世界最大ゲイ・レズビアンの祭典Mardi Gras

世界最大ゲイ・レズビアンの祭典Mardi Gras

2月中旬頃から3月初旬、3週間にわたって毎年盛大なLGBTQI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、インターセックス)の祭典Madi Grasが開催されます。

特に3月の第1土曜日に行われるマルディグラパレードは世界最大と言われていて、パーティは朝まで盛り上がります。

2018年は2月16日(金) 〜 3月4日(日)で、40周年という事で “40 YEARS of EVOLUTION(進化の40年)” というテーマが揚げられました。

この時期シドニー各地で開催されるイベントは100以上!詳しくはウェブサイトで確認してくださいね。
http://www.mardigras.org.au

パレードの当日

Fair Day (18日にVictoria Parkで行われました) から始まってパレードで締めくくられるこのお祭り。

特にパレードは毎年何千人もの人が集まりすごい人だかりになるので、見物する際は最低でも3時間前には場所を確保する事をおすすめします。

パレードがあるのは2018年は3月3日(土)7pm から10pmゲイやレズビアンたちが集まる事で有名な Oxfordストリートから Flindersストリートにかけてです。

実は私、いつも仕事が入ってて長年まともにパレードを見た事がありませんでしたが、10年目の今年、やっと見る事が出来ました。

体験レポートはこちら↓から。

と言っても昔、Oxford ストリートで働いていたので、ちらっとは見てるんですよ。パレード中はお客さん来ないから見て来て良いよ、と言われて。

パレードはすごい人だかりなので、お店の人が上に乗れる台を貸してくれたのですが「絶対に他の人に貸さないでね!貸したらもう戻って来ないから!」と釘を刺されました。理由は行ってみて納得。

台のおかげで身長の低い私でも見る事が出来たんです。が…!

次から次へと「その台貸して!ねっ、ちょっとだけ!お願い!」と頼んで来る人たちが現れるではありませんか!とてもしつこくお願いされたのですが、店の大事な商売道具なので頑なに断りました。個人のものだったら根負けしたかもしれません😓

そしてシティのGorgeストリート側もすごくて、毎年夜11時頃に仕事から歩いて帰る途中、マクドナルド辺りから前に進むのもひと苦労なほど混雑しています。

パレードが終わった後、みんなマクドナルドに寄るんでしょうね。

あとシティに住んでて不便なのが “通行止め”。

うちのパートナーは毎週土曜日にゴルフに行くのですが、車で帰ると家の前が車両通行止めになる年があります。(年によって違うのですが)そういう時は、家の近くの駐車場にお金を払って止めていた事もあります。

なので、車で近くをとおる人は、通行止めの確認は必須です。

みんな堂々としている

日本にいたらゲイやレズビアンの人たちと日常で出会う機会はなかなかないかもしれませんが、オーストラリアではよく見かけます。日本では言えなかったけど、この国でカミングアウトという人も。

彼らって筋肉があってかっこいい人が多いし、乙女心を持っている人は私よりも全然女らしいんですよね。

とにかくみんな堂々としたものです。逆に間違われないように気を付ける男性もいますが。

あとショートカットの女の子もレズビアンに間違われやすいそうで、女性がショートカットにしていると間違われる可能性はあります。

それくらいオーストラリアでは浸透していて、特に珍しくもありません。

大イベントになるまでの過去

現在では盛大にマルディグラが祝われるようになりましたが、過去には色々な事件が起こっています。

このパレードの第1回目は、1978年6月24日の午後10時に始まったデモ行進でした。

1975年に南オーストラリア州では同性愛が合法となっていたものの、ニューサウスウェールズ州はまだ違法行為。このデモパレードは警察沙汰となり53人の逮捕者が出て、職場を解雇された人たちも。

しかしこれがきっかけで翌年には法律が変わり、警察に届ければ自由にデモが行えるようになって無事に2度目のパレードが終了。3000人もの人が参加しました。

80年代にはエイズの問題や色々な事でゴタゴタしたものの、1984年にニューサウスウェールズ州でも同性愛が合法化。開催時期も1981年に6月から季節の良い2月へ変更されています。
(6月だったのは、ニューヨークで起こったストーンウォールの反乱という、同性愛者が初めて警官に立ち向かった暴動事件が1969年6月28日だったからだそうです。)

こうして色んな事を乗り越えながら、今日では他州だけではなく世界中からも人が集まる大イベントとして、ニューサウスウェールズ州の経済効果にも多大な影響をもたらすまでに成長しています。

今では外国人が同性をパートナーとしてビザを取る事は認められていますが、記憶に新しい昨年12月には、ついに同性婚が合法化されました。

オーストラリアでは幼稚園からすでに、男の子が女の子の服を着ても別におかしくないと教えられるそうです。

レインボーフラッグの意味

ちなみにオックスフォードストリートなどでよく見かけるレインボーの旗ですが、これはLGBTQIを象徴する旗として1978年にサンフランシスコのアーティスト、ギルバート・ベイカー(Gilbert Baker)がデザインしたものです。

最初はピンク、赤、オレンジ、黄、緑、ターコイズ、藍、紫の8色でしたが、大量生産の際に調達しやすい色を考慮して、現在は赤、橙、黄、緑、青、紫の6色バージョンが広く使われています。

色には意味があり、ピンク=Sexuality赤 = Life / オレンジ Healing / 黄 Sunlight /緑 = Natureターコイズ = magic/art藍 = serenity/harmony /紫 = spirit だそうです。

確かに8色バージョンよりも6色の方が見慣れてる感じ。オックスフォードストリートでよく見るのは右ですね。

 

おわりに

でも自由な分、しっかりと責任を持つ必要はあります。

マルディグラパレード後のパーティ(チケットが必要)で、日本人の女の子2人が性的被害に遭ってしまい、警察に届けはしたけれど「そういう場でもう誰かも分からないし、自己責任で」と言われて泣き寝入りした、という生々しい話を本人の口から聞いた事もあります…。

こちらの国では被害に遭っても、そういう被害に遭いやすい場所に行った事への責任が問われる事が多いですので、危機管理はしっかりとしてくださいね。