多いです。

      

シドニーでバリスタ1日コースみたいなものをやっていたので、挑戦してみた事があります。
(午前中がエスプレッソの淹れ方、午後がカフェアートで当時 $250 くらいでした。)

アートの描き方は色々な方法があって、初心者でもすぐ出来るのはミルクの泡をコーヒーの上に落として、それを楊枝などでひっかく方法。

 

これ↑全部その方法で私が描きました。これくらいならすぐ出来るのですが…。

オーストラリアにコーヒーが根付いた歴史

さて、今でこそ盛んなオーストラリアのコーヒー文化ですが、もともとイギリス系移民が多かったので1930年代頃の主流な飲み物は紅茶でした。コーヒーも一応ありましたが、今のようなエスプレッソではなくフィルターのコーヒーだったそうです。

第二次世界大戦が終結した後に、政府の新たな移民制度でイギリス以外の移民を広く受け入れるようになり、この時期からイタリア人移民も多く入って来るようになり、同時にコーヒーの輸入規制が解除された事によってコーヒーの文化はどんどん国内に浸透していきました。

オーストラリアで一番最初にエスプレッソマシンが商業用に使われたのは1928年、カフェ発祥地と言われるメルボルンの Bourke Street の Café Florentino です。

オーストラリア国内には Gloria Jean’s (グロリア・ジーンズ) や、The Coffee Club (コーヒークラブ) などの大手チェーン店が存在しますが、2000年に進出して来た日本でも人気のスターバックス (Starbucks) は、国内に約6,500店舗もあると言われる個人経営の小規模カフェの人気に勝てず、2014年に地元企業にWithers Group に運営を譲って撤退しました。

イタリアも同じような理由でスターバックスがないそうです。

コーヒーの味が分からない?

最後に自分の体験なのですが、コーヒーに限らず味覚はある程度鍛えられると思います。

本当においしいコーヒーを作るバリスタさんが働いている日は行列が出来るという話を聞きますけど、私はそんなにコーヒーの味の違いが分からないと思っていました。セブンイレブンの$1コーヒーでも十分おいしい、と。

でも、職場周辺においしいカフェがたくさんあったので、ほぼ毎日バリスタさんの作るおいしいコーヒーを買って飲んでいた時期があって、久しぶりにセブンイレブンコーヒーを飲んでびっくり!全くおいしいと思えませんでした。

そりゃ、機械で作ったコーヒーとプロのバリスタさんが作ったコーヒーを比べる方が失礼な話でしょうが、舌って本当に肥えるんですね!

面白いのが、しばらくバリスタさんのコーヒーを買わなくなって、またセブンイレブンのコーヒーを飲んだら普通においしいと感じた事。

舌が元に戻ってたんですね。私、もともとはそんなにグルメな舌を持ってないようです。

 

オーストラリアのセブンイレブン

おわりに

さあ、これでコーヒーはバッチリですね!コーヒー飲みたくなりません?

あなたのコーヒーはカプチーノ? それともフラットホワイト?

 

オーストラリアの紅茶文化についてはこちら

オーストラリアのカフェ記事はこちら