オージーの大好きなスイーツ、パブロバ♡

オージーの大好きなスイーツ、パブロバ♡

オーストラリアの代表的なスイーツと言えば、やっぱりパブロバ (Pavlova) でしょう!

パブロバは甘くてふわふわのメレンゲケーキで、オーストラリアとニュージーランドでよく食べられる有名な伝統的なお菓子で、カフェやベーカリーなどによく置いてあります。

日本でも最近人気が出て来ているという記事を読んだ事があるのですが、以外とまだ知らない日本人が多いようです。

 

スポンサーリンク Advertisement

パブロバとは

卵白にグラニュー糖とコーンスターチを入れて、しっかり泡立てて焼いたメレンゲのお菓子、パブロバ。
甘さやトッピング等は店によって違いますが、メレンゲの土台にクリームとベリー系のフルーツやパッションフルーツ、キウイ等を飾るのが一般的です。

下の写真は、昔ファーム仲間の誕生日にケーキ屋さんで買って、初めて食べたパブロバです。

基本的にオーストラリアのケーキは日本に比べてかなり甘いですが、このパブロバもおいしいかったですが死ぬほど甘かった記憶があります。

スーパーマーケットでは、よく出来合いのパブロバの土台が売られていて、自分でトッピングするだけで簡単にパブロバが出来上がります。

最近見つけたのは “パブロバマジック” というパブロバを作るパッケージセット。
実はパブロバは、コツさえ分かれば家でも意外と簡単に作れるんですよ。

作り方はパブロバレシピ記事もありますので、どうぞ。

パブロバの由来と発祥国

さて、そんなオーストラリアで大人気のパブロバですが、実は長い間オーストラリアとニュージーランドの間でどちらの発祥のお菓子なのか論議されているんです。
実際私も「これはうちの国のお菓子だ!」と主張している人たちを何度か目にしました。

“パブロバ” という名前の由来は、1926年にオーストラリアとニュージーランドにツアーで来たロシアのバレリーナAnna Pavlovaからだという事は分かっているのですが、バレリーナのパブロバが両国に来た年に、彼女を記念してどちらの国でもパブロバというデザートが作られたという記録が残っているのみで、現在食べられているパブロバのケーキは、いつ誰が発案したのが最初なのか、はっきりとは分かっていません。

(Anna Pavlova in the Fokine/Saint-Saëns The Dying Swan, Saint Petersburg, 1905 https://en.m.wikipedia.org)

一番古い記録?

パブロバというお菓子の最初の記録は、1926年にDavis Gelatine社が出版した“Davis Dainty Dishes” の第5版に載っているレシピだそうです。

この本はカナダやイギリスなどのレシピなど各国のお菓子を集めた本で、調べていたら運良くその本を見る事が出来てパブロバのレシピも確かに見つけたのですが、どの国の人が作ったレシピなのかは私には分かりませんでした。

更に調べていると、これはオーストラリアが出したレシピと書いているサイトもあれば、ニュージーランドのレシピと書いているサイトもあって混乱させられたのですが、どちらにしてもこのパブロバレシピは今のようなパブロバではなくて、オレンジジュース・ミルク・グリーンコーディアルをゼラチンで固めた3色ゼリーのレシピなので、現在のパブロバの原型ではなさそうです。

なので、これをパブロバの一番古い記録に入れて良いのかどうかは分かりませんが、一応そういう事になっています。

ニュージーランドの伝統料理を研究しているニュージーランドオタゴ大学の Helen Leach によると、もともとあったニュージーランドの家庭料理がパブロバの原型ではないかと言う事です。

『The Pavlova Story: A Slice of New Zealand’s Culinary History』という著書の中で、ニュージーランドの料理本に少なくとも19のパブロバのレシピを見つける事が出来ると言っています。

しかし、オーストラリアの主張も負けていません。
オーストラリアでは、1935年に西オーストラリア州パースの Esplanade Hotel のシェフ、Bert Sachse が現在のパブロバのレシピを作ったと信じている人も多く、1935年と書かれているのは記述ミスで、本当はもっと早かったのではないかと言い出す人までいます。

多分、この論争は、永遠に続く気がします。
それだけどちらの国にとっても愛着のあるお菓子なんですね。

おわりに

色々意見はありますが、とにかくパブロバはオーストラリアでもニュージーランドでも昔から親しまれている伝統的なお菓子である事は間違いないですね。

そんな多くの人に愛されているパブロバ、ぜひ一度は食べてみてください。