オーストラリアの真夏のクリスマスはどう過ごしてる?

11月に入ってくるとオーストラリアはだんだんとクリスマスムードが漂って来ますが、日本と大きく違うのはクリスマスが真夏だという事ですよね。

暑いクリスマスなんて雰囲気出なくて変な感じだと言っている日本の人は多いですが、私は夏のクリスマスもまた違う雰囲気があって好きです。

では、そんな南半球のオーストラリアのクリスマス、オーストラリアの人はどんな風に過ごすのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

 

[adchord]

クリスマスはキリスト教行事

オーストラリアは多国籍と言えどもクリスチャン人口は多いですから、もともとキリスト教の行事であるクリスマスは1年の中でも大きな行事。ちょうど日本のお正月のようなものと言えるかもしれません。

当然、クリスマスは日本のような恋人の日ではなく、家族が集まって一緒に家で過ごすのが一般的。クリスマス前後にホリデーを取って長期旅行に出掛ける人も多いので、会社のクリスマスパーティは早目に済ませるところも多いです。

そして、クリスマス当日の12月25日はスーパーマーケットもレストランもボトルショップ (酒屋) もみんな閉まりますので要注意。

毎年ワーキングホリデーでオーストラリアに来ている一定数の人が、日本の感覚でクリスマスに町に出たもののレストランは空いてないしスーパーマーケットも閉まってる、お酒も買えなかった、そんな失敗を必ずやらかしています。

前日の24日も早めに閉まるお店が多いので、事前に買い物をしておかないと寂しいクリスマスになってしまいますよ。

お店を開けるにしても、祝日は働く人たちの時給も多く支払わなければいけないと法律で定められていますから、当日に限っては日本のように稼ぎ時!とはなりません。

ただ、クリスマス前のショッピング街は多くの人がプレゼント選びで大忙しになるので、遅くまでオープンしているお店も多いですけどね。

レストランに行くなら事前予約を

とはいえ、開いてるレストランもあります。

ただ、たいがいはクリスマスの特別メニューだったりしますから、クリスマスらしい食事をしたければ事前に調べて予約しておきましょう。 ディナーよりもランチの方が多いかもしれません。

あとは、アジア系のレストランもわりと営業しているらしいですから、クリスマスっぽくはないですが困ったらチャイナタウンに行ってみると良いかもしれないですね。

王道はオーストラリアらしく、庭先やビーチでバーベキューをする事でしょうか。

クリスマスはビーチ⁉︎

クリスマス当日のボンダイビーチ (シドニー)

オーストラリアのサンタクロースはソリの代わりにサーフボードに乗って来るなんて言われていますが、クリスマス当日のビーチはサンタ帽をかぶった人で溢れています。

 

ちなみに、11月頃からスーパーマーケットでもクリスマスグッズが売られているので、サンタ帽子を買って用意しておくと、当日盛り上がりますよ♪

サーフィンサンタは本当にいる?

私がワーホリだった時代、サーフィンをするサンタクロースをひと目見たくて、クリスマスにシェアメイトとゴールドコーストのバーレーヘッズからサーファーズパラダイスまでの長い海岸沿いを何時間もかけて歩いてみた事があります。

でも、それらしい姿を見つける事は全く出来なかったんですよね…。

サンタ帽を被った人たちがたくさんいて、かわいいなとは思いましたけど、残念。

それ以来はパートナーの家族とクリスマスを過ごしていて、ビーチに行く機会がないので分かりません。

クリスマスプレゼント

昔働いてたファームにもサンタは来た!

まあ、それはさておき、子供たちにとって最も重要なクリスマスのイベントはプレゼントですよね!

