オーストラリアの日本語情報誌 (フリーペーパー) まとめ

オーストラリアは英語圏の国ですが、日本人留学生に人気の国であり日本人在住者も多いので、主要都市には数多くの無料日本語情報誌が存在します。

英語に自信がある人なら問題ないかもしれませんが、不慣れな土地で新しい暮らしをする時に日本語で情報を得られるのは心強いと感じる人も多いはず。

日本人好みのレストラン情報、イベント、ワークショップ、豆知識、それからお得なクーポンなどもゲット出来るかもしれない日本語情報誌。(もしくはウェブサイト)

オーストラリアの地域別にまとめてみました。

日本語情報誌はどこで入手出来る?

日本語情報誌が欲しければ、都市部の日本食レストラン日系のエージェントなどに行けば入手出来ます。

ただ、わざわざ取りに行くのが大変という人や、田舎の方に住んでいるのでいけない人もいますよね。

そんな人にも朗報!最近ではインターネットから PDF で丸々ダウンロード出来る雑誌が増えて来ました。なので他の州の人も、オーストラリア国外の人も昔よりもずっと情報収集がしやすくなっています。

データだけならコンパクトに持ち運びも可能ですし、便利な世の中になりましたね。

州別の日本語情報誌まとめ

ウェブサイトでオーストラリア全土の情報を収集するなら JAMS.TV日豪プレス。日豪プレスは月刊誌も発行しています。

日豪プレス全国版
毎月1日発行 (A3)の日豪プレスは国内では最大規模。オーストラリアの政治・経済や国際情勢などの情報も日本語で読めます。ウェブサイトは全国の地域情報が検索出来ますが、紙面のイベントやレストランなどは主にシドニーメルボルン。これとは別に日豪プレスクイーンズランド版もあります。バックナンバーを含めてPDFでダウンロード出来るのが嬉しいところ。
http://www.nichigo.com.au/ja/publish/
『issuu – Read Magazines』というアプリでも読めます。 Nichigo Press と検索してください。

ニューサウスウェルズ州 (シドニー)

日本のスポニチと提携して毎週金曜に発行されていた JENTA は数年前に廃刊になりました。

DOMO
冒頭で紹介したジャムズ (JAMS) が年に1度発行しているA5でコンパクトなハンドブック。生活には欠かせない情報が載っていてとても便利です。(昔は全国版で有料だったらしいです)
https://www.jams.tv/author/domo_sydney
MOVE
こちらは日豪プレス が年2回発行s いているA5のハンドブック。シドニーの便利情報が色々書かれています。PDFでダウンロード可能。
https://issuu.com/nichigopress
チアーズ
ワーキングホリデーなどの若い層に特に人気がある A3 サイズのボリュームのある月間誌。ウェブサイトでバックナンバーも読めます。
https://cheers.com.au/
ジャパラリア
A4 サイズで薄めの月刊誌。主に女性をターゲットににしているだけあって、オールカラーで女心をくすぐる情報が満載。内容の一部はウェブサイトで読めて、年間定期購読 (有料) で取り寄せる事も。
https://japaralia.com/

ビクトリア州 (メルボルン)

メルボルンの日本語情報誌です。

デンゴンネット
メルボルンの月刊情報誌。ウェブサイトにも多くの情報が満載で、月刊誌はダウンロードして読む事が出来ます。
http://www.dengonnet.net/
Go豪メルボルン
JAMS.TV の運営しているメルボルンの日本語情報サイト。こちらはウェブサイトのみです。
https://www.gogomelbourne.com.au/

クイーンズランド州 (ブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズ)

少し前までブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズをカバーするサザンクロスタイムズ (The Southern Cross Times) とバグース (Bagguse) という月刊誌があったのですが、サイトリンクが切れているので廃刊になったのかもしれません。ご存知の方は教えてください💦

日豪プレスQLD版
日豪プレスのクイーンズランド州バージョンです。時事ニュースやブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズなどの地域情報を掲載。こちらも雑誌のダウンロードが出来ます。
http://www.nichigo.com.au/ja/publish/
レッツゴー
ゴールドコーストに行ったらまず入手して欲しい、ローカル情報や割引クーポンなどが満載の年2回発行ミニ冊子。サーファーズパラダイスはカビルモールのビジターセンターにあります。PDFダウンロード も可。
http://nichigopress.jp/letsgo/
リビングインケアンズ
3カ月に1度発行されるA4サイズでカラーページが多いケアンズの情報誌。こちらもPDFでバックナンバーが読めて便利です。
https://www.livingincairns.com.au/

西オーストラリア州 (パース)

パースの日本語情報誌です。

JA NEWS
パース発の月刊日本語情報誌。ウェブサイトでも多くの情報が掲載されています。PDFでダウンロード出来ます。
http://www.janews.com.au/
The Perth Express
A4の月刊誌。留学生から永住者まで幅広く利用できる情報が満載で、このサイトではパースのインフォメーションマップのPDFを無料ダウンロード出来ます。
http://theperthexpress.com.au/
パース通信
パース最大の日本語情報サイトで、ここから様々な情報が入手出来ます。ウェブサイトのみです。
http://www.perthnews.com.au/

南オーストラリア州 (アデレード)

昔『U遊アデレード』という雑誌があったんですけど、ネットでは情報が出て来ませんでした。

Go! 豪!!アデレード
アデレードの情報サイト。周辺マップのPDFダウンロードも。
https://www.gogoadelaide.com.au/

タスマニア州 (ホバート)

ホバートのあるタスマニアは、やはり日本語の情報は少ないです。

あっとホバート
非営利で運営されているホバートのウェブサイト。
http://atcity.info/hobart/

ノーザンテリトリー (ダーウィン)

今のところダーウィンも日本語情報が少ないですが、ウェブサイトが少しありました。

Australia’s Northern Territory
https://northernterritory.com/jp/ja
あっとダーウィン
http://atcity.info/darwin/
ようこそダーウィン
https://www.darwinjapan.com/

 

現地日本人の利用状況

ちなみに、私がツイッターで繋がっている人たちはオーストラリア在住者、もしくはオーストラリアのワーホリさんや学祭さんが多いので、どのくらいの人が日本語情報誌を利用しているのか聞いてみました。

あくまでも私周辺ですし、協力していただいたのは46人の方々なので偏りはあるかもですが、参考程度に。

意外と絶対読む人もいるんだなあと思いました。

私がワーホリの頃はインターネットもお金がかかりましたから、こういう紙の情報を一生懸命読んだものですが、近年のネット普及で最近はガイドブックすら持ってない人も増えて来ている気がします。

なので、日本語情報誌の存在自体を知らない人も珍しくないような…。

私としては、ガイドブックプラス、こういう情報誌で現地の細い情報まで調べたい派なので、重宝してますけどね。

おわりに

正直に言うと私がオーストラリアに来たばかりの頃、なぜわざわざ英語圏に来ているのに日本語で情報を取ろうとするのか?邪道ではないか?なんて考えた時期もありました。

でも、やっぱり日本人が発行しているものは日本人に合うように作られているので、便利なんです。

うまく活用してみてくださいね。
 

オーストラリアの基本情報はこちら

Down Under オーストラリア

オーストラリアはオセアニアにある国です。 イギリスの植民地から独立したのは190 […]…