世界で親しまれているファンシーな台湾系ベーカリーカフェ 85℃ 人気の秘密

オーストラリアでアジア系のベーカリー兼ケーキ屋さんと言えば、Bredtop に次いで有名なのが85℃ (エイティファイブディグリース) ではないでしょうか。

このお店はグローバルな台湾系のチェーン店で、「もっと安くて気軽に楽しめるカフェを」という創始者である Cheng-Hsueh Wu氏のコンセプトがお大当たりし、現在世界中に1000を超える店舗がある人気店です。

1号店は2008年にアメリカのカルフォルニアでオープンしたお店ですが、その前身となった小さなカフェの初海外進出は、2006年のシドニーだったそうですよ。

オーストラリアは17店舗ほどあり、シドニーではおなじみの85℃。ただ、今のところまだニューサウスウェルズ州にしかないようです。

Breadtop が繊細なら 85℃は若干甘めのケーキというが私の感想で、見た目の派手さや楽しさはここが No. 1と言っても良いのではないかと思ってます。

楽しい商品が並ぶ85℃

85°C Bakery Cafeシドニーの Gorge St にある85℃

85℃ の前を通りかかるとショーウィンドウに魅力的なケーキがずらっと並んでいるので、思わず立ち止まって見てしまう人も多いんです。

それに Gorge St店は夜遅くまで開いていて便利なので、私たちもつい足が向いてしまう事もよくあります。

豊富にある菓子パンや調理パン

85°C Bakery Cafe

日本にあるパン屋さんと同じく、置いてあるおぼんとトングを取ってセルフで好きなパンを選んでいくシステムです。

写真を見てもらったら分かるように、日本を彷彿させるパンがたくさんあるだけではなく、ビジュアル的にも思わず「かわいい〜!」と叫びたくなるようなものもいっぱいあるんですよ。

85°C Bakery Cafe

2020年の終わりに初めて見つけて、あまりのかわいさにソッコーで購入してしまった牛柄の食パンは、ちょっと甘みがあって普通においしかったです。

85°C Bakery Cafe

クッキーなどもあるので、ちょっとおやつ系のものが欲しい時にも良いかもしれませんね。

ロールケーキやムーンケーキなども

85°C Bakery Cafe

そして、私がよく買うのがこの冷蔵コーナーにある菓子パンたちです。

85°C Bakery Cafe北海道クリームロール

特にロールケーキ (Swiss roll) はローカルで売っているもののように甘すぎないですし、種類も抹茶やストロベリー、チョコレートなど色々豊富。でも、私がよくこのロールケーキをお目当てに来てたのは、味によって値段は違いますがだいたい1個$6前後で、おそらくどこよりも安いからです。

最近チラッと見たらミニバージョンも出ているみたいでしたよ。(そして普通サイズも最近ちょっと小さくなった気がしますが…)

85°C Bakery Cafe

もうひとつ私のお気に入りは、このスポンジがふわふわなハーフサイズのムーンケーキです。

85°C Bakery Cafe

でもここで要注意なのが、アーモンドバージョンとポークフロスの2種類があるという事。ポークフロスの方は甘いのにしょっぱい不思議な感じなので、苦手な人は気を付けてくださいね。

85°C Bakery Cafe

あと、カステラのようなハニーケーキもおいしいですよ〜♪

ケーキもめちゃくちゃかわいい!

85°C Bakery Cafe

そして、ケーキ!派手でかわいいものがずらっと並んでいて、思わず見とれてしまう事もしばしば。

85°C Bakery Cafe

我が家でも誕生日やバレンタインデーなど様々な用途でここのケーキを買って来ました。ね?かわいくないですか?

85°C Bakery Cafe

これは2021年の初めに見たケーキ。人魚のやつはお値段も良いですが、インパクト大ですね。

85°C Bakery Cafe

もちろん一人分のケーキも売っていて、ほら、派手でしょ?

85°C Bakery Cafe

こちらはずいぶん昔、ハロウィンの時に売っていたケーキです。

どっちかというと「節分の鬼?」と言いたくなってしまうビジュアルですが、まだハロウィンも今のように盛んではなかった頃だったので、見付けた時は嬉しかったのを覚えてます。

コーヒーやタピオカミルクティーなども

85°C Bakery Cafe

それから飲み物も売ってます。

タピオカミルクティーやシーソルトの入ったクリームティー、ミルクシェイクなど色々。

85°C Bakery Cafe

先日は Boba grape と Boba mango を買ってみました。グレープは果肉やナタデココみたいなのが入ってておいしかったですし、マンゴーはクリーミーでした。フレッシュライムジュースなんかもおいしそう。

コーヒーはグアテマラ産の豆を使っているのだそうで、この “85℃” という名前は、一杯のコーヒーを淹れるのに85℃が理想的な温度だからというのが由来なんだとか。

なるほど、いつかうちのパートナーが数字を思い出せなかったようで勝手に「45℃」と名前を作っていて爆笑した事がありましたが、それではコーヒーがぬる過ぎますね (笑)

店舗情報

85°C Bakery Cafe

という事で、店舗情報です。

George St店607 – 609 George St, Haymarket NSW 2000
Meriton店
Shop 9 , 545-551 George Street Meriton Tower, Sydney CBD NSW 2000
注意: このお店、まだグーグルマップにも載ってますが、多分もうありません。
Market City店
IGA / Thai Kee, Market City NSW 2000
Ashfield
260A Liverpool Rd, Ashfield NSW 2131
Central Park
28 Broadway, Chippendale NSW 2008
Eastwood
Shop 1, 161 Rowe St, Eastwood NSW 2122
Burwood
160 Burwood Rd, Burwood NSW 2134
Cabramatta
Ground Floor, 69/71 John St Cabramatta, NSW 2166
Chatswood
326 Victoria Avenue, Chatswood NSW 2067
Campsie
216 Beamish Street, Campsie, NSW 2194
Parramatta
Shop 1146, Westfield, Parramatta, NSW 2150
Hurstville
246 Forest Rd,Hurstville, NSW 2220
Waterloo
Shop CR05, 850 Burke St, Waterloo NSW 2017
Auburn
Shop Q23, Auburn Shopping Centre, NSW 2144
Redfern
Level 2, 7-9 Glbbons St, Redfern NSW 2015
Hornsby
Shop 2006, Westfield Hornsby, Hornsby NSW 2077
Bankstown
No.44 Bankstown City Plaza,Bankstown NSW 2200
Castle Hill
Shop266, 6-14 Castle St,Castle Hill,NSW 2154 Near Coles & Aldi

 

「なんだ、シドニー周辺だけかよ!」と思った人、まだ分かりませんよ?フランチャイズなので、いつかあなたの町にも来るかもしれません。

他の国で85℃に行った事がある人も、オーストラリアは独自の商品のようなので、比べてみるのも楽しそうですね。

(余談ですが、85℃ の親会社の Gourmet Master Co. Ltd はイギリス領のケイマン諸島にあるようです)

 

おわりに

私が長年お世話になっている85℃、いつもある定番商品から新しいものまで、何度行っても飽きないお店です。

ちょっと賑やかなパーティーにもピッタリではないでしょうか⁉︎

 

(参考: Our Story – 85°C / 85C Bakery Cafe – Wikipedia / 85°C Bakery Cafe: Meet the Taiwanese Bakery Chain Taking Over the US – Thrillist)