オーストラリアではプレゼントは枕元ではなく、クリスマスツリーの下に置きます。大きな靴下や巨大なアグブーツに入れているのも見た事がありますが、とにかくプレゼントはツリーの下に。

しかも、イブの夜にサンタクロースが持って来てくれるプレゼントとは別に、両親や親戚からのプレゼントが用意されるので、プレゼントがたくさんもらえてうらやましいですよね。

という事で、クリスマスの朝のクリスマスツリー周辺は、プレゼントを開けた包装紙が散乱します(笑)

大人同士のプレゼント交換なら、プレゼントをくれた人の目の前で開けて感想を言うのが普通です。

ショッピングセンターも遅くまで営業

さて、そのプレゼントについてですが、前述したようにクリスマス前のショッピング街は人混みがすごいです。

普段は7時くらいで閉まるショッピングセンターも、この時期は遅くまで開いている所が多いですし、サンタクロースと写真が撮れるなど、特別なイベントも色々と開催されます。

何をプレゼントするか困ったら、ちょっと高価なチョコレートを買う人も多いですが、とにかくギリギリになってから慌てる人も多いようですね。

クリスマスカード

クリスマスカードを送る人は、まるで日本の年賀状のようにマメに送るようです。オーストラリアから日本の家族や友人に送るのも喜ばれそうですよね!

ただ、実際に見てみると分かりますが、売られてるクリスマスカードは何故かほとんど雪が描かれてる北半球仕様のもので、オーストラリアの夏のクリスマスバージョンは圧倒的に少ないんですよね。

やっと見つけたオーストラリアっぽいクリスマスカード。

でも、頑張って探せばきっと少しはあると思います。意外と郵便局もおすすめです。

それにしても、なぜもっとオーストラリア独自のクリスマスカードを作らないのでしょうか?絶対にツアリストの人たちにウケるし需要はあると思うのですが…。

その理由のひとつとして、オーストラリア人は冬のクリスマスに憧れている人も多いという事が挙げられると思います。真冬の7月にクリスマスを祝うクリスマス・イン・ジュライというイベントもあるくらいですからね。

 

クリスマス・イン・ジュライ

Down Under オーストラリア

オーストラリアのクリスマスは真夏なので、バーベキューをしたりビーチでのんびり過ご […]…

町の雰囲気は?

だいたい11月頃から、ポツリポツリとショッピングセンターや駅など至る所にクリスマスの飾り付けが始まります。

シドニー 2017年

クリスマスのイルミネーションに気合いを入れる家もあって、そういう家を巡るツアーもあったりします。

これは南オーストラリア州アデレードのイルミネーションで有名な町。

運が良ければサンタさんが運転しているバスに乗れるかもしれないですよ⁉︎ 上の写真は外観がプレゼントのラッピングのようになっていますが、車内がクリスマスの飾り付けでいっぱいになっているバスもあるみたいです。

消防車も飾り付けされてて浮かれた感じになっていたりとか。

都市部も良いですが、ほとんど地元の人にしか知られていないような地域のクリスマスデコレーションも、意外と面白いものですよ。

ちなみに、オーストラリアでは1月初めまでクリスマスツリーが飾られているのを見るかもしれませんが、これは別にツリーの片付けをサボってる訳ではありません(^_^;)

イエス・キリストの誕生した12月25日を祝いに東方の三賢者が来たのが1月6日だったので、本来クリスマスはその日まで。クリスマスツリーは1月6日まで飾るのが一般的なんです。

日本のクリスマスはただのイベントなので、お正月に向けてさっさと片付けてしまいますけどね。

おわりに

真夏のクリスマス、少しイメージが出来ましたか?

当日はくれぐれも買い忘れのないようにしてくださいね!そして日本とは全く違うクリスマスを十分に味わってみてください。

夏も悪くはないですよ〜!

こちらもどうぞ

Down Under オーストラリア

クリスマスが間近になって来ると、スーパーマーケットもどことなく華やかな雰囲気にな […]…

Down Under オーストラリア

皆さん、クリスマスは楽しく過ごしたでしょうか。2017年のクリスマスは少し曇り空 […]…