オーストラリアのハロウィンってどんな感じ!?

オーストラリアのハロウィンってどんな感じ!?

10月31日はハロウィン (Halloween)!
日本だったらこの時期が近づくと街がハロウィングッズでいっぱいになりますよね〜。

外国では子供たちがお化けの格好をして「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ〜!(Trick or Treat!)」と言いながら近所の家をまわるというハロウィンはアメリカのイメージが強いですが、オーストラリアはどんな感じでしょう?

 

スポンサーリンク Advertisement

盛り上がるオーストラリア?

「は?ハロウィンなんて、アメリカの行事だぜ!」

そんな風に、自分には関係ないと思っているオーストラリア人は多いみたいです。最近こそだんだん若い層に浸透して来た感じがしますが、年配の人は日付さえ知らない人も多いようで、私のパートナーも例外ではありません。

これでも私、20代の頃はパーティやイベントが大好きで色んな集まりに参加したりホームパーティを企画したりしたものですが、外国人の集まるハロウィンパーティなんてそりゃもうすごかったんですよね。

外国人のパーティは大の大人たちが本気で仮装してクオリティもすごかったので、仮装好きのオーストラリアはさぞかしすごいんだろうなあ〜と期待してました。けれど…、

しーん…。

町も静かだし特にハロウィンらしきディスプレイも見当たらず、がっかりでした。

と思っていたのですが!

基本的にゾンビ?

ここ数年、少しずつ仮装する人を街で見る確率が上がってきました。本気になるとオーストラリア人はすごいです。

何度かゾンビの群れと遭遇して「何これ?」とびっくりしてましたが、これはゾンビウォークというイベントです。

ウェブサイト
https://sydneyzombiewalk.com.au

シドニーのゾンビウォーク
恐怖の⁉︎ゾンビウォーク in シドニー

ゾンビウォークはシドニーでは2009年から始まったそうで、参加費はブレインファンデーションの資金となります。

   

日本の仮装はかわいい系が多いですし、日本でゾンビの格好をした団体が問題になっていた記事も読んだ事がありますが、オーストラリアでは子供から大人まで本気のゾンビです。

パブやレストランイベント

ハロウィンのイベントも実は探せばそれなりに出て来ます。

あるパブでは有料のハロウィンパーティが行われ、中は完全ハロウィン仕様でしたが、無料でやっている所もあります。

これは有料だったパブ

小さいレストランとかパブでも、意外とパーティやっています。

ハロウィンパーティがあるレストラン
50年代スタイルのクレープレストラン Doughbox Diner

確かにここ数年、よく見たらハロウィンディスプレイをしているお店をポツポツ見かけます。

タイレストランに行ったらこっそりハロウィンだった。

これ、日系のカップケーキ屋さんです。

あと、よく日本語情報誌に日本人のワーホリの子達が集まってやっている仮装コンテストイベントが載ってます。これは参加した事はないですが、ワーホリ同士の親睦会みたいなものですかね?

ハロウィングッズを手に入れよう!

とにかくハロウィングッズを買うなら中国系の安い雑貨屋 Dollar King や2012年辺りから増えた日本のダイソー、それからパーティグッズ専門店に行くと良いです。後はスーパーマーケット?

スーパーマーケットでもハロウィン

ローカルのスーパーマーケットでも時々ハロウィン限定商品を見つける事があります。

毎年売られているものが違うしよく探さないと見つからなかったりしますが、それがちょっと楽しみだったりします。

生のカボチャを売っている事もあるんですよ!

何年か前にシドニー市内のスーパーマーケットにもハロウィン仕様に彫られたジャック・オ・ランタン (Jack-o’-Lantern) の生のカボチャを売ってましたが、市内はアジア人だらけだからかあまり売れてなさそうでした😅

うーん確かに興味津々ではありますが、これを買うかどうかは考えてしまいますよね。郊外の一軒家とかの庭先なら、キャンドルを立てて飾っておけばかなり雰囲気が出てかわいくなりそうですけどね。

この年以来、シティで生ジャック・オ・ランタンを売っているのは見たことありませんが、ただのカボチャなら売っていたりします。
出来上がったものが$25〜くらいする事を考えると、$3しないのでとっても安い!…けど自分で作るのは大変そうですね。

ちゃんとやってた子供のイベント!

さて、今まで主に大人たちのハロウィンの楽しみ方を紹介して来ましたが、子供たちが変装して「Trick or Treat!」と言いながら近所をまわるハロウィンナイトもちゃんと開催されているようです。

ただ、郊外の住宅街で行われる事が多く、特に公の告知などはなく近所の知り合い同士でやる感じなので、シティに住んでて子供もいない私は最近まで全然知りませんでした。

お菓子を用意してくれている家は、庭にデコレーションが施されているのですぐ分かるようです。
小さい子供だけではなく、ティーンエイジャーたちも大勢参加していてすごい人らしいので、ぜひ一度は見てみたいものです。

そもそもハロウィンの由来とは

ハロウィンという名前は、カトリックの11月1日の記念 “諸聖人の日 (All Hallows Day)” が語源で、前夜祭を意味する “All Hallows Eve” が短縮され “Halloween”となったそうです。

アメリカの行事と思われがちなハロウィンですが、実はハロウィンがアメリカに根付いたのは19世紀以降。もともとはアイルランド人やスコットランド人などの祖先となる古代ケルト人の信仰が起源なんです。

収穫も終え秋の終わりを意味する10月31日、寒くて暗い冬に死者が訪ねてくると信じていた人々は、収穫祭としてかがり火を炊いたり、仮面を被ったりして魔女や悪霊から身を守ろうとしました。現代に受け継がれているお化けや魔女などのおどろおどろしいイメージはその為です。

子供たちが仮装をして家々を訪ねて歩くのもスコットランドやアイルランドで始まったイベントで、その時に野菜をくり抜いてランタンとして使ったのが、現在のジャック・オ・ランタンの元です。

おわりに

もともとは死者や魔女を追い払う為のイベントでしたが時代と共にアレンジされて、今では「ハッピーハロウィン!」と言ってかわいいディスプレイやゾンビのコスプレをする楽しいイベントになってますよね。

起源を少しでも知っていたら、また違った角度からこのイベントを楽しむ事も出来そうですよね。(オーストラリアは夏ですけど。)

では Happy Halloween! 🎃👻