オーストラリアの日本語情報誌 (フリーペーパー) まとめ

オーストラリアの日本語情報誌 (フリーペーパー) まとめ

海外の日本人の多い地域で発行されている無料の日本語情報誌は、オーストラリアにも数多く存在します。

英語なら Gumtree をはじめとする多くのサイトや地元情報誌がありますが、日本人に向けた日本語の情報に助けられる人も多いはず。

私もオーストラリアに初めて来た時は英語漬けを期待していたので「わざわざ海外に来てまで何故日本語?」なんて思ったものですけど、やはり日本人に合うように書かれている情報は重宝するんですよね。

新しいレストランの情報や各種イベント、ワークショップ、豆知識、それから、お得なクーポンなどが付いている日本語情報誌、オーストラリア全土にどれくらいあるのか調べてみました。

 

Advertisement

便利な日本語情報誌

日本語情報誌は日本食レストラン日系のエージェントなどで入手出来ますが、わざわざ取りに行くのが大変だという声もあります。

そんな人には朗報!今回調べてみて気付いたのですが、ウェブサイトで雑誌を丸々ダウンロード出来るサービスがありました。これはありがたいですね!

これなら日本や他の州からも情報収集がしやすくなりますし、スマホなどに入れておけば旅行の際の荷物にもなりません。便利になったものです。

オーストラリアの日本語情報誌

ウェブサイトでオーストラリア全土の情報を収集するなら JAMS.TV日豪プレス。日豪プレスは月刊誌も発行しています。

日豪プレス全国版

毎月1日発行 (A3)の日豪プレスは国内では最大規模。オーストラリアの政治・経済や国際情勢などの情報も日本語で読めます。ウェブサイトは全国の地域情報が検索出来ますが、紙面のイベントやレストランなどは主にシドニーメルボルン。これとは別に日豪プレスクイーンズランド版もあります。バックナンバーを含めてPDFでダウンロード出来るのが嬉しいところ。
http://www.nichigo.com.au/ja/publish/

『issuu – Read Magazines』というアプリでも読めます。 Nichigo Press と検索してください。

シドニー

日本のスポニチと提携して毎週金曜に発行されていた JENTA は数年前に廃刊になりました。

DOMO

冒頭で紹介したジャムズ (JAMS) が年に1度発行しているA5でコンパクトなハンドブック。生活には欠かせない情報が載っていてとても便利です。(昔は全国版で有料だったらしいです)
https://www.jams.tv/author/domo_sydney

MOVE

こちらは日豪プレス が年2回発行s いているA5のハンドブック。シドニーの便利情報が色々書かれています。PDFでダウンロード可能。
https://issuu.com/nichigopress

チアーズ

A3 でボリュームのある月間誌は、特にワーキングホリデー層に人気。ウェブサイトでバックナンバーも読めます。
https://cheers.com.au/

ジャパラリア

A4 サイズで薄めの月刊誌。主に女性をターゲットににしているだけあって、オールカラーで女心をくすぐる情報が満載。内容の一部はウェブサイトで読めて、年間定期購読 (有料) で取り寄せる事も。
https://japaralia.com/

メルボルン

メルボルンの日本語情報誌です。

デンゴンネット

メルボルンの月刊情報誌。ウェブサイトにも多くの情報が満載で、月刊誌はダウンロードして読む事が出来ます。
http://www.dengonnet.net/

Go豪メルボルン

JAMS.TV の運営しているメルボルンの日本語情報サイト。こちらはウェブサイトのみです。
https://www.gogomelbourne.com.au/

クイーンズランド

少し前までブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズをカバーするサザンクロスタイムズ (The Southern Cross Times) とバグース (Bagguse) という月刊誌があったのですが、サイトリンクが切れているので廃刊になったのかもしれません。ご存知の方は教えてください💦

日豪プレスQLD版

日豪プレスのクイーンズランド州バージョンです。時事ニュースやブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズなどの地域情報を掲載。こちらも雑誌のダウンロードが出来ます。
http://www.nichigo.com.au/ja/publish/

レッツゴー

ゴールドコーストに行ったらまず入手して欲しい、ローカル情報や割引クーポンなどが満載の年2回発行ミニ冊子。サーファーズパラダイスはカビルモールのビジターセンターにあります。PDFダウンロード も可。
http://nichigopress.jp/letsgo/

リビングインケアンズ

3カ月に1度発行されるA4サイズでカラーページが多いケアンズの情報誌。こちらもPDFでバックナンバーが読めて便利です。
https://www.livingincairns.com.au/

パース

パースの日本語情報誌です。

JA NEWS

パース発の月刊日本語情報誌。ウェブサイトでも多くの情報が掲載されています。PDFでダウンロード出来ます。
http://www.janews.com.au/

The Perth Express

A4の月刊誌。留学生から永住者まで幅広く利用できる情報が満載で、このサイトではパースのインフォメーションマップのPDFを無料ダウンロード出来ます。
http://theperthexpress.com.au/

パース通信

パース最大の日本語情報サイトで、ここから様々な情報が入手出来ます。ウェブサイトのみです。
http://www.perthnews.com.au/

アデレード

昔『U遊アデレード』という雑誌があったんですけど、ネットでは情報が出て来ませんでした。

Go! 豪!!アデレード

アデレードの情報サイト。周辺マップのPDFダウンロードも。
https://www.gogoadelaide.com.au/

タスマニア全体地図ホバート

ホバートのあるタスマニアは、やはり日本語の情報は少ないです。

あっとホバート

非営利で運営されているホバートのウェブサイト。
http://atcity.info/hobart/

ダーウィン

今のところダーウィンも日本語情報が少ないですが、ウェブサイトが少しありました。

あっとダーウィン

http://atcity.info/darwin/

ようこそダーウィン

https://www.darwinjapan.com/

 

Advertisement

どれくらいの人が利用してる?

ところで、ふと日本語情報誌ってどのくらいの日本人が利用しているのだろう?と気になったので、先日ツイッターで聞いてみました。

あえてオーストラリアに限定せずに聞いてみました。協力していただいた46人の方々ありがとうございます!

誰が答えてくれたかは分かりませんし、私のフォロワーさん周辺という事になるので偏りはあるでしょうが “絶対に読む” という人は意外といるんですね。

ネット普及によってガイドブックすら持ってないワーホリの人も多いので、私の体感では日本語情報誌の存在自体を知らない人が増えているように感じます。どうなんでしょう?

おわりに

正直、PDFで落とせるものが多くて驚きました。

普段、私は旅行の際にガイドブックを使いますが、プラス現地の細い情報があれば更に心強いと思います。うまく活用したいですね。

 

オーストラリアの基本情報はこちら