競馬が分からない人も楽しめるメルボルンカップ in シドニー!(来年用)

競馬が分からない人も楽しめるメルボルンカップ  in シドニー!(来年用)

先日、ビクトリア州メルボルンでメルボルンカップ (Melbourne Cup) が開催され、オーストラリア中が盛り上がりました。

メルボルンカップは “オーストラリア中の動きが止まる” と言われるほど大きな国民的競馬レース。この日ばかりはオーストラリア中がこのレースに熱中し、町はドレスアップした女性たちの姿で華やぎます。

今年はもう終わってしまいましたので来年の話になりますが、せっかくこの時期にオーストラリアにいるのなら、競馬に興味はなくてもこの華やかなイベントを楽しんでみたくないですか?

大丈夫、私も全く競馬の事はよく分かってません(笑)
私が知っているのは、オーストラリアは世界でも有数のギャンブル大国だという事と、競馬は格式高い伝統文化扱いだという事。

そんな私なので、競馬に興味がない・オーストラリア人の知り合いがいない・英語がしゃべれないという人でもそれなりに雰囲気を楽しめるであろう、メルボルンカップウォッチング (@ シドニー市内限定)を紹介しようかと思います。

なので、この記事ではちょっとだけこの国のシステムについて書いていますが、賭け方やレース内容については一切触れない観光者向けです!

 

スポンサーリンク Advertisement

メルボルンカップって?

メルボルンカップは毎年11月の第1火曜日にメルボルンのフラミントン競馬場で行われるオーストラリアで1番大きな競馬レースです。

メルボルン都市圏は祝日となりますが、このように競馬イベントを祝日に制定している国は世界的にも珍しいようです。

1861年から始まったこの歴史あるメルボルンカップ前後には、メルボルンでメルボルンカーニバルも開催されていますので、詳しくはウェブサイトを見てみてください。日本語です。

ウェブサイト
https://www.flemington.com.au/japanese-vrc

メルボルンカップ@シドニー

という事でシドニーの町を歩きます。

メルボルンカップデーには各地で大小様々なファンクション (パーティ) が開催されるのですが、パートナーが仕事でファンクションに行くというので、ちょっと様子を見に途中までついて行ってみました。

会場はシドニーの遊園地ルナパークの奥。

参加しない私は途中までしか入れませんでしたが、ドレスアップした人たちがちらほら。午後12時前です。

それからハーバーブリッジを歩いて渡って観光地ロックスへ到着。ここは格式高そうな店が多そうなだけあって、ドレスアップした人たちが大勢いました。

写真を撮るブースも発見!

撮影用にメルボルンカップでおなじみの髪飾りや、男性用の帽子も用意されてましたよ。ちょっとした思い出になりそうですね〜。

日本人の修学旅行生が団体で歩いていて「メルボルンカップー!」と叫ぶ声も。

レースの様子はテレビでも放送されるので、この日限定で特別スクリーンが設置されているレストランを何カ所も見ました。

賭ける場所いろいろ

でもみんながみんな着飾っているかというと、そういうわけでもありません。どのくらいおしゃれするかは、どこに行くかによって違います。

パートナーと出会って最初のメルボルンカップは近所のTAB へ行きましたが、このような場所だといるのははっきり言っておじさんばかり。 ラフな格好をした人たちがたくさんいるので普段着で全く問題ありません(笑)

TAB とはTotalizator Agency Board の略で、ここで賭け事が出来ます。

パブにもこの表示がありますが、純粋に賭け事するだけの設備しかない場所もあり、私たちが行ったのはそんな場所。

午後3頃 (異なる場合あり) に行われるあのたった6分間くらいのレースの間、狭い部屋が人だかりでギュウギュウに埋まります。

これがパブになると、もっとおしゃれした人もいるようですが、基本的にカジュアルで大丈夫です。ドレスコードがあるのはちゃんとしたファンクションに参加する時。

(ちなみに宿泊施設がなくてもホテルと書いているパブが多いですが、これはただ昔の法律の名残です。)

「賭けとかどうでも良いから、ちょっとだけ雰囲気を味わいたいなー」とか、「もっと気軽に楽しみたいなー」とかいう人には、シティ中心部にあるワールドスクエア (World Square) ショッピングセンターがおすすめです!

中庭に大きなスクリーンが設置され、賭ける事が出来る設備がついた車までありました。レストランの外席に座ってスクリーンを観ている人もいて、ここならとても気楽に雰囲気を楽しめます。

レースが始まる数分前からどんどん人が増えて、レース中終盤には多くの人たちの歓声や叫び声が。私はただその中で眺めてただけですが、十分参加した気になりました(笑)

賭け事大好きオージーたち

ドレスコードがあるのは、大きなスクリーンでレースを観戦しながら食事をするようなファンクションです。基本的に女性はドレスとあれば髪飾り、男性はスーツ。

1月に行われたゴールドコーストコーストのマジックミリオンのファンクション。

本当は私もパートナーからメルボルンカップファンクションのお誘いを受けたのですが、今回は遠慮させてもらいました。

今まで何度かこういうイベントにお付き合いしましたが、食事付きで飲み放題の何百ドルもするような席とはいえ、ドレスアップしてオーストラリア人の中で何時間も興味のない競馬を観戦するなんて、私にとっては苦行でしかないんですよね💦

コミュニュケーションというのは単語とか文法などの語学力よりも話す内容の方が何倍も大切なんですよ。したがって私はこの席がとっても苦手です(^^;)

ギャンブルとブックメーカー

そもそも私がそんなファンクションのお誘いを受けるのは、私のパートナーがブックメーカー (Bookmaker) というギャンブル関係の仕事をしている人だからです。

ブックメーカーは日本ではなじみがない言葉かもしれませんが、簡単に言うとネットで賭け事をする人たちのアカウントを作って独自の配当倍数を提供する人の事。

パートナーによると、オーストラリアにはブックメーカーがいる大きな会社は5社ほどあり、小さなものを入れると数え切れないほどあるそうです。競馬だけではなくてスポーツは何でも賭けられます。

彼のような会社は、競馬やスポーツの大きなイベントがある時にお得意のお客さんを無料でファンクションに招待したりするのですが、稀に人が集まらず席が余ってしまう事があります。そんな時にパートナーの特権で私が誘われたりするのです。

しかし何という宝の持ち腐れでしょう…。

 

自分でもびっくりするほど競馬にもスポーツにも興味がわかない…。

パートナーはいわば競馬やスポーツ観戦のプロですが、私は全然興味がないのです…。

こちらの国では夫婦やカップルが一緒にパーティに参加したりするので、社交の為にもちょっとは知っておかないととは思ってるんですけどね〜。(来年の目標にします。)

オーストラリアの競馬場

最後にちょっとだけ競馬場について触れておきます。

オーストラリアの競馬場に初めて連れて行ってもらった時、子供の多さには驚きました。

そこそこ大きなレースだったようですが、小さな子たちがちょろちょろと走り回っていて、ピクニック感覚なのかと思うほど。こうやってオーストラリアの子供は成長していくのか、と妙に感心したものです。

きっと日本の子たちよりも、ずっとずっと馬を身近に感じて育つのでしょうね。

おわりに

オーストラリア人にとって賭け事はごく身近な事なのかもしれませんが、多くのギャンブル関係の会社が成り立っているという事は、それだけ負けている人がいるという事です。

実際、ギャンブルに溺れて大金をつぎ込んでしまう人はどこの国にもいるようですので、節度は持ちたいですね。

私はメルボルンカップの雰囲気だけ楽しめれば十分なんですけど、ちょっとは興味を持つ努力しなきゃなー。うーん。