イギリスという国はある?英連邦って何?

イギリスという国はある?英連邦って何?

オーストラリアの正式名称はオーストラリア連邦(Commonwealth of Australia)です。

この場合の “連邦” とは、複数の強い政治的権限を持った州が集まって成り立つ国の事で、アメリカ合衆国のような国と似た意味を持っています。

そして、オーストラリアは英連邦加盟国 (Commonwealth of Nations)でもあり、同じ “連邦” という言葉を使うので時々混同している人がいるのですが、両者は別の意味です。

英連邦というのは、イギリスと特別な協定を結んでいる国で、オーストラリアのように独立したひとつの国家で行政のトップはその国の首相ですが、元首にイギリスのエリザベス女王二世を置いている国もあります。

だから、イギリスのエリザベス女王二世は、正式なオーストラリア女王でもあるんですね。
ただし、オーストラリアに女王は不在な為、女王代理という形で “総督 (Governer)” という人がいます。

でも、そもそも英連邦とは何でしょう?何の為にあるのでしょう?

 

スポンサーリンク Advertisement

イギリス=イングランドではない

英連邦の前にここをクリアにしておきたいのですが、イギリスは具体的にどこを指すのか分かりますか?

これ、以外に知らない日本人が多くて、イギリスをイングランドと思ってる人も多いようです。私も昔はそう思ってました。

確かに “イギリス” という言葉はイングランドが訛って出来たそうですが、イングランドの日本語はイングランドでイギリスではありません。(当たり前の事言うな!と思った人たちは流してくださいね ^_^; )

このイギリスと言う単語は日本にしか存在せず、ではイギリスを英語で何というかと言うと、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国 (United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland) です!

でも、この正式名称は長過ぎて大変なので最初の文字を取ってユナイテッド・キングダム (UK) と呼ぶのが一般的です。これなら聞いた事ありますよね?

「あれ?でもじゃあ、オーストラリアに来たらやたらよく聞く Britain (British) というのはどこの国?イギリスだと思ったけど??」と思った人もきっといますよね?

これはちょっとややこしいですが、ブリテンもUKと同じ意味で使われる事が多いです!

UKとBritainの違い

イギリス (イギリス人) =ブリテン (ブリティッシュ) と思っておけば、まあだいたいは合ってます。

ではここで詳しい地図を。

質問: ブリテンとはどこを指すのでしょうか?ユナイテッド・キングダムとどう違うのでしょうか?

イギリスの正式名称を見れば簡単ですね。

正解

ブリテン … イングランド・スコットランド・ウェールズの総称がブリテン。この3国はブリテン島にあるからです。

ユナイテッド・キングダム … イングランド・スコットランド・ウェールズ + 北アイルランド入れた4つの国を指します。

つまりイギリスというのは単独の国を指す言葉ではなく、4つの国が集まった連合国の事です。

昔はこの4つの国にそれぞれ王様がいて国を治めていましたが、現在ではひとりの王 (現在はエリザベス女王 二世) が4つの国を治めています。

ただし Britain を北アイルランドも含んだ意味で使い、それに対してブリテン島の3カ国を Great Britain と呼んで区別する事もあり、曖昧な言葉ではあります。

ちなみに北以外のアイルランドは1937年にイギリスから独立していますので、アイルランド共和国というひとつの国です。

1707年 –  グレートブリテン王国
イングランド王国とスコットランド王国が合併
1801年 –  グレートブリテン及びアイルランド連合王国
アイルランドが合同法によりグレートブリテン王国と合同になる。
1927年 – グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
アイルランド独立戦争により共和国として北部を残して独立

民族的にイングランドはアングロ・サクソン人の樹立した国家ですが、スコットランドやウェールズ、アイルランドはもともとはケルト人からなる国家です。

君主の存在しない国は共和国 (Republic)、君主のいる国は立憲君主国 (Constitutional monarchy) と区別され、天皇が置かれている日本はこれに当たります。
イギリスやオーストラリアなども君主はエリザベス女王 二世なので立憲君主国です。

オーストラリアと英連邦

つい百数年前までイギリスの植民地だったオーストラリアは、1901年にイギリスから独立してひとつの国となりましたが、王 (女王) はイギリスと同じ元首を持つ英連邦王国 (Commonwealth realm) となっています。

ややこしいのですが、オーストラリアの元首はイギリスの王 (女王) が兼任しているという事で、“君臨すれども統治せず” という言葉の通り、形式上、王 (女王) がオーストラリア政府が推薦した人物を代理として任命するという形になっていますが、実質的なオーストラリアの政権はオーストラリアの首相や内閣が担っています。

もともとイギリスをルーツとする人たちが多かったオーストラリアですので、当時多くの人たちがイギリスを祖国だと思っていたそうで、独立してからすぐ勃発した第一次世界大戦 (1914 – 1918) の時も、志願兵を募ってアンザック軍 (オーストラリア・ニュージーランド連合軍) としてイギリスに参戦しています。

オーストラリアの国旗を見てください。
左上にしっかりとイギリスのユニオンジャックが付いてますよね。

オーストラリア国旗

イギリス国旗

オーストラリアの$5紙幣やコインにも、イギリスのエリザベス二世が載ってます。

英連邦加盟国は世界で52カ国。

そのうちオーストラリアのようにエリザベス女王を元首とする国は英連邦王国(Commonwealth realm)と呼ばれ、2018年の現在16カ国の英連邦王国が存在します。

イギリス🇬🇧、オーストラリア🇦🇺、ニュージーランド🇳🇿、パプアニューギニア🇵🇬、ソロモン諸島🇸🇧、ツバル🇹🇻、カナダ🇨🇦、ジャマイカ🇯🇲、バハマ🇧🇸、バルバドス🇧🇧、ベリーズ🇧🇿、セントビンセント及びグレナディーン諸島🇻🇨、セントルシア🇱🇨、アンティグアバブータ🇦🇬、グレナダ🇬🇩、セントクリストファーネイビス🇰🇳

英連邦王国は元イギリス植民地だった国が多いですが、それ以外にも英連邦王国ではないけれど、英連邦に加盟している国(Commonwealth of Nations) というのもあって、そうなると他に36カ国となります。これらの国々は、その国独自に君主や大統領がいる国です。

インド🇮🇳、キプロス🇨🇾、マルタ🇲🇹、パキスタン🇵🇰、スリランカ🇱🇰、マレーシア🇲🇾、シンガポール🇸🇬、バングラディシュ🇧🇩、ブルネイ🇧🇳、トリニダードトバゴ🇹🇹、ドミニカ🇩🇲、ガイアナ🇬🇾、南アフリカ🇿🇦、ガーナ🇬🇭、ナイジェリア🇳🇬、シエラレオネ🇸🇱、タンザニア🇹🇿、ウガンダ🇺🇬、ケニア🇰🇪、ザンビア🇿🇲、マラウイ🇲🇼、ボツワナ🇧🇼、レソト🇱🇸、スワジランド🇸🇿、モーリシャス🇲🇺、セーシェル🇸🇨、ナミビア🇳🇦、モザンビーク🇲🇿、カメルーン🇨🇲、ルワンダ🇷🇼、トンガ🇹🇴、サモア🇼🇸、フィジー🇫🇯、キリバス🇰🇮、バヌアツ🇻🇺、ナウル🇳🇷

※ 加盟国は2018年時点です。

オーストラリアのように国旗にユニオンジャックが付いている国は結構あります。実は、カナダの昔の国旗にも付いていたんですよ。

ニュージーランド国旗

フィジー国旗

英連邦のメリットとは?

では、英連邦に加盟していると、どんなメリットがあるのでしょうか?

これには様々な意見があって、90年代にはオーストラリアを共和国化しようという議論が白熱したようですが、1999年に行われた国民投票では成立しませんでした。

生粋のオーストラリア人である私のパートナーにオーストラリアが英連邦国である事をどう思うか聞いてみました。

「他の連邦国にも行きやすいし、犯罪者が外国に逃げても連邦国なら捕まえられるし、政治、経済、輸入などの面でも恩恵があるし良い事がたくさんあるよ。」

と、英連邦国な事に不満はないんだそうです。

英連邦に加盟したいと希望する途上国も複数あり、加盟すると恩恵にあずかれるので人気(?)はあるようです。

英連邦諸国で1930年からオリンピックのように4年に1度コモンウェルスゲームという総合競技大会が開催されていて、英連邦国の中では有名なスポーツ競技大会です。
2018年の今年は4月にオーストラリアのゴールドコーストで行われました。

現地ゴールドコーストではキャラクターグッズ販売など、かなりあちこちで宣伝されてました。

最近イギリスのEU離脱が騒がれましたが、人口20億人を超える英連邦のネットワーク。もしかしたら、これから巨大経済圏となるのではないかという密かな噂もあります。

おわりに

いかがでしたか?
私もブログでイギリスという言葉をよく使いますが、一応イングランドとは使い分けて書いています。(時代的にまだアイルランドが入ってなかったりはするのですが。)

とりあえず、オーストラリアに来たらイギリス人はたくさんいますので、ここら辺の基本を押さえておけば、コミュニケーションが更にスムーズになるかもしれないですね!