かつて日本人は外に出ない方が良いと言われいたアンザックデー

かつて日本人は外に出ない方が良いと言われいたアンザックデー

「オレの友達がオーストラリアのパブで飲んでて、周りのオーストラリア人に日本人と知られた途端に “こいつ日本人だぞ!” と言われて頭からビールかけられたらしいよ。まあそれは10年くらい前の話だから今はそんな事ないかもしれんけど。」

これは今から10年以上前、日本でオーストラリア目指して必死にアルバイトしていた時にカフェのオーナーが言った言葉。だから話も今から20年以上前の出来事という事になります。

その頃買ったオーストラリアのワーキングホリデー本を読むと、アンザックデーに日本人が外に出ると生卵を投げられるかもしれない、なんて書いてありました。

まったく、まだオーストラリアに行ってもいないのに、脅かされたものです🤔

 

Advertisement

アンザックデーとは

毎年4月25日は、アンザックデー(Anzac Day)というオーストラリアとニュージーランドの祝日です。

「何の日?」とオーストラリアに来たばかりの人によく聞かれるのですが、そんな時は「戦争記念日みたいなもの。」と答えています。

アンザックデーを知らなくても平気になったオーストラリア。
平和になったものだなあ、なんて思います。

アンザックデーのアンザックとは、Australian and New Zealand Army Corpsの事で、オーストラリア・ニュージーランド軍団をアンザック軍と呼びました。

そして1915年4月25日はアンザック軍が当時オスマン帝国と呼ばれていたトルコのガリポリ半島へ上陸した日であり、それが現在のアンザックデーの祝日となっています。

現在のアンザックデーは、第一次大戦で戦ったアンザック軍以外にも、他の戦争に参加した人たちやその時活躍した看護師、平和活動に関わった人たちなど戦争に関わった全ての人たちを追悼する日になっています。

2015年はちょうど100周年にあたり、アンザック記念コインも発行されました。
コインについては以前記事を書いていますので興味があれば読んでみてください。
色のついた$2コイン

本当に卵を投げられるのか?

何故その日に日本人が外に出ない方が良いと言われていたのでしょうか?

それは、日本はオーストラリア本土を爆撃した唯一の国だからです。

特に有名なのが、1942年2月19日に日本軍によって行われたダーウィンの空爆。
これで民間人を含む251名が亡くなっています。
この空爆は約2年間にわたってオーストラリアの各所で行われました。

戦時中の事とはいえ、日本人に対する反感は最近まで根強く残っていたのです。

聞いたり読んだりする限りですが、一昔前にはその日実際に肉親を戦争で失った人から恨み言を言われたり嫌な思いをした日本人もいたようです。

私は事前にそういう体験談を色々知ってしまっていたので、ワーホリ1年目だった2007年のアンザックデーは本当にびびってました(−_−;)

その時クイーンズランド州のゴールドコーストに住んでいて、その日時々手伝いに行っていた日本食レストランのヘルプをして欲しいと頼まれました。

恐る恐る外に出て働きましたが、祝日でレストランは混んでいたものの特に変わった事は何もありませんでした。

後から韓国人のシェアメイトが撮ったマーチの写真を見せてもらって、「あ、そういう観光的な気分でも良いんだ。」と思ったのを覚えています。

そしてワーホリ2年目は、シドニーで今のオーストラリア人パートナーと一緒にマーチを見ました。

彼はすでに中年(笑)でしたが日本人に対して特に反感感情はなく、むしろ好感を持っている人だったし、オーストラリア人と一緒だったら大丈夫かなと思って。←ビビりすぎ?笑

結果は…

別に普通でした。

とにかくシティはすごい人で混雑していて、アジア人もたくさんいたし日本人も普通に歩いていました。

これだけアジア人がいれば、もし反日の人がいても私ひとりに集中する事はないだろう(しつこい 笑)というくらいいました。

まあ実際はそんなそぶりを見せる人はひとりもいなかったです。というか、気にもとめられなかった。

めったにないですが、何でもない平日にオージーが日本人に向けて卵を投げられたという話は聞く事はありますけど、それは戦争云々は関係ないです。

その日のスケジュール

アンザックデーで毎年行われる1日の流れは以下の通りです。

この日はオーストラリア各地で式典や退役軍人やその身内の人たちによるマーチ(行進)が行われるのですが、まずは早朝4時頃からドーンサービス(Dawn Service)があります。

シドニーの場合を例にとって話しますが、おそらくどこも似ていると思います。

まず早朝、マーティンプレイス(Martin Place)にドーンサービスで人が集まり、当時ガリポリ半島に上陸した時間に合わせて祈りを捧げます。時間が早朝なのはこの為です。

ドーンサービスが終わった後、9時頃から退役軍人によるマーチが始まります。

マーティンプレイスのエリザベスストリート(Elizabeth Street)からスタートし、12時半頃にハイドパーク(Hyde Park)のリバプールストリート(Liverpool Street)で終わります。

マーチに参加する人は実際に戦争に参加した退役軍人の人もいますが、参加出来ない人の代わりに身内の人が出たりもします。

シドニーで始めてこのマーチを見た時、笑顔で行進している人が多いのが印象的で、車椅子やトラックの荷台に乗って行進に加わっている人もいました。

軍服を着た人や胸に勲章を付けて行進する姿は、誇らしげにも見えます。
市内は結構な混みようです。

他にもブラスバンドなどの行進もありました。

最終地点のハイドパーク南側にはAnzac War Memorial という建物があり、これは1915年のガリポリ上陸1周年を記念して建設が計画され、1934年にオープンした記念館です。

現在は工事中?で中に入れないのですが、いつもはここでも式典があります。

夕方の17時にマーティン・プレイスの戦没者記念碑前にてサンセットサービス(Sunset Service)というセレモニーが行なわれ、1日が締めくくられます。

これらの様子はオーストラリアのテレビでも中継されます。

ポピーの花

アンザックデーの日はポピーの花をよく見るかもしれません。
アンザックデーが近づくと、町で造花のポピーのバッジが売られているのを見掛ける事もあります。

ポピーの花は、アンザックデーをはじめとする戦没者を象徴する花なんです。
当時、戦地に一面のポピーの花が咲いていた事からこの花が象徴として使われるようになったそうです。

写真でしか見た事がないのですが、メルボルンでは広場にポピーの花を見立てた飾りが一面に敷き詰められていて壮観でした。

オーストラリア人の実際

では、オーストラリア人に反日感情はあるのか?

まあ人それぞれですし反感を持っている人もいるとは思いますが、面と向かって言われた事はまだありません。むしろ日本に親しみを持ってくれる人たちの方が出会う確率が多いです、今のところ。

世の中には絶対に死んでも日本の製品は使わない!というくらい憎んでいる人も存在するらしいですけどね。

私のパートナーのおじいさんは南オーストラリア州に住んでいて、お会いしないまま亡くなってしまったのですが、彼はかつて日本と戦った人です。

「おじいさんの娘のひとりは当時敵国だったドイツ人と結婚したんだよ。で、オレのパートナーが日本人だって聞いて、ドイツの次は日本か!って笑ってらしいよ。」

と私のパートナーが言っていたのが印象的です。

第二次世界大戦中のエピソードと言えば、ニューサウスウェールズ州カウラ(Cowra)の事を知った時、オーストラリア人はなんて懐が深いんだろうと思いました。

第二次世界大戦中、カウラにあった捕虜収容所で日本人捕虜が大脱走して200人以上の日本人が亡くなるという事件があったのですが、これは集団自殺が目的でした。

そんな日本の日本人にもあまり知られてないような場所で、オーストラリアの人たちは自分たちと同じ敷地内に日本人のお墓を作り、今でも毎年日本人と一緒に供養してくれているという事実は頭が下がります。

その事に関しては、詳しくはこちらに書いてあります。
日本兵捕虜の大脱走事件があった地 Cowra

でも、すごく居心地の悪い事もありました。

シドニーの語学学校に通っていた時、クラスで『Australia』という映画を観たのですが、ラストの方でダーウィン空爆のシーンで主人公が死にそうになったり、日本兵がオーストラリアに上陸したり(実際はしてません)と、残虐なシーンが色々あったんです。

この映画は2008年にオーストラリアで公開され、第二次世界大戦の頃を舞台にしてオーストラリア出身のニコール・キッドマンが主演していますが、当時のネットの反応を見るとオーストラリア人以外にはあまりウケなかったという噂があり(羊飼いに共感できない、とか、詰め込みすぎとか)、確かにツッコミどころはある映画だなあとは思います。

とりあえず教室に日本人は私しかいなくて何となく気まずかったので、隣にいたコロンビア人の友人に「なんかゴメン。」と謝って「別にあなたのせいじゃないし。」と意味不明な会話を繰り広げてしまいました。

そう言えば、ファームで働いていた時に泊まっていたバックパッカーズホテルで、何故かオージーやヨーロピアンと一緒に戦争のドキュメンタリーを観た時も微妙でした。何も言われなかったけど…。

アンザックデーの日はテレビでよく戦争の番組をやっているので、ちょっと気まずい空気が流れるかもしれません。

ガリポリ上陸作戦とアンザック神話

ところで、このアンザックデーの祝日となったアンザック軍がガリポリ半島へ上陸したと言われる日ですが、一体どんな背景があるのか見ていきましょう。

ガリポリ半島(gallipoli peninsula) は現在トルコの東側にある半島の名前です。

トルコはかつてオスマン帝国(オスマントルコ)と呼ばれ、16世紀には広大な領土を誇ったこの国ですが、第一次世界大戦の頃には領土を失い続けて「ヨーロッパの瀕死の病人」とまで言われていたのです。

そんなオスマン帝国は、第一次世界大戦ではドイツやオーストリア側について参戦します。

オスマン帝国にとって敵国であるイギリス連合軍は、味方であるロシアからの依頼を受けてオスマン帝国の首都コンスタンチノープル(現在のイスタンブール) を奪取する為に、ガリポリ半島にある要塞を奇襲する作戦を立てました。

1915年4月25日、イギリス軍、フランス軍、アンザック軍で5カ所に分かれてガリポリ半島の上陸を開始。アンザック軍にとってはこれが初めての本格的な海外遠征でした。

しかし、連合軍の圧勝だと思っていたその上陸作戦は、予想を上回る激しいオスマン帝国の攻撃により失敗します。

連合軍はオスマン帝国を過小評価していましたが、オスマン帝国側は戦術にたけた最精鋭部隊をすでに配置し、ダーダネルス海峡全域に機雷を敷設し、海岸には多数の砲台を設置して待ち構えていたのです。

結局この時上陸できたのは5カ所のうち3カ所で、あとは撤退。

アンザック軍は何とか上陸し、猛攻撃を受けながらも敵の拠点を確保しました。

この名前もなかったエーゲ海の南側の入り江は、後にアンザック湾(Anzac Cove)と呼ばれるようになり、現在でもオーストラリアやニュージーランドを含め多くの人が訪れる場所となります。

ガリポリ半島歴史国立公園の中にあるオーストラリア兵を助けるトルコ兵像

結局この作戦は、その後何度も何度も決行されましたがいずれも上手くいかず、目的を果たせないまま12月に撤退。

この8カ月も続いた戦いでアンザック軍だけでも1万人以上の戦死者が出たのです。

オスマン帝国軍 : 戦死86,692人、戦傷164,617人
イギリス軍 : 戦死21,255人、戦傷52,230人
フランス共和国軍 : 戦死約10,000人、戦傷約17,000人
オーストラリア軍 : 戦死8,709人、戦傷19,441人
ニュージーランド軍 : 戦死2,701人、戦傷4,852人
イギリス領インド帝国軍 : 戦死1,358人、戦傷3,421人
カナダ軍 : 戦死49人、戦傷93人

これ以外に、長い塹壕戦のため約140,000人の連合軍兵士が腸チフスや赤痢で病死したと推定されている。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ガリポリの戦い

このニュースはオーストラリアとニュージーランドに大きな衝撃を与えました。

作戦は失敗に終わったのですが、彼らの勇気ある行動はオーストラリアで大きく報道され、次第に “アンザック神話” として神格化までされるようになります。

アンザック軍の流した血は国家が成熟したものになる為の犠牲であり、オーストラリア人の国民性とアイデンティティを形成する為の犠牲であった。この犠牲によってオーストラリアはオーストラリアになり得たのだと。

オーストラリア各地には記念碑が建てられ、作戦が敢行された日はアンザックデーの祝日となりました。
そしてこの神話は今でも健在のようです。

1788年にイギリスの植民地として始まった白人によるオーストラリアの歴史。
1901年にイギリスから独立した歴史の浅い国、オーストラリア。

そんなオーストラリアにとって、神話のようなものは必要だったのかもしれません。

20世紀後半からは多くの移民を受け入れ、現在のオーストラリアはアジア人割合も多く、4人に1人がオーストラリア以外の国で生まれたと言われています(2016年)。

そんなオーストラリア人のアイデンティティは近年消えつつあり、問題提起する人もいます。

だからアンザック神話のように国民性を共有する話が欲しいと思うオーストラリア人の気持ちは、分からなくはない気がします。

第一次世界大戦について

ここでそろそろまとめに入りたかったのですが、最後に第一次世界大戦とはどういうものだったのか簡単にまとめておこうと思います。

第一次世界大戦(Great War / 1914 – 1918)は主にヨーロッパで行われた戦争だったので、日本人は第二次世界大戦の事はよく知っていても第一次世界大戦についてはあまりなじみがないかもしれません。

この戦争は、連合国と呼ばれるイギリス・フランス・ロシアなどの27カ国と、同盟国と呼ばれるドイツ・オーストリア・オスマン帝国・ブルガリとの戦いでした。

この時日本はイギリスと同盟を結んでいた為イギリスは味方、つまり第一次世界大戦では日本とオーストラリアは味方同士だったんです。
実は、アンザック軍をガリポリ上陸の為に護衛したのは日本の海軍でした。

1914年、オーストリア皇太子夫妻がボスニアのサラエボで反オーストリア勢力のセルビア人に暗殺され、オーストリアがセルビアに戦線布告したのが始まりです。

(オーストラリアとオーストリア、ややこしいですが読み間違えないように注意してくださいね。)

1901年にイギリスから独立したオーストラリアでしたが、もともとイギリスからの移民してきた人たちが多く、イギリスを祖国と思っていたオーストラリア人は多かったそうです。

第一次世界大戦が勃発した時にはイギリスに加勢しようと、同じくイギリスの植民地であったニュージーランドも合わせて、志願兵を募り参戦しました。これがアンザック軍です。

アメリカは中立の立場を取っていましたが、1915年にドイツの潜水艦がイギリスに出入りするすべての船を攻撃すべく、アメリカ人を乗せた客船を攻撃して犠牲者が出た結果、途中から途中からアメリカもイギリス側に参戦。この事により連合軍側が優勢になります。

ロシアは1917年に革命が勃発し、ソビエト社会主義共和国連邦が成立。
これにより、ロシアは第一次世界大戦から戦線離脱しました。

その後1918年9月にブルガリア、10月にオスマン帝国、オーストリアが降伏し、ハプスブルク家は崩壊。
11月にはドイツで革命が起こり、ドイツ帝国はドイツ共和国に。

1918年11月11日にドイツが降伏し、イギリス連合軍側の勝利で第一次世界大戦は終結しました。

この後、パリで講和会議が開かれベルサイユ条約が結ばれますが、ドイツに不利な条約によりドイツの経済は崩壊していきます。
やがてヒトラー率いるナチス・ドイツが現れ、第二次世界大戦へ繋がっていくのです。

1920年には国際連盟が発足しました。

オスマン帝国は滅亡し1923年にトルコ共和国が成立します。

おわりに

ほとんど歴史の勉強でしたね。

私、学生時代は歴史が嫌いな科目だったので、何でこんなブログを書いているのか不思議な気持ちです。
日本史も大変ですが、世界史もごちゃごちゃしていて頭がこんがらがります。

ちなみに、このガリポリの話は映画にもなっているようです。
主演はオーストラリア出身のメル・ギブソン。

『Gallipoli』1981年

オーストラリア人やニュージーランド人と政治と宗教の話はするなとか言われますけど、知らないと下手な事を言えないというのはありますよね。

アンザックデーは祝日で嬉しいと思うだけではなくて、少しこの祝日の成り立ちについて知っていたら見方が変わるかもしれませんね